ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

by BITTIMES

ロシアの最大手銀行である「ロシア貯蓄銀行(Sberbank)」が、独自のステーブルコインである「Sbercoin(スベルコイン)」のサービスを2021年春にも開始する予定であることがロシアの国営メディア「TASS」などの報道で明らかになりました。

こちらから読む:ビットコイン価格、一時的に"300万円"まで下落「暗号資産」関連ニュース

スベルコイン「2021年春」にも発行の可能性

ロシアの最大手銀行である「ロシア貯蓄銀行(Sberbank)」は、ロシアルーブルの価格と連動する独自のステーブルコイン「Sbercoin(スベルコイン)」のサービスを2021年春に開始することを予定していると報じられています。

Sbercoin(スベルコイン)を発行する計画があることは2020年時点でも報じられていましたが、今回の報道では『2021年1月初旬にロシアの中央銀行(ロシア銀行)に対してブロックチェーンプラットフォームの登録申請が行われた』ということが報告されています。

スベルバンクは既にステーブルコインの社内テストを実施しているため、これらのデジタル通貨を利用する準備は完了しているものの、法律上登録手続きには45日程度の期間が必要となるため、プロジェクトは2021年春頃に開始される可能性が高いとされています。

また、現時点での課題としては"デジタル金融資産に関する税金"の問題があるとのことですが、この問題に関しても『まもなく解決されるだろう』と報じられています。

「ロシアルーブルに連動したステーブルコイン」に関しては、昨年12月時点でロシア連邦中央銀行の第一副総裁であるSergei Shvetsov(セルゲイ・シュヴェツォフ)氏が『ロシア連邦中央銀行はルーブルに連動したステーブルコインの発行に反対している』と語ったことなども報告されていたため、今後スベルコインが正式に発行されるかどうかには注目が集まります。

>>「TASS」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

介護事業にもブロックチェーンを活用する時代へ|GladAge(GAC)プロジェクト

介護事業にもブロックチェーンを活用する時代へ|GladAge(GAC)プロジェクト

ブロックチェーンで「デジタル取引」促進へ|インド決済公社が導入を検討

ブロックチェーンで「デジタル取引」促進へ|インド決済公社が導入を検討

Mythical Games:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム「Blankos Block Party」発売へ

Mythical Games:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム「Blankos Block Party」発売へ

分散型金融(DeFi)次の強気相場で「CeFi」を超える可能性|BINANCE CEOが予想

分散型金融(DeFi)次の強気相場で「CeFi」を超える可能性|BINANCE CEOが予想

リップル:イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」と提携

リップル:イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説