米ミズーリ州クールバレー市長「全世帯へビットコイン配布」を計画

by BITTIMES

アメリカ・ミズーリ州クールバレー市の市長であるジェイソン・スチュワート氏が、クールバレー市の住民1,500人全員に仮想通貨ビットコイン(BTC)を配布することを検討していることが地元メディア「KSDK」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:BINANCE、本人確認手続きを義務化「暗号資産」関連ニュース

「クールバレー市全世帯へのBTC配布」を計画

アメリカ・ミズーリ州クールバレー市の市長であるジェイソン・スチュワート市長は、地元メディア「KSDK」のインタビューに応じた際に『ビットコインはデジタルゴールドである』と述べた上で『クールバレー市に住む全ての世帯が500ドルでも1,000ドルでも、ある程度のビットコインを受け取ることを望んでいる』と語りました。

ジェイソン・スチュワート市長は配布するビットコインの数量を指定してはいないものの、クールバレー市の人口は約1,500人となっているため、全ての住民に1,000ドル相当のビットコインが配布された場合は合計150万ドル(約30BTC)が必要になると見積もられています。

同氏によると、これらの資金の大半は数名の匿名ビットコイン投資家から調達される予定になっているとのことで、「ビットコインを寄付することに同意した協力的な投資家が数人存在しており、数百万ドルを集められる見込みがある」とも報告されています。

また、投資家から寄付された資金だけでなく「政府の資金・新型コロナ関連の経済支援金・クールバレー市の予算」などを同時に活用する可能性について検討していることなども明かされています。

配布したBTCは「長期保有」を望む

スチュワート市長は「ビットコインの長期保有は人生を変えるきっかけになる可能性がある」と考えているとのことで、インタビューの中では『私には以前まで9時〜17時まで働く普通の仕事をしていたが、購入したビットコインが8,000万ドル(約88億円)以上の価値を持つようになり、人生が一変した友人がいる』とも語られています。

同氏はインタビューの中で『配布したビットコインは5年間は売却して欲しくない』とも語っており、『誰かが自分の自動車ローンを支払うためにビットコインを売却してしまうことを懸念している。もしそのビットコインが数年後に50万ドルになったとしたら、その人はビットコインを売却したことを本当に後悔するでしょう』と説明しています。

ビットコインの配布方法などといった詳細については現時点で明らかにされていないものの、米国では市や州が仮想通貨を取り入れる事例が徐々に増えてきており、テネシー州ジャクソン、ノースダコタ州ウィリストン、フロリダ州マイアミなどでも仮想通貨の活用が進められています。

>>「KSDK」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は各種手数料が無料の暗号資産取引所ビットポイントからどうぞ。

暗号資産取引所ビットポイントの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EMINEM『ビットコイン』をリリックに使った最新アルバムをリリース

EMINEM『ビットコイン』をリリックに使った最新アルバムをリリース

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

公共交通機関への「ビットコイン決済導入」を再検討:ウクライナの首都キエフ

公共交通機関への「ビットコイン決済導入」を再検討:ウクライナの首都キエフ

【G20声明文】仮想通貨に関する「重要ポイント」をわかりやすく解説

【G20声明文】仮想通貨に関する「重要ポイント」をわかりやすく解説

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

米MicroStrategy「1,000万ドル相当のビットコイン」を追加購入

米MicroStrategy「1,000万ドル相当のビットコイン」を追加購入

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す