Apple:欧州地域で「外部アプリストア」許可か|暗号資産業界にも追い風に?

by BITTIMES

Apple社が欧州地域で2024年に施行予定の独占禁止要件に準拠するために、同社が提供しているiPhone・iPadのアプリストア「App Store」の代わりとなる外部のアプリストア「サイドローディング」を許可する準備を進めていることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。代替アプリストアが許可されれば、仮想通貨業界でも問題視されていた「30%の手数料」や「アプリ制限」を回避したアプリをダウンロードすることが可能になるため、今回のニュースは仮想通貨業界でも注目を集めています。

こちらから読む:MetaMask、PayPal使用したETH購入が可能に「暗号資産」関連ニュース

30%手数料などの制限回避が可能に?

Apple(アップル)が欧州地域で2024年に施行予定の独占禁止要件に準拠するために、同社が提供しているiPhone・iPadのアプリストア「App Store」の代わりとなる外部のアプリストア「サイドローディング」を許可する準備を進めていることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

「Bloomberg」が"事情に詳しい複数の関係者の話"として報じた内容によると、Apple社は欧州連合(EU)で2024年に施行が予定されている「デジタル市場法(DMA)」に準拠するために外部のアプリストアを許可する準備を進めているとされています。

iPhoneやiPadでは基本的にApple公式アプリストアである「App Store」でしかアプリをダウンロードすることができませんが、外部のアプリストアが許可された場合は「App Store」を経由せずに第三者のソフトをダウンロードできるようになり、Apple社が定める厳しい制限を回避したアプリをダウンロードすることができる可能性があると期待されています。

Apple社はアプリ内決済に30%の手数料を強制している一方で仮想通貨決済には対応していないため、Coinbase Walletでは「NFT送信時に必要なガス代支払いでも30%の追加手数料が発生、しかもAppleのアプリ内課金システムは仮想通貨に対応していないため、これに応じることもできない」という問題が発生、結果的にiOS版アプリでNFT送信機能が停止される結果となっていました。

なお、Apple社が行なっている見直しは「欧州での実施のみ」を念頭に設計されているとのことなので、その他の地域では従来通りの状況が続くことになると予想されますが、同様の法律が他の国でも成立すればそれらの国でも外部ストアでのダウンロードが可能になり、仮想通貨・NFT業界にも追い風になると期待されています。

外部ストアで公開されるアプリはセキュリティ面などでの問題やリスクが高まる可能性もあるため、実際に外部ストアが許可された場合でもアプリダウンロードなどには注意が必要であると考えられますが、Apple社が課している現在の制限は既に多くのWeb3アプリに影響を与えており、iOS版アプリでは一部機能が制限されている状態となっているため、利用するアプリをしっかりと見極めれば、Web3アプリ利用者にとって嬉しい変化になると期待されます。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

エルサルバドル政府:ビットコイン「100BTC」を買い増し|再び押し目買い

エルサルバドル政府:ビットコイン「100BTC」を買い増し|再び押し目買い

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

柴犬コイン(SHIB)VS メタケード(MCADE)2023年の仮想通貨投資の成功への道

柴犬コイン(SHIB)VS メタケード(MCADE)2023年の仮想通貨投資の成功への道

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

PlayMining NFT「法定通貨決済」に対応|DEP感謝祭も開始

PlayMining NFT「法定通貨決済」に対応|DEP感謝祭も開始

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

Travel and Earn採用のWeb3旅行アプリ「xtrip」公開|旅行・移動で仮想通貨報酬

Travel and Earn採用のWeb3旅行アプリ「xtrip」公開|旅行・移動で仮想通貨報酬

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

JVCEA:暗号資産の上場審査を簡素化「グリーンリスト制度・CASC制度」導入へ

JVCEA:暗号資産の上場審査を簡素化「グリーンリスト制度・CASC制度」導入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す