ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

by BITTIMES

BINANCE(バイナンス)の米国向けサービスである「Binance.us」でフラッシュクラッシュが発生し、2021年10月21日20時30分頃にビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格が一時的に8,200ドル(約93万円)付近まで急落したことが明らかになりました。今回の急落は機関投資家の取引アルゴリズムに一時的なバグが発生したことによるものだと報告されています。

こちらから読む:ビットコイン価格、4月の過去最高値を更新「暗号資産」関連ニュース

BTC価格、BinanceUSで一時「8,200ドル」まで急落

BINANCE(バイナンス)の米国向けサービスである「Binance.us」でフラッシュクラッシュが発生し、2021年10月21日20時30分頃にビットコイン(BTC)の価格が一時的に8,200ドル(約93万円)付近まで急落したことが明らかになりました。

ビットコイン価格はフラッシュクラッシュ発生直前まで66,000ドル(約753万円)前後で推移していたものの、その後はわずか1分以内に8,200ドルまで急落して65,000ドル(約740万円)まで回復したと報告されています。

BinanceUSのBTC/USD市場で2021年10月21日20時30分頃に発生したフラッシュクラッシュ(画像:Binance.us)BinanceUSのBTC/USD市場で2021年10月21日20時30分頃に発生したフラッシュクラッシュ(画像:Binance.us

今回のフラッシュクラッシュは他の取引所にも影響を与えており、BTC/USD市場の価格は一時的に6万ドル(約684万円)を割り込んだものの、その後は再び回復しており、記事執筆時点のBTC価格は「1BTC=約63,000ドル(約718万円)」となっています。

フラッシュクラッシュの原因は?

今回のフラッシュクラッシュは「大口投資家による大量の売り」などが原因であると考えられていましたが、仮想通貨メディア「The Block」の報道によると、『Binance.USはThe Block宛てのメールで"フラッシュクラッシュはクライアントの1つの取引ソフトウェアのバグに関連している"と述べた』と報告されています。

報道によると、この取引会社は現在も調査を続けているものの、フラッシュクラッシュを引き起こしたバグに関しては既に修正されているため、問題は解決したように見えると報じられています。

仮想通貨市場では今回のようなフラッシュクラッシュが度々発生しているため、証拠金取引サービスなどでポジションを持っている方はこのような急激な価格変動によるロスカットなどにも注意が必要です。

>>「The Block」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

コインチェック:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

シンガポール大手銀行「華僑銀行」暗号資産取引所の設立を検討

シンガポール大手銀行「華僑銀行」暗号資産取引所の設立を検討

Chiliz(CHZ)世界最大級のSNSトレードプラットフォーム「eToro」に上場

Chiliz(CHZ)世界最大級のSNSトレードプラットフォーム「eToro」に上場

米証券取引委員会(SEC)VanEckの現物ビットコインETFに「非承認」判断

米証券取引委員会(SEC)VanEckの現物ビットコインETFに「非承認」判断

米Coinbase:世界的eスポーツチーム「Team Liquid」と提携

米Coinbase:世界的eスポーツチーム「Team Liquid」と提携

Chiliz「2021年第3四半期分のバーン完了」を報告|新たに7,536,284CHZを処分

Chiliz「2021年第3四半期分のバーン完了」を報告|新たに7,536,284CHZを処分

Chiliz&Socios:NFL・MLSチーム「New England Patriots & Revolution」と提携

Chiliz&Socios:NFL・MLSチーム「New England Patriots & Revolution」と提携

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール第二弾「資産性ミリオンアーサー -邪神、暴走-」発売へ

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール第二弾「資産性ミリオンアーサー -邪神、暴走-」発売へ

ステーキングできる仮想通貨ウォレット「Moonstake Wallet」とは?特徴・対応銘柄など

ステーキングできる仮想通貨ウォレット「Moonstake Wallet」とは?特徴・対応銘柄など

北米2位の大手ネットショップ「Newegg」シバイヌ(SHIB)決済対応へ

北米2位の大手ネットショップ「Newegg」シバイヌ(SHIB)決済対応へ

マスターカード:仮想通貨決済対応カード発行に向け「アジア太平洋地域の3社」と提携

マスターカード:仮想通貨決済対応カード発行に向け「アジア太平洋地域の3社」と提携

決済大手Visa「暗号資産・NFT関連事業担当のディレクター」を募集

決済大手Visa「暗号資産・NFT関連事業担当のディレクター」を募集

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す