MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

by BITTIMES   

イーサリアム(ETH)を専門に扱うブロックチェーン関連企業「ConsenSys(コンセンシス)」は2022年11月23日に、同社が提供する「MetaMask」や「Infura」に関連する内容を含んだプライバシーポリシーを更新したことを発表しました。更新された内容の中では『メタマスクのRPCプロバイダーとしてInfuraを使用している場合には、トランザクション送信時にIPアドレスとウォレットアドレスを収集する』ということも記載されています。
(2022年11月27日追記:ConsenSysは2022年11月24日にプライバシーポリシー更新について複数の誤解があることを説明、当メディアにも"今回の更新で特に重要な10項目"について補足説明する連絡がありましたので、記事の内容を追記しました)

こちらから読む:ビットポイント、シバイヌ(SHIB)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

ConsenSysがプライバシーポリシーを更新

ConsenSys(コンセンシス)は2022年11月23日に、同社が提供する「MetaMask」や「Infura」に関連する内容を含んだプライバシーポリシーを更新したことを発表しました。

ConsenSysはイーサリアム(ETH)を専門に扱うブロックチェーンソフトウェア技術企業であり、人気の暗号資産ウォレットである「MetaMask(メタマスク)」や、イーサリアムノードやエンドポイントなどのデータをAPIなどで提供する「Infura」など、複数の製品を提供しています。

同社のプライバシーポリシーページには、同社製品・サービスを利用する際に収集される個人情報などについての詳しい説明が行われていますが、今回の更新では『MetaMaskのRPCプロバイダーとしてInfuraを使用している場合には、トランザクション送信時にIPアドレスとウォレットアドレスを収集する』という内容が追加されているとして注目が集まっています。

MetaMask(メタマスク)でブロックチェーンネットワークを追加する際には、ネットワーク上にある他のコンピュータのプログラムを呼び出して実行させるための技術である「RPC(Remote Procedure Call)」のURLを入力する必要がありますが、MetaMaskではデフォルトRPCプロバイダーとして「Infura」が使用されているため、多くのユーザーがこの情報収集の対象になると予想されます。

なお、更新されたプライバシーポリシーには『サードパーティのRPCプロバイダーを使用している場合は、InfuraもMetaMaskもIPアドレスやウォレットアドレスを収集しない』とも記載されているため、一部ユーザーの間ではRPC URLの設定を変更する動きも見られています。

お客様がMetaMaskのデフォルトRPCプロバイダーとしてInfuraを使用する際にInfuraが収集する情報。

MetaMaskとInfuraはいずれも当社が提供する製品であり、InfuraはMetaMaskのデフォルトのRemote Procedure Call(RPC)プロバイダーです。お客様がMetaMaskのデフォルトRPCプロバイダーとしてInfuraを使用する場合、Infuraはお客様がトランザクションを送信する際にお客様のIPアドレスとイーサリアムウォレットアドレスを収集します。

ただし、お客様がご自身のイーサリアムノードまたはサードパーティのRPCプロバイダーをMetaMaskで使用している場合、InfuraおよびMetaMaskはお客様のIPアドレスやイーサリアムウォレットアドレスを収集しません(ただし、お客様が使用しているRPCプロバイダーの情報収集およびその収集に関する条件に従うことをご了承ください)。

引用:ConsenSysプライバシーポリシー

MetaMaskの「RPC URL」変更方法について

MetaMaskの「RPC URL」を変更したい場合は、MetaMaskのネットワーク追加画面に移動して、新しいネットワークを手動で追加する画面に移動し、ネットワークの情報入力画面で「RPC URL」の欄に自分が利用したいRPC URLを入力することによって、好きなRPCプロバイダーを指定することができます。

MetaMaskのネットワーク追加時に使用するRPCプロバイダーを指定することが可能MetaMaskのネットワーク追加時に使用するRPCプロバイダーを指定することが可能

なお、イーサリアムRPCプロバイダーの一覧は「Ethereum RPC URL List」などのキーワードで検索することによって見つけることができますが、別のRPCプロバイダーでも同様にユーザー情報が収集される可能性もあるため、個人情報の収集を避けたい場合はプロバイダー選びで注意が必要です。

追記:ポリシー更新に関する誤解について説明

(2022年11月27日追記)
ConsenSysは2022年11月24日に「同社のプライバシポリシー更新について補足説明する記事」を公開し、ユーザーデータ取得に関する誤解などについて説明を行いました。

同社は今回のポリシー更新について『このポリシー変更はより踏み込んだデータ収集やデータ処理に繋がるものではなく、規制変更や問い合わせに対応するために行われたものでもない』と説明しており、当メディアに寄せられたメッセージの中では「特に重要な項目」として以下の10点が強調されています。

  1. MetaMaskはIPアドレスを収集しない。MetaMaskウォレットはConsenSysによって開発されたソフトウェア製品。ConsenSysはMetaMaskを操作しておらず、MetaMaskはユーザが自分のデバイスで操作する。
  2. MetaMaskは、取引に必要な情報のみをRPCプロバイダにルーティングする。デフォルトでは、InfuraというRPCプロバイダにルーティングされる。(InfuraもConsenSysが開発)
  3. MetaMaskのような暗号資産ウォレットからのリクエストを処理するために、Infuraはリクエストを送信するデバイスのIPアドレスとブロックチェーンアドレスを知る必要がある。ブロックチェーンアドレスはリクエストの一部であるため必要。IPアドレスはレスポンスを要求者にルーティングするために必要。
  4. Infuraはプライバシーポリシーの「個人情報の使用」セクションに記載されている制限に従ってこの情報を保持する。Infuraがこの情報を不適切に利用することはなく、コンセンシスは一部のWeb2企業のようにこの情報をマネタイズすることもない。
  5. Web3エコシステムの進化が遅い理由の一つは、Web2のような侵略的なマーケティングやユーザー維持のテクニックを使わないことにある。Web2企業はユーザー情報を積極的かつ侵略的に利用する製品を作成している。ConsenSysを含めたWeb3業界の多くは、エンドユーザーに力を与え、保護する製品を作成しており、最も高い原則の問題としてエンドユーザーを搾取することはない。
  6. Web3ユーザーは「MetaMaskで自分の選んだRPCプロバイダを使用する」「自分のブロックチェーンノードを立ち上げてMetaMaskで使用する」などを自由に選択できる。知識ある多くのユーザーはすでにこれを実行している。これは分散型プロトコルの美点であり、Web3をWeb2と区別する中心的な特徴だ。
  7. Infuraは、匿名化技術やあらゆるデータの収集・保持の最小化・排除など、個人情報の収集を最小限に抑えるための技術的ソリューションを追求している。
  8. また、ソフトウェア開発者やエンドユーザーのプラットフォームリスクをさらに軽減するために、Infura社の分散化にも取り組んでいる。
  9. ConsenSysは、ユーザーがインターネット製品やサービスから不適切に搾取されないようにするために設立された。
  10. ConsenSysは常に、最大限の分散化と最小限のプラットフォーム・リスクを可能にする方法で、ユーザーがその製品を使用できるようにする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:スマホアプリに初心者向けの新機能「STモード」追加

DMMビットコイン:スマホアプリに初心者向けの新機能「STモード」追加

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

フェラーリ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなど複数の暗号資産を受け入れ

フェラーリ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなど複数の暗号資産を受け入れ

BitPay「SHIB対応」を正式発表|Cardano(ADA)のサポートを求める声も

BitPay「SHIB対応」を正式発表|Cardano(ADA)のサポートを求める声も

ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

韓国の裁判所「Terraform Labs」共同創設者ダニエル・シン氏の逮捕状を却下

韓国の裁判所「Terraform Labs」共同創設者ダニエル・シン氏の逮捕状を却下

注目度の高い仮想通貨ニュース

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

名作FPSゲームを「DOGE」に刻む|DoginalsでDOOM無料版がプレイ可能に

名作FPSゲームを「DOGE」に刻む|DoginalsでDOOM無料版がプレイ可能に

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

Terraform Labs:法的問題解決に向け米国で破産申請「事業継続の方針」も強調

Terraform Labs:法的問題解決に向け米国で破産申請「事業継続の方針」も強調

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す