Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

by BITTIMES

決済大手「Visa(ビザ)」が、60以上の主要な暗号資産プラットフォームとの提携を通じて、仮想通貨を法定通貨に変換して世界中にある約8,000万のVisa加盟店で支払いを行うことができるようにするカードプログラムを立ち上げたことが「NDTV」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:BINANCE、XRP保有者へのSOLOエアドロ対応へ「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨企業との提携は「1年半で2倍以上に」

Visa(ビザ)が、60以上の主要な暗号資産プラットフォームとの提携を通じて、仮想通貨を法定通貨に変換して世界中にある約8,000万のVisa加盟店で支払いを行うことができるようにするカードプログラムを立ち上げたことが「NDTV」の報道で明らかになりました。

「NDTV」の報道によると、このことはVisaの仮想通貨部門責任者であるCuy Sheffield氏がNDTVとのインタビューの中で語ったとのことで、同氏は『Visaが提携する暗号資産プラットフォームの数は過去18ヶ月間で2倍以上に増加して約60になった』と語ったとされています。

具体的には「FTX、Blockfi、Crypto.com、Coinbase、Binance」などの仮想通貨関連プラットフォームとパートナーシップを結んでいるとのことで、Visaの仮想通貨対応カードを使用すると、自分が保有する仮想通貨を法定通貨へと即座に変換して支払いに使用することができ、Visa加盟店は法定通貨で支払いを受け取ることができると説明されています。

Q:仮想通貨にリンクされたデビットカードはどのような仕組みですか?

A:仮想通貨にリンクされたカードは、消費者が簡単にデジタル通貨を換金して使えるようにすることによって、コーヒーショップ・クリーニング店・食料品店などがレジで直接仮想通貨を受け入れる必要がないようにします。仮想通貨から法定通貨への変換は全て舞台裏で瞬時に行われます。店舗でもオンラインでも、一般的なVisaの取引と同じように簡単に支払いを行うことが可能です。仮想通貨を使用したい消費者は、日常生活を送りながらデジタル通貨を変換して使用する機会を得ることができます。

当社は「FTX、BlockFi、Crypto.com、Coinbase、Binance」など60以上の主要な仮想通貨プラットフォームと提携して、消費者の方々が世界中になる8,000万のVisa加盟店で簡単にデジタル通貨を換金して使えるカードプログラムを開始しました。

Cuy Sheffield氏はインタビューの中で『私たちは8,000万のVisa加盟店・15,000以上の金融機関のグローバルネットワークと仮想通貨エコシステム繋ぐ架け橋になりたいと考えている』とも述べており、消費者がデジタル通貨で簡単に商品を購入したり現金化したりすることによって、仮想通貨エコシステムを引き続きサポートしていくと説明しています。

>>「NDTV」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

スペイン第2位大手銀行BBVA:暗号資産関連サービス「2021年」に提供開始か

スペイン第2位大手銀行BBVA:暗号資産関連サービス「2021年」に提供開始か

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

注目度の高い仮想通貨ニュース

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

ビットコイン・ブロックチェーン初のICOに参加できる最後の24時間

ビットコイン・ブロックチェーン初のICOに参加できる最後の24時間

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

ジャック・ドーシー氏率いるBlock社「Bitkeyウォレット」出荷開始

ジャック・ドーシー氏率いるBlock社「Bitkeyウォレット」出荷開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す