二次元特化のNFTマーケットプレイス「PolkaFantasy」公認クリエイター20名を募集

by BITTIMES

Fantasy Tech Inc.は2021年8月10日に、日本の二次元文化に特化したNFTマーケットプレイスである「PolkaFantasy(ポルカファンタジー)」の公認NFTクリエイター20名の募集を開始したことを発表しました。PolkaFantasyは2021年10月にグローバルリリースされる予定となっています。

こちらから読む:NFT用いたJリーグ公式ブロックチェーンゲーム提供へ「国内ニュース」

PolkaFantasyの公認クリエイター20名を募集

Fantasy Tech Inc.は2021年8月10日に、日本の二次元文化に特化したNFTマーケットプレイスである「PolkaFantasy(ポルカファンタジー)」の公認NFTクリエイター20名の募集を開始したことを発表しました。

PolkaFantasy(ポルカファンタジー)は、アニメ・コミック・ゲームなどといった"日本の二次元カルチャー"に特化したNFTマーケットプレイス・ゲームであり、2021年10月にはNFTマーケットプレイス、2021年内にはブロックチェーンゲームが世界市場向けにグローバルリリースされる予定となっています。

また、将来的には「マーケットプレイス、NFT GameFi(ゲーム×DeFi)、Play-to-Earn(プレイで稼ぐ)」の仕組みを完全に導入し、独自のエコシステムを搭載したゲーム内とリアルワールドの金融をつなぐプラットフォームを提供するとも説明されています。

(画像:Fantasy Tech Inc.)(画像:Fantasy Tech Inc.)

公認NFTクリエイターの募集期間は「日本時間2021年8月10日〜2021年9月15日まで」となっており、応募資格は「イラストを創作している方、NFTに興味がある方」とされています。応募は「専用フォーム」から1分程度で行うことができるようになっており、応募した方には応募後3日以内にPolkaFantasyから連絡が行われる予定となっています。

なお、公認NFTクリエイターに選ばれた方には、PolkaFantasyが日本語・英語・中国語・ベトナム語・タイ語・インドネシア語などの多言語で展開する世界向け特別プロモーションが提供されるとのことで『Twitter、Telegram、YoutubeなどのSNSでの露出に加えて、世界の仮想通貨メディア、アートメディアへのアプローチを展開するため、NFTマーケットプレイスに参加できるだけでなく、世界に向けて作品の認知、ファン層を拡大するチャンスである』と説明されています。

「PolkaFantasy」NFTマーケットプレイスの魅力としては以下の4点が挙げられています。

  1. 新規参入クリエイターに限り、NFT化・出品料・手数料が無料。
  2. 出品クリエイターへ高い利益配分を保証。収益化を図りやすいシステムを構築。
  3. 日本語・英語・中国語他多言語に対応。世界市場へ向けて発信するプラットフォームとして活用ができる。
  4. 対応ブロックチェーンの数が多く、暗号資産を保有する幅広いユーザーの誘致に成功している為、高い販売力が強み。(Ethereum, Polygon, Polkadot, Cardano, BSC他)

>>「Fantasy Tech Inc.」の公式発表はこちら
>>「PolkaFantasy」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク:XRP保有者への「Flareトークン付与」を完了|FLR/JPYペアも追加

ビットバンク:XRP保有者への「Flareトークン付与」を完了|FLR/JPYペアも追加

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

注目度の高い仮想通貨ニュース

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す