IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

by BITTIMES

国際連合プロジェクトサービス機関(UNOPS)は、アイオータ(IOTA)財団との提携を発表しました。この2つの組織は、IOTAのブロックチェーン技術を活用してUNOPSの業務効率の向上に取り組みます。

IOTAが国連のプロジェクトを支援

国際連合プロジェクトサービス機関(UNOPS)は、アイオータ(IOTA)と協力してIOTAのタングル(tangle)とよばれる技術を活用して、国連機関の業務効率を向上させるための方法を探求することを5月22日に発表しました。

UNOPSは国家の平和と持続可能な発展を達成するために、国連やそのパートナーを支援しています。
その取り組みは様々であり、インフラストラクチャ、プロジェクト管理、調達、財務管理、人的資源などの様々な分野をサポートしています。

2017年には、18億ドル(約2000億円)のプロジェクトを実施し、80カ国で事業を展開しています。

UNOPSも高く評価するIOTAの技術

UNOPSは、コミュニケーションとサプライチェーンのボトルネックを緩和するブロックチェーンを推進しているIOTAのオープンな技術を高く評価しています。

彼らは国連のプロジェクトに力を与えるグローバルな組織として厳しいアカウンタビリティ基準を遵守していますが、IOTAの透明な元帳はこれを補完することができます。

UNOPSはIOTAのブロックチェーンについて「バッテリー電源や代替接続ネットワークで動作することができるため、高速インターネット接続や電力への散発的なアクセスがある地域では非常に便利な技術」であると述べています。

IOTAのブロックチェーンは、高いコンピューティング要件を持たないIoT(Internet of Things)デバイスとの互換性も備えています。

UNOPSでブロックチェーン技術の特別顧問を務めている山本義行氏は次のように述べています。

「私たちは、マシン、デバイス、センサー、および人々が相互に接続しコミュニケーションするビジョンを共有しています。これは「Industry 4.0」の世界です。仲介者を必要とせずにこれらのプロセスを同時に実行できる技術を利用することは、組織としての使命を促進するのに役立ちます」

「私たちはIOTA財団と協力して、現場で働く際に国連全体が直面するいくつかの課題に取り組むために、最初の概念実証における最も適切なユースケースを特定していきます。これはとても協力的な作業です。」

「提案されているテストソリューションとのギャップや追加が必要な要素が見つかれば、アイオータ(IOTA)と協力して他の適切なパートナーを探し出しながら、プロジェクトに取り組む予定でもいます」

アイオータ(IOTA)について

アイオータ(IOTA/MIOTA)は、タングル(Tangle)と呼ばれるDirected Acyclic Graphs(DAG)を実装しています。
このプロトコルはリソース集約型ではなく、ブロックチェーンの完全なコピーを持つすべてのノードに依存しないため、従来のプロトコルよりも優れています。代わりにTangleプロトコルは、トランザクションを検証するためにお互いに依存するノードのネットワーク全体にこの作業を委託します。

IOTAの分散型元帳は、UN文書やサプライチェーン、トランザクション支払いの管理と追跡において、UNOPSとそのパートナーの両方にアクセス可能な、より高いレベルの効率性を提供することができます。

IOTAの共同設立者であるDominik Schiener氏は、UNOPSとの提携について次のように語っています。

「UNOPSと共に作業を開始し、現在および将来の課題に取り組むことに興奮しています。IOTA財団は、IOTA Tangleを重要な人道的および開発目的のために活動させることに全力を尽くしています。」

IOTAは、これまでにも多くの企業や団体と協力しています。
オランダで太陽光や風力発電の活用に取り組んでいるElaadNLは、IOTAを活用した世界初の電気自動車充電ステーションを発表しています。

また台湾の首都である台北市は、IOTA財団と提携し『スマートシティ』を目指して多数のプロジェクトを進めており、IOTAの革新的なブロックチェーンの技術を幅広い分野に応用する事で革新的な街づくりに取り組んでいます。

アイオータ(IOTA/MIOTA)は、Huobi.pro(フォビ)BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

(引用:unops.org

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨は今後どうなる?これからの捉え方、向き合い方

仮想通貨は今後どうなる?これからの捉え方、向き合い方

世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

仮想通貨エンドール(ENDOR)|ICOと上場、特徴と今後

仮想通貨エンドール(ENDOR)|ICOと上場、特徴と今後

アリババ(Alibaba)の子会社がブロックチェーン技術を導入

アリババ(Alibaba)の子会社がブロックチェーン技術を導入

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

注目度の高い仮想通貨ニュース

ハッカーがカナダ銀行にリップル(XRP)で100万ドルを要求

ハッカーがカナダ銀行にリップル(XRP)で100万ドルを要求

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ロシアの国営銀行は同国初となるICOの実証実験に取り組む

ロシアの国営銀行は同国初となるICOの実証実験に取り組む

仮想通貨アプリ開発者に期待|Appleガイドライン改訂の裏側

仮想通貨アプリ開発者に期待|Appleガイドライン改訂の裏側

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

"順調"に下落するビットコイン|バイナンスCEOの見解は?

中国で人民元(CNY)での仮想通貨取引が解禁か?

中国で人民元(CNY)での仮想通貨取引が解禁か?

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

Coinbaseがリップルやイオスを選ばなかった理由

Coinbaseがリップルやイオスを選ばなかった理由

ビットコイン(BTC)取引手数料が過去7年間で最低を記録

ビットコイン(BTC)取引手数料が過去7年間で最低を記録

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す