へデラ(Hedera/HBAR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

へデラ(Hedera/HBAR)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

へデラ(Hedera/HBAR)とは?

へデラ(Hedera/HBAR)のロゴ画像

へデラ(Hedera/HBAR)とは、Hashgraphと呼ばれる独自の分散型台帳技術を用いたオープンソースのパブリックネットワークであり、HBARはHashgraphのネットワークで利用される仮想通貨です。

Hedera Hashgraphは「Google・IBM・NOMURA・LG・BOEING」などを含む世界中の主要組織が管理するパブリックネットワークとなっており、「エネルギー消費が非常に低い・環境に優しい・高速な取引処理・低コスト・高い拡張性・ステーキングが可能」など様々な特徴を備えています。

へデラは契約を自動執行できるスマートコントラクトの機能も備えており、個人や企業が手軽に分散型アプリケーション(DApps)を開発できるように設計されているため、Web3業界のアプリケーションから企業のアプリケーションなど様々な分野でHederaの技術が活用されています。

具体的な活用事例としては「DeFi(分散型金融)、分散型ID(DID)、分散型アプリケーション(DApps)NFT、支払い、分散型ログ・トークン化・健康管理・不正防止・ゲーム」など様々な分野があげられており、新型コロナウイルスのワクチンなどに関連する情報を管理するためにHederaのシステムが利用されたことなどでも知られています。

へデラ(Hedera/HBAR)の特徴

へデラ(Hedera/HBAR)の特徴・機能としては以下のような点が挙げられます。

多数の大手企業も参加する「へデラ運営審議会」

Hedera Hashgraphには、分散型台帳プラットフォームのガバナンスを監督する機関となる「Hedera Governing Council(へデラ運営審議会)」と呼ばれる組織が存在していますが、このへデラ運営審議会には「Google・IBM・LG・BOEING・DELL・UBISOFT・Chainlink Labs・野村ホールディングス」などを含む世界中の大手企業・大学・金融機関・Web3プロジェクトが数多く参加しています。

へデラ運営審議会の各メンバーは「ネットワークの革新・安定化・継続的な分散化」に取り組んでおり、Hederaはそのような主要メンバーによって運営・管理されるHederaのネットワークを『世界中の主要組織が責任を持って管理するオープンソースの分散型ネットワーク』と表現しています。

へデラ運営審議会のメンバー(画像:Hedera)へデラ運営審議会のメンバー(画像:Hedera)

独自の分散型台帳技術「Hashgraph」

Hederaは独自の分散型台帳技術である「Hashgraph(ハッシュグラフ)」と呼ばれるテクノロジーを採用しており、ハッシュグラフはビットコイン(BTC)のようなブロックチェーンで採用されているコンセンサスアルゴリズム(取引承認・合意形成の仕組み)である「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」とは異なる種類のコンセンサスアルゴリズムを使用しています。

ハッシュグラフ・コンセンサスアルゴリズムはブロックチェーンではなく、DAG(有向非巡回グラフ)と呼ばれるデータ構造で非同期ビザンチンフォルトトラレント(aBFT)という業界最高レベルのセキュリティを保ちつつ、超高速に同意形成を得ることができるコンセンサスアルゴリズムとなっています。

Hederaはこの独自の分散型台帳技術を採用することによって、以下で挙げるような様々な特徴を実現しています。

低コストで即時決済が可能

へデラ(Hedera/HBAR)の大きな特徴の1つとしては「低コストに即時決済できる」という点が挙げられます。Hederaのネットワークにおけるトランザクション(取引)の平均コストはわずか0.001ドルで、決済は3秒〜5秒程度で実行されます。

ビットコインのような従来型のブロックチェーンでは、送金する際などに数千円程度の手数料がかかることもあり、送金時間で数十分かかることもあるため、Hederaのネットワークが非常に快適な取引環境を実現していることがわかります。

10,000TPS以上を実現する高い拡張性

暗号資産・ブロックチェーン業界では、技術採用を大規模に進めていく際に発生する"利用負荷の増大"に対応していけるだけの拡張性(スケーラビリティ)が重要視されていますが、Hederaは高い拡張性も備えており、1秒間に処理できる情報量(TPS)は「10,000TPS〜」と報告されています。

仮想通貨の比較で一般的に報告されているTPSは「ビットコイン:6TPS〜」「イーサリアム:12TPS〜」とされているため、処理性能の面でもHederaが優れていることがわかります。なお、比較的新しい"第3世代"と呼ばれるブロックチェーンのTPSは「1,000〜5,000TPS程度」となっています。

平均消費電力が非常に低く、環境に優しい

へデラ(Hedera/HBAR)の大きな特徴としては「平均消費電力が非常に低く、環境に優しい」という点も挙げられます。Hederaが公式サイトで公開している調査結果のデータによると、Hederaのトランザクションごとの平均消費電力は「0.000003 kWh」とされています。

以下の画像は、主流ブロックチェーンやネットワークにおけるトランザクションごとの平均エネルギー消費量とHederaの数値を比較したものですが、このデータからもHederaの平均エネルギー消費量が非常に低いことがわかります。

(画像:Hedera)(画像:Hedera)

またHederaは、すべての公共向けインフラから発生する少量の温室効果ガス(CO2や水蒸気など)排出量を相殺するために、四半期ごとにカーボンクレジット(*1)を購入して、地球環境に優しい公共ネットワークになることを約束しています。

(*1)カーボンクレジット:企業が森林保護・植林・省エネルギー機器導入などを行うことによって生まれたCO2などの温室効果ガスの削減効果を"クレジット"として発行することによって、他の企業などとの間で取引できるようにする仕組みのこと。

【HBAR・BTC・ETHの性能比較】

通貨HBARBTCETH
1秒間の処理性能10,000TPS〜6TPS〜12TPS〜
トランザクション手数料0.0001ドル数十ドル数十ドル
トランザクション処理時間3〜5秒10〜60分10〜20秒
エネルギー消費量0.000003 kWh885kWh〜102kWh

PoS採用でステーキングが可能

Hederaは、各ノードのコンセンサスに対する影響力がそのノードがステークした暗号資産の量に比例するプルーフ・オブ・ステーク(PoS)の仕組みを採用しているため、HBAR保有者は「HashPack」のような仮想通貨ウォレットを利用することによってステーキングを行うことができます。

「HashPack」はHederaの公式サイトに掲載されている多機能自己管理型ウォレットであり、iOS・Android版アプリがリリースされている他、Google Chromeの拡張機能も提供、ウェブアプリとして利用することもできます。

「HashPack」のステーキングページに移動すると、へデラ運営審議会が運営するノードの一覧が表示されるため、自分が委任したいノードを1つ選んで「Stake」のボタンを選択すればステーキングを行うことができます。

へデラ(Hedera/HBAR)の基本情報

プロジェクト名称Hedera(ヘデラ)
トークン名称HBAR
ティッカーシンボルHBAR
開始日2019年9月
総発行枚数50,000,000,000 HBAR
承認方式Hashgraph

へデラ(Hedera/HBAR)の価格・チャート

HBARを取扱う暗号資産取引所

へデラ(Hedera/HBAR)は日本国内の暗号資産取引所にも上場しているため、そのような暗号資産取引所の口座を開設することによって日本円などで購入することができます。HBARの取引が可能な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2023年12月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
コイントレード
DMMビットコイン

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Coinbase(コインベース)
BITTREX(ビットトレックス)
OKX(オーケーエックス)
Huobi(フォビ)
Bybit(バイビット)
MEXC(エムイーエックスシー)
など

へデラ(Hedera/HBAR)対応のウォレット

へデラ(Hedera/HBAR)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
HashPack
Blade Wallet
Ledger(レジャー)

へデラ(Hedera/HBAR)関連リンク

Hedera公式サイト
Hedera公式Twitter
Hedera公式Facebook
Hedera公式Telegram
Hedera公式YouTube
Hedera公式Discord
Hedera公式Reddit
エクスプローラー①(hash-hash.info)
エクスプローラー②(app.dragonglass.me)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

福岡市「暗号資産スタートアップの資金調達手段拡大」に向け新規提案

福岡市「暗号資産スタートアップの資金調達手段拡大」に向け新規提案

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

IOTA技術で自動販売機に「ID認証システム」を統合|年齢制限付き商品販売へ

IOTA技術で自動販売機に「ID認証システム」を統合|年齢制限付き商品販売へ

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixがプレセールで1000万ドルを達成

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixがプレセールで1000万ドルを達成

日本円ステーブルコイン発行のJPYC「エンジェル税制適用企業」として認可

日本円ステーブルコイン発行のJPYC「エンジェル税制適用企業」として認可

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す