Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

by BITTIMES

決済大手「Visa(ビザ)」が、60以上の主要な暗号資産プラットフォームとの提携を通じて、仮想通貨を法定通貨に変換して世界中にある約8,000万のVisa加盟店で支払いを行うことができるようにするカードプログラムを立ち上げたことが「NDTV」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:BINANCE、XRP保有者へのSOLOエアドロ対応へ「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨企業との提携は「1年半で2倍以上に」

Visa(ビザ)が、60以上の主要な暗号資産プラットフォームとの提携を通じて、仮想通貨を法定通貨に変換して世界中にある約8,000万のVisa加盟店で支払いを行うことができるようにするカードプログラムを立ち上げたことが「NDTV」の報道で明らかになりました。

「NDTV」の報道によると、このことはVisaの仮想通貨部門責任者であるCuy Sheffield氏がNDTVとのインタビューの中で語ったとのことで、同氏は『Visaが提携する暗号資産プラットフォームの数は過去18ヶ月間で2倍以上に増加して約60になった』と語ったとされています。

具体的には「FTX、Blockfi、Crypto.com、Coinbase、Binance」などの仮想通貨関連プラットフォームとパートナーシップを結んでいるとのことで、Visaの仮想通貨対応カードを使用すると、自分が保有する仮想通貨を法定通貨へと即座に変換して支払いに使用することができ、Visa加盟店は法定通貨で支払いを受け取ることができると説明されています。

Q:仮想通貨にリンクされたデビットカードはどのような仕組みですか?

A:仮想通貨にリンクされたカードは、消費者が簡単にデジタル通貨を換金して使えるようにすることによって、コーヒーショップ・クリーニング店・食料品店などがレジで直接仮想通貨を受け入れる必要がないようにします。仮想通貨から法定通貨への変換は全て舞台裏で瞬時に行われます。店舗でもオンラインでも、一般的なVisaの取引と同じように簡単に支払いを行うことが可能です。仮想通貨を使用したい消費者は、日常生活を送りながらデジタル通貨を変換して使用する機会を得ることができます。

当社は「FTX、BlockFi、Crypto.com、Coinbase、Binance」など60以上の主要な仮想通貨プラットフォームと提携して、消費者の方々が世界中になる8,000万のVisa加盟店で簡単にデジタル通貨を換金して使えるカードプログラムを開始しました。

Cuy Sheffield氏はインタビューの中で『私たちは8,000万のVisa加盟店・15,000以上の金融機関のグローバルネットワークと仮想通貨エコシステム繋ぐ架け橋になりたいと考えている』とも述べており、消費者がデジタル通貨で簡単に商品を購入したり現金化したりすることによって、仮想通貨エコシステムを引き続きサポートしていくと説明しています。

>>「NDTV」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イラストレーターがNFTアート作品を発行できる「NFT Studio」公開へ:CryptoGames

イラストレーターがNFTアート作品を発行できる「NFT Studio」公開へ:CryptoGames

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

【速報】ビットコイン価格「600万円」に到達|1BTC=1,000万円も現実的に

【速報】ビットコイン価格「600万円」に到達|1BTC=1,000万円も現実的に

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget「メンター募集プログラム」開始のお知らせ

Bitget「メンター募集プログラム」開始のお知らせ

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

カナダのマイニング企業「Hut 8 Mining」ビットコインHODL戦略を維持

カナダのマイニング企業「Hut 8 Mining」ビットコインHODL戦略を維持

シンクロライフ「Eat To Earn」モデル正式リリース|MetaMask連携でSYC受取可能に

シンクロライフ「Eat To Earn」モデル正式リリース|MetaMask連携でSYC受取可能に

Decentraland・The Sandboxなどで「JPYC経済圏」構築へ|JPYCとアドミンが事業提携

Decentraland・The Sandboxなどで「JPYC経済圏」構築へ|JPYCとアドミンが事業提携

FTX Japan「初のテレビCM」放映開始|大谷翔平選手が出演

FTX Japan「初のテレビCM」放映開始|大谷翔平選手が出演

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

日本初のフィジカルNFTギャラリー「NOX」渋谷区富ヶ谷にオープン|展示作品も募集

日本初のフィジカルNFTギャラリー「NOX」渋谷区富ヶ谷にオープン|展示作品も募集

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

Huobi Japan:販売所・取引所で「OMG」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「OMG」取扱いへ

米金融アプリ「Uphold」カルダノ(Cardano/ADA)をサポート

米金融アプリ「Uphold」カルダノ(Cardano/ADA)をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す