ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)が発表した仮想通貨プロジェクトとして知られているステーブルコインプロジェクト「Diem(ディエム)」を運営しているDiem協会は2021年5月12日に、仮想通貨に友好的な米国の銀行である「Silvergate Bank(シルバーゲート銀行)」と提携して米ドル建てステーブルコイン「Diem USD」を展開していくことを発表しました。ディエム協会は今回の発表中で『スイス金融市場監督庁(FINMA)での登録を辞退して、米国の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に登録を行い、Diemの主要事業を米国へと移転すること』も報告しています。

こちらから読む:テスラ、ビットコイン決済の"一時停止"を発表「暗号資産」関連ニュース

シルバーゲート銀行と提携し「Diem USD」を展開

Diem Association(ディエム協会)は2021年5月12日に、ディエム協会の完全子会社「Diem Networks US」が仮想通貨に友好的な米国の銀行である「Silvergate Bank(シルバーゲート銀行)」と提携し、米ドル建てステーブルコイン「Diem USD」を展開していくことを発表しました。

米ドル建てステーブルコイン「Diem USD」では、「シルバーゲート銀行」が発行体となって準備金の管理を行うとされており、「Diem Networks US」は承認されたネットワーク参加者によって運営される"許可型ブロックチェーン"を基盤とした決済システム「Diem Payment Network(DPN)」を運営する役割を担うと説明されています。

「Diem」の最高経営責任者であるStuart Levey氏と、「Silvergate Bank」の最高経営責任者であるAlan Lane氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。

【Diem:Stuart Levey氏】
シルバーゲート銀行は金融イノベーションのリーダーであり、消費者を保護して金融システムの完全性を高めるブロックチェーン基盤の決済システムを推進している「Diem」の理想的なパートナーです。私たちは"ブロックチェーン技術を活用した安全かつ迅速で手数料の安い決済システム"を世界中の消費者・企業に提供するための取り組みを続けています。この共通のビジョンを実現するために「シルバーゲート銀行」と協力していくことを楽しみにしています。

【Silvergate Bank:Alan Lane氏】
私たちは「米ドルに裏付けられたステーブルコインの将来性」と「それらのステーブルコインが既存の決済システムを変革する可能性」を信じており、「Diemのテクノロジー」と「お金の移動するための安全で確実な、規制に準拠した決済システムを構築するという目標に向けた彼らの取り組み」に感銘を受けました。

我々は、この製品を自信を持って発表できる段階にいることに興奮しており、この製品のリリースに向けてDiemと継続的な取り組みを行なっていけることを楽しみにしています。

主要事業をスイスから「米国」へと移転

Diem Association(ディエム協会)は元々、スイスの金融監視機関である「スイス金融市場監督庁(FINMA)」で仮想通貨Diemの発行に必要となる登録を行うことを予定していましたが、今回の発表の中では『スイス金融市場監督庁(FINMA)での登録を辞退して、米国の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に登録を行い、Diemの主要事業を米国へと移転する』ということも報告されています。

米国に主要事業を移転する理由としては「米国でデジタル通貨の規制環境が変化してきていること」が挙げられており、『新しいモデルではFINMAのライセンスが不要であるため、Diemはスイス金融市場監督庁への決済システムライセンス申請を取り下げた』と説明されています。

なお、発表の中では『シルバーゲート銀行はカリフォルニア州の公認銀行でありながら、連邦準備制度(Federal Reserve System)にも加盟している』と説明されており、『Diem Networks USは米金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)にマネーサービス事業者として登録する』と報告されています。

なお、今回の発表の中では「米国のどの州を拠点とするか?」ついては明らかにされていないものの、CNBCの報道では『Diemは事業本部をスイス・ジュネーブからアメリカ・ワシントンDCに移転する予定であると語った』と報じられています。

>>「Diem協会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaif:XYM取扱い開始記念「Symbolおめでとうメッセージ」キャンペーン開催へ

Zaif:XYM取扱い開始記念「Symbolおめでとうメッセージ」キャンペーン開催へ

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

暗号資産への投資、今後3年で「億万長者の68%」参入の可能性

暗号資産への投資、今後3年で「億万長者の68%」参入の可能性

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す