Libra協会:仮想通貨プロジェクトの名称を「Diem(ディエム)」に改名

by BITTIMES

仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト「Libra(リブラ)」は2020年12月1日に、プロジェクトの名称を「Diem(ディエム)」へと改名しました。ロゴは以前と同様のものが使用されているものの、運営主体である「Libra Association(リブラ協会)」の名称も「Diem Association(ディエム協会)」へと変更されています。

こちらから読む:イーサリアム2.0、正式リリース「暗号資産」関連ニュース

Libraの名称を「Diem(ディエム)」へと変更

Libra Association(リブラ協会)は2020年12月1日に、仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト「Libra(リブラ)」の名称を「Diem(ディエム)」へと変更し、協会の名称も「Diem Association(ディエム協会)」へと変更したことを発表しました。

公式サイトやTwitterアカウントの名称はすでに「Diem」へと変更されており、ロゴマークも従来のデザインに「Diem」の文字をつけたものへと変更されています。

(画像:Diem Association)(画像:Diem Association)

「Diem(ディエム)」はラテン語で「日」を意味する言葉であり、Diem協会は公式発表の中で『Diemはプロジェクトにとっての"新しい日"を意味している』と説明しています。

名称変更の理由は?

Diem協会のCEOであるStuart Levey氏は「ロイター」の取材に応じた際に、Libraの名称を変更した理由について『Libraという名称は規制当局による受け入れが困難であった初期のプロジェクトに関連付けられていた。私たちは現在、それらの問題を劇的に解決している』と説明しています。

仮想通貨Libraは元々「複数の法定通貨によって構成される通貨バスケットに連動したステーブルコイン」として発行される予定となっていましたが、政府関係者や規制当局などから懸念の声が数多く出ていたため、その後は「各国の法定通貨に価値が連動した複数のステーブルコイン」を発行する方針へと変更がなされました。

Libra協会は以前から各国の規制に準拠して、既存の懸念点を解決した上でLibraを発行することを強調していたため、複数の計画変更にあわせてプロジェクトの名称を「Diem」へと一新したのだと考えられます。

これによって「Diem協会」が発行する各種ステーブルコインの名称も「ディエムUSD(≋USD)、ディエムEUR(≋EUR)、ディエムGBP(≋GBP)、ディエムSGD(≋SGD)」などに変更されることになると予想されますが、ディエムUSD(≋USD)に関しては先日の報道で『早ければ2021年1月移行に公開される可能性がある』ということが報告されています。

>>「Diem協会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

仮想通貨企業への銀行サービス「拒否すべきではない」イスラエル司法長官

仮想通貨企業への銀行サービス「拒否すべきではない」イスラエル司法長官

セサミストリートと学ぶブロックチェーンの仕組み

セサミストリートと学ぶブロックチェーンの仕組み

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

投資の神様、ウォーレン・バフェットが「ビットコイン(BTC)を購入しない理由」

投資の神様、ウォーレン・バフェットが「ビットコイン(BTC)を購入しない理由」

ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す