IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

by BITTIMES

国際連合プロジェクトサービス機関(UNOPS)は、アイオータ(IOTA)財団との提携を発表しました。この2つの組織は、IOTAのブロックチェーン技術を活用してUNOPSの業務効率の向上に取り組みます。

IOTAが国連のプロジェクトを支援

国際連合プロジェクトサービス機関(UNOPS)は、アイオータ(IOTA)と協力してIOTAのタングル(tangle)とよばれる技術を活用して、国連機関の業務効率を向上させるための方法を探求することを5月22日に発表しました。

UNOPSは国家の平和と持続可能な発展を達成するために、国連やそのパートナーを支援しています。
その取り組みは様々であり、インフラストラクチャ、プロジェクト管理、調達、財務管理、人的資源などの様々な分野をサポートしています。

2017年には、18億ドル(約2000億円)のプロジェクトを実施し、80カ国で事業を展開しています。

UNOPSも高く評価するIOTAの技術

UNOPSは、コミュニケーションとサプライチェーンのボトルネックを緩和するブロックチェーンを推進しているIOTAのオープンな技術を高く評価しています。

彼らは国連のプロジェクトに力を与えるグローバルな組織として厳しいアカウンタビリティ基準を遵守していますが、IOTAの透明な元帳はこれを補完することができます。

UNOPSはIOTAのブロックチェーンについて「バッテリー電源や代替接続ネットワークで動作することができるため、高速インターネット接続や電力への散発的なアクセスがある地域では非常に便利な技術」であると述べています。

IOTAのブロックチェーンは、高いコンピューティング要件を持たないIoT(Internet of Things)デバイスとの互換性も備えています。

UNOPSでブロックチェーン技術の特別顧問を務めている山本義行氏は次のように述べています。

「私たちは、マシン、デバイス、センサー、および人々が相互に接続しコミュニケーションするビジョンを共有しています。これは「Industry 4.0」の世界です。仲介者を必要とせずにこれらのプロセスを同時に実行できる技術を利用することは、組織としての使命を促進するのに役立ちます」

「私たちはIOTA財団と協力して、現場で働く際に国連全体が直面するいくつかの課題に取り組むために、最初の概念実証における最も適切なユースケースを特定していきます。これはとても協力的な作業です。」

「提案されているテストソリューションとのギャップや追加が必要な要素が見つかれば、アイオータ(IOTA)と協力して他の適切なパートナーを探し出しながら、プロジェクトに取り組む予定でもいます」

アイオータ(IOTA)について

アイオータ(IOTA/MIOTA)は、タングル(Tangle)と呼ばれるDirected Acyclic Graphs(DAG)を実装しています。
このプロトコルはリソース集約型ではなく、ブロックチェーンの完全なコピーを持つすべてのノードに依存しないため、従来のプロトコルよりも優れています。代わりにTangleプロトコルは、トランザクションを検証するためにお互いに依存するノードのネットワーク全体にこの作業を委託します。

IOTAの分散型元帳は、UN文書やサプライチェーン、トランザクション支払いの管理と追跡において、UNOPSとそのパートナーの両方にアクセス可能な、より高いレベルの効率性を提供することができます。

IOTAの共同設立者であるDominik Schiener氏は、UNOPSとの提携について次のように語っています。

「UNOPSと共に作業を開始し、現在および将来の課題に取り組むことに興奮しています。IOTA財団は、IOTA Tangleを重要な人道的および開発目的のために活動させることに全力を尽くしています。」

IOTAは、これまでにも多くの企業や団体と協力しています。
オランダで太陽光や風力発電の活用に取り組んでいるElaadNLは、IOTAを活用した世界初の電気自動車充電ステーションを発表しています。

また台湾の首都である台北市は、IOTA財団と提携し『スマートシティ』を目指して多数のプロジェクトを進めており、IOTAの革新的なブロックチェーンの技術を幅広い分野に応用する事で革新的な街づくりに取り組んでいます。

アイオータ(IOTA/MIOTA)は、Huobi.pro(フォビ)BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

(引用:unops.org

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップルの採用が進むまでブロックチェーンは使わない|TransferWise CEO

リップルの採用が進むまでブロックチェーンは使わない|TransferWise CEO

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月24日〜30日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月24日〜30日

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

SegWit2xが抱える11の問題とは?

SegWit2xが抱える11の問題とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

音楽ストリーミングで「ビットコイン報酬」が貰える|FEEDBANDS(フィードバンド)

音楽ストリーミングで「ビットコイン報酬」が貰える|FEEDBANDS(フィードバンド)

「1BTC=220万円」に回復する日|ビットコイン最高値更新ポイントをアナリストが分析

「1BTC=220万円」に回復する日|ビットコイン最高値更新ポイントをアナリストが分析

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」ビットコインSVへの移行を発表

ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」ビットコインSVへの移行を発表

リップル(XRP)で動画コンテンツを収益化|ストリーミングサービス「Cinnamon」公開へ

リップル(XRP)で動画コンテンツを収益化|ストリーミングサービス「Cinnamon」公開へ

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す