ロシア最大手銀行ズベルバンク「デジタル金融資産の発行・取引」が可能に

by BITTIMES

ロシアの最大手銀行である「Sberbank(ズベルバンク/ロシア貯蓄銀行)」は2022年3月17日に、独自プラットフォームでデジタル金融資産(DFA)を発行することを発表しました。ズベルバンクは17日に「デジタル金融資産を発行する情報システム事業者」として登録されたとのことで、これによってブロックチェーン(分散型台帳技術)上でデジタル金融資産を発行して、プラットフォーム内で取引することができるようになると報告されています。

こちらから読む:ローソン、LAWSON TICKET NFT春から提供へ「暗号資産」関連ニュース

デジタル金融資産発行事業者としての登録を完了

ロシアの最大手銀行である「Sberbank(ズベルバンク/ロシア貯蓄銀行)」は2022年3月17日に、独自プラットフォームでデジタル金融資産(DFA)を発行することを発表しました。

Sberbank(ズベルバンク/ロシア貯蓄銀行)は17日に、ロシア中央銀行から「デジタル金融資産を発行する情報システム事業者」としての登録を受けたとのことで、これによってズベルバンクは分散型台帳上でデジタル金融資産を発行することができるようになり、ユーザーはプラットフォーム内でそのデジタル金融資産を取引することができるようになると報告されています。

公式発表では『ズベルバンクのデジタル資産プラットフォームで発行されるデジタル金融資産は、データの安全性を確保してデータを変更不可能にする分散型台帳技術に基づく情報システムを通じて記録・流通される予定』だと説明されており、このプラットフォームを利用することによって企業は次のようなことが可能になるとされています。

  • 金融債権を証明するデジタル金融資産を自社発行して、市場からの投資を呼び込むことができる
  • ズベルバンクのシステムを通じて発行されたデジタル金融資産に投資して、収益を上げることができる
  • ロシアの法律に基づいて、その他のデジタル金融資産取引を行うことができる

ズベルバンクは以前から仮想通貨・ブロックチェーン関連の取り組みを積極的に進めており、昨年1月には『独自のステーブルコインである"Sbercoin(スベルコイン)"を2021年春に発行する予定である』ということが報じられていた他、昨年末には『Sberbank傘下の資産管理会社"Sber Asset Management"がロシア初のブロックチェーン関連ETFをローンチしたこと』なども発表されていました。

ウクライナへの侵攻を受けて、ズベルバンクを含めたロシアの銀行は「国際銀行間通信協会(SWIFT)から排除される」など強力な経済制裁を受けているため、今回のデジタル金融資産はそのような欧米の経済制裁に対処する狙いがあるとみられていますが、専門家からは暗号資産を追跡できる技術がすでに存在していることなどから『仮想通貨は制裁を受けている金融機関の制裁回避には役立たない』との意見も出ています。

なお、金融庁は2022年3月14日に、ウクライナをめぐる国際情勢を踏まえた上で日本国内の暗号資産交換業者に対して「資産凍結などの措置を受けているアドレスへの暗号資産送金を行わないようにすること」などを要請したことも発表しています。

>>「Sberbank」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ADA Pay提供のCOTI:NFT音楽チケットの「Centaurify」と提携|ADA決済実装へ

ADA Pay提供のCOTI:NFT音楽チケットの「Centaurify」と提携|ADA決済実装へ

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

DEA社:Project B-idolコラボ第一弾「INIMI」プロデュースの楽曲NFT発売へ

DEA社:Project B-idolコラボ第一弾「INIMI」プロデュースの楽曲NFT発売へ

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

Huobi Japan:8周年記念グッズが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

Huobi Japan:8周年記念グッズが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

BINANCE×Mastercard「14銘柄対応の仮想通貨決済カード」アルゼンチンで展開

BINANCE×Mastercard「14銘柄対応の仮想通貨決済カード」アルゼンチンで展開

メタバース組織に向け「AI搭載女性ロボット」をCEOに任命:中国NetDragon

メタバース組織に向け「AI搭載女性ロボット」をCEOに任命:中国NetDragon

Mythical Games:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム「Blankos Block Party」発売へ

Mythical Games:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム「Blankos Block Party」発売へ

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

スウェットコイン(SWEAT)「FTX・OKX・Bybit」など大手取引所5社に上場

スウェットコイン(SWEAT)「FTX・OKX・Bybit」など大手取引所5社に上場

カルダノdAppエコシステムなどの規模拡大へ|EMURGO Venturesが「DoraHacks」に投資

カルダノdAppエコシステムなどの規模拡大へ|EMURGO Venturesが「DoraHacks」に投資

Sweatcoinの「Sweat Wallet」SWEATステーキング&リワード応募が可能に

Sweatcoinの「Sweat Wallet」SWEATステーキング&リワード応募が可能に

前澤友作氏のMZDAO「クレカなし初期メンバー募集」開始|目標は年間利益100億円以上

前澤友作氏のMZDAO「クレカなし初期メンバー募集」開始|目標は年間利益100億円以上

LaLiga:人気のメタバース「Decentraland」でコンテンツ展開へ

LaLiga:人気のメタバース「Decentraland」でコンテンツ展開へ

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

TOMO KOIZUMI:コインチェックのメタバース都市「Oasis」と連携

TOMO KOIZUMI:コインチェックのメタバース都市「Oasis」と連携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す