ビットフライヤーがIEO事業に参入|株式会社ナナメウエの「YAY」発行を予定

by BITTIMES   

bitFlyer(ビットフライヤー)は2022年8月23日に、暗号資産交換業者が支援する形でトークン発行による資金調達を行う「IEO」の事業に参入することを発表しました。IEO第1弾では、誰もが素を出せるweb3時代のバーチャルワールド「Yay!」を運営する「株式会社ナナメウエ」のIEO実施が計画されていると報告されています。

こちらから読む:木梨憲武氏、XANAとのコラボでメタバース進出「国内ニュース」

ビットフライヤー「IEO事業」に参入

bitFlyer(ビットフライヤー)は2022年8月23日に、暗号資産交換業者が支援する形でトークン発行による資金調達を行う「IEO」の事業に参入することを発表しました。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは、暗号資産・トークンを発行して資金調達を行う仕組みの中でも暗号資産取引所が支援する形式でトークン発行・販売を行う資金調達方法のことであり、「トークン販売前に交換業者の審査が入ることによってより信頼性の高いトークンが販売される」という点や「トークン販売後の取引所上場が保証されている」という点などで人気の資金調達方法となっています。

次世代SNS「Yay!」のトークンYAY発行を予定

ビットフライヤーは今回の発表の中で、IEO第1弾の実施に向けて、誰もが素を出せるweb3時代のバーチャルワールド「Yay!」を運営している「株式会社ナナメウエ」との間でIEO実施に向けた契約を締結したことも報告しています。

「Yay!」は2020年1月にサービス提供が開始された匿名型の次世代SNS・バーチャルワールドであり、趣味趣向が合う友達とつながり、様々なコミュニティ運営やグループ通話をしながらの雑談やゲームを楽しむことができるようになっています。

ナナメウエはビットフライヤーでのIEOを通じて「Yay!」内で利用できるトークンである「YAY」を発行することを予定しているとのことで、『今後はコミュニティ上にトークンエコノミーを形成し、素が出せて心の拠り所になり、かつ多様で寛容な自律したコミュニティで、ユーザーが毎日楽しく好きなことで生きていく真のサステナブルなバーチャルワールドを実現していく』と説明されています。

なお、今後は「ビットフライヤーによるトークン販売の可否審査」を経た上で「日本暗号資産取引業協会からの販売承認」を得る必要があるため、現時点でトークン販売の可否・取引開始時期などは確約されていないとも説明されています。

「株式会社ナナメウエ」の代表取締役である石濵 嵩博氏、「株式会社bitFlyer」の代表取締役である関 正明氏、「株式会社bitFlyer」の新規事業開発部副部長である大和 省悟氏は、今回のIEO実施に向けた契約について次のようにコメントしています。

【株式会社ナナメウエ:石濵 嵩博氏】
国内最大級の暗号資産取引所であるbitFlyerの国内初のIEO実施に向けた契約提携を発表できたことを嬉しく思います。Yay!は、幅広い世代で多種多様なユーザーが日常的に使っており、ありのままの自分をさらけ出して、性別も、年齢も、住む場所も飛びこえ、自分の「好き」を心ゆくまで楽しめるバーチャルワールドです。

今回、bitFlyerとのIEO実施に向けた取り組みにより、今まで以上に多くの投資家が信頼をおきながら新しいチャンスを掴み、そして、Yay!のユーザーの一人ひとりが、自分のコミュニティを作りあげていくプロセスに関れるようになることで、真のサステナブルなバーチャルワールドを実現できると確信しています。

【株式会社bitFlyer:関 正明氏】
bitFlyerは2014年に加納、小宮山が創業して以来、ブロックチェーンが持つ大きな可能性を信じ、お客様に安心・安全に使って頂けるプラットフォームを目指して参りました。また、暗号資産が作るエコシステムの可能性も2015年ごろから探求しており、デリバティブ取引、暗号資産を使った決済などにもいち早く取り組んで参りました。

IEOに関しては、我が国においては既にルールが整備されており、暗号資産取引所のお客様が安心して投資ができる形で、企業がトークン発行による資金調達をできることは意義が大きいことです。

ナナメウエのサービスはバーチャルな世界で多様なユーザーが交流しており、このような世界においてトークンを活用することで新しい経済圏の発展が期待できるものと考えています。今後、bitFlyerはナナメウエと共に、お客様に安心・安全に参加いただける形でのIEOの実施を目指してまいりますのでぜひご期待ください。

【株式会社bitFlyer:大和 省悟氏】
日本発のSNS、バーチャルワールドを手掛けるナナメウエとご一緒できることを大変嬉しく思います。web3 時代における自律分散的に拡大するネットワークの構築にはトークンの存在が必要不可欠であると考えています。そのネットワークの成長とトークンの価値向上という共通の目標に向け、様々なステークホルダーが協調し合うことでトークンが生み出す独自の分散型経済圏が発展すると考えています。そして私はYay!の中に分散型経済圏の土台が既に存在すると感じています。Yay!はローンチから約2年で登録者数550万人を超え、外部コミュニティとの連携も発表され、その成長力、コミュニティの熱量には目を見張るものがあると感じています。

今後、石濵代表とタッグを組んで日本発のトークンを用いた分散型経済圏の構築・発展を支援することで、日本経済及び暗号資産・ブロックチェーン業界の発展に寄与してまいります。

>>「bitFlyer」の公式発表はこちら
>>「ナナメウエ」の公式発表はこちら
>>「Yay!」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

ドージコインでお馴染みの「かぼすちゃん」千葉県佐倉市に銅像設置へ|イベントも開催

ドージコインでお馴染みの「かぼすちゃん」千葉県佐倉市に銅像設置へ|イベントも開催

Apple共同創設者の仮想通貨「WOZXトークン」2つの取引所に上場【Efforce】

Apple共同創設者の仮想通貨「WOZXトークン」2つの取引所に上場【Efforce】

CoolBitX:CoolWalletアプリに「ホットウォレット機能」追加

CoolBitX:CoolWalletアプリに「ホットウォレット機能」追加

仮想通貨は通貨ではなく資産である|G20首脳会議

仮想通貨は通貨ではなく資産である|G20首脳会議

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説