LUNC復興に取り組む「Terra Rebels」ロードマップ公開|バーン活動も活発化

by BITTIMES

2022年5月に暴落したLUNC・USTCの復興に向けた取り組みを進めている「Terra Rebels」は2022年9月29日に、LUNCやUSTCの復興に向けた今後の計画を記した『Terra Rebelsの公式ロードマップ』を公開したことを発表しました。

こちらから読む:ビットバンク、Cardano(ADA)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

「2022年Q2〜2023年Q2のロードマップ」を公開

テラ・クラシック(Luna Classic/LUNC)の復興に向けた取り組みを進めている「Terra Rebels」は2022年9月29日に、LUNCやUSTCの復興に向けた今後の計画などを記した『Terra Rebelsの公式ロードマップ』を公開したことを発表しました。

「Terra Rebels」とは、USTのディペッグで価格が暴落したLUNC・USTCの復興に向けた取り組みを進めている組織であり、LUNC供給量を効率的に削減する「1.2% Tax Burn」や「委任ステーキングの最有効化」などと行った複数の改善活動などで知られています。

元々LUNA(現:LUNC)の開発を主導していた「Terraform Labs(TFL)」は、USTのディペッグ後から「LUNA v2(現:LUNA)」の開発に注力しているため、放棄されていたLUNC・USTC関連の取り組みは「Terra Rebels」などを中心としたコミュニティ主導で進められていましたが、今回はこの「Terra Rebels」から公式ロードマップを公開したことが報告されています。

Terra Rebelsの公式ロードマップを公開できることを非常に嬉しく思います。このロードマップは、Terra Rebelsのウェブサイト(https://www.terrarebels.net/)でご覧いただけます。なお、このロードマップは変更される可能性があります。

今回公開されたロードマップでは、2022年第2四半期〜2023年第2四半期にかけての「Terra Rebels」の取り組みが概説されており、ガバナンス提案・ホワイトペーパー公開・各種アップグレードなどといった特に重要となる活動の時期が記されています。

またロードマップには、暴落したアルゴリズム型ステーブルコイン「USTC」などのトークンを指す「Algorithmic Fungible Token(AFT)」の計画を固めて、AFTのリペグに取り組む計画なども記されているため、「Terra Rebels」の今後の取り組みなどには注目が集まっています。

LUNC・USTC関連の取り組みは現在コミュニティ主導で進められており、最近では大手暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)が「LUNCの取引手数料バーン」を発表したことなども注目されていましたが、現在は10ドル相当のLUNCを自主的にバーンする『#burnalot』と呼ばれる活動も活発化してきているため、今後はLUNCバーンの活動もさらに活発化していくと期待されています。

>>「Terra Rebels」のロードマップはこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Xapo Bank「Lightning Network経由のビットコイン決済」に対応|Lightsparkと提携

Xapo Bank「Lightning Network経由のビットコイン決済」に対応|Lightsparkと提携

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

カカオのブロックチェーンKlaytnに「8つのゲーム系BApp」が参加

カカオのブロックチェーンKlaytnに「8つのゲーム系BApp」が参加

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットコイン価格「180万円」突破|過去最高値更新は近い?

ビットコイン価格「180万円」突破|過去最高値更新は近い?

注目度の高い仮想通貨ニュース

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す