ロシア最大手銀行ズベルバンク「デジタル金融資産の発行・取引」が可能に

by BITTIMES

ロシアの最大手銀行である「Sberbank(ズベルバンク/ロシア貯蓄銀行)」は2022年3月17日に、独自プラットフォームでデジタル金融資産(DFA)を発行することを発表しました。ズベルバンクは17日に「デジタル金融資産を発行する情報システム事業者」として登録されたとのことで、これによってブロックチェーン(分散型台帳技術)上でデジタル金融資産を発行して、プラットフォーム内で取引することができるようになると報告されています。

こちらから読む:ローソン、LAWSON TICKET NFT春から提供へ「暗号資産」関連ニュース

デジタル金融資産発行事業者としての登録を完了

ロシアの最大手銀行である「Sberbank(ズベルバンク/ロシア貯蓄銀行)」は2022年3月17日に、独自プラットフォームでデジタル金融資産(DFA)を発行することを発表しました。

Sberbank(ズベルバンク/ロシア貯蓄銀行)は17日に、ロシア中央銀行から「デジタル金融資産を発行する情報システム事業者」としての登録を受けたとのことで、これによってズベルバンクは分散型台帳上でデジタル金融資産を発行することができるようになり、ユーザーはプラットフォーム内でそのデジタル金融資産を取引することができるようになると報告されています。

公式発表では『ズベルバンクのデジタル資産プラットフォームで発行されるデジタル金融資産は、データの安全性を確保してデータを変更不可能にする分散型台帳技術に基づく情報システムを通じて記録・流通される予定』だと説明されており、このプラットフォームを利用することによって企業は次のようなことが可能になるとされています。

  • 金融債権を証明するデジタル金融資産を自社発行して、市場からの投資を呼び込むことができる
  • ズベルバンクのシステムを通じて発行されたデジタル金融資産に投資して、収益を上げることができる
  • ロシアの法律に基づいて、その他のデジタル金融資産取引を行うことができる

ズベルバンクは以前から仮想通貨・ブロックチェーン関連の取り組みを積極的に進めており、昨年1月には『独自のステーブルコインである"Sbercoin(スベルコイン)"を2021年春に発行する予定である』ということが報じられていた他、昨年末には『Sberbank傘下の資産管理会社"Sber Asset Management"がロシア初のブロックチェーン関連ETFをローンチしたこと』なども発表されていました。

ウクライナへの侵攻を受けて、ズベルバンクを含めたロシアの銀行は「国際銀行間通信協会(SWIFT)から排除される」など強力な経済制裁を受けているため、今回のデジタル金融資産はそのような欧米の経済制裁に対処する狙いがあるとみられていますが、専門家からは暗号資産を追跡できる技術がすでに存在していることなどから『仮想通貨は制裁を受けている金融機関の制裁回避には役立たない』との意見も出ています。

なお、金融庁は2022年3月14日に、ウクライナをめぐる国際情勢を踏まえた上で日本国内の暗号資産交換業者に対して「資産凍結などの措置を受けているアドレスへの暗号資産送金を行わないようにすること」などを要請したことも発表しています。

>>「Sberbank」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Bitgetコピトレデビュー応援キャンペーン|最大$100相当のボーナスを獲得

Bitgetコピトレデビュー応援キャンペーン|最大$100相当のボーナスを獲得

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

XANAメタバースNFT「企業コラボ®Tシャツ」がリアルTシャツに|全国のイオン店舗で発売

XANAメタバースNFT「企業コラボ®Tシャツ」がリアルTシャツに|全国のイオン店舗で発売

FTX Japan:顧客資産の返還「2月中旬」に予定|今後のスケジュールを発表

FTX Japan:顧客資産の返還「2月中旬」に予定|今後のスケジュールを発表

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

SBI VCトレード「FLRトークンの出庫受付」開始|残り報酬獲得の代行サービスも予定

SBI VCトレード「FLRトークンの出庫受付」開始|残り報酬獲得の代行サービスも予定

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

ビットポイント:100万SHIBがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:100万SHIBがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す