ビットコイン、2024年の半減期で「4万ドル〜5万ドル」になる可能性:PlanB氏の価格予想

by BITTIMES   

200週移動平均線をベースにBTC価格予想

ビットコイン(BTC)の価格予想で知られる著名アナリストのPlanB氏は2023年7月16日に公開したYouTube動画の中で「ビットコイン価格は2024年の半減期に4万ドル〜5万ドル(約560万円〜700万円)になる可能性がある」との予想を語りました。

半減期とは、ビットコインのマイニングで得られる報酬が半分になるタイミングのことであり、記事執筆時点の予測では2024年4月16日頃に次の半減期が訪れると予想されています。

PlanB氏は今回の動画で200週移動平均線(200WMA)を用いてビットコイン価格予想を行っており、半減期が約4年周期で訪れることから「200週移動平均を使用するのは理にかなっている」と語っています(※200週は約4年に相当)。

(画像:PlanB氏のYouTube動画から)(画像:PlanB氏のYouTube動画から

「1BTC=5万ドル」を予想する理由

ビットコインは前回の下落時に200WMAを下回っていましたが、PlanB氏現在のビットコインが200WMAを上回っていることを指摘した上で「ビットコインの下落相場は終わった」との見解を示しています。

さらに同氏は次の半減期までに残された時間がおよそ9ヶ月程度であることを説明して、200週移動平均は現在平均で月に約500ドルほど増加しているため、単純計算で「500ドル×9ヶ月=4,500ドル」の価格上昇が起きる可能性があることを語っています。

現在のビットコイン200週移動平均は2万8,000ドル弱であるため、これに4,500ドルをプラスすると半減期の200週移動平均は3万2,500ドル(約454万円)ということになります。

この計算では半減期のBTC価格が3万2,500ドルということになりますが、PlanB氏は過去のデータから実際の価格は50%ほど増加するとして「4万ドル〜5万ドル(約560万円〜700万円)」の価格予想を示しています。

2024年以降のビットコイン価格に関する予想は強気なものが多く、最近では以下のような予想が語られています。
半減期に向けた最大15倍の価格上昇予想
2024年末の目標価格は125,000ドル
2024年末に12万ドルまで上昇する可能性
AI採用で最大76万ドルになる可能性

なお、多くのアナリストは「ビットコインの半減期」を重要な節目と捉えていますが、著名アナリストのCrediBULL Crypto氏は「半減期に縛られない別のサイクル」をベースに価格予想を行った上で、"2023年内の過去最高値更新"を予想しています。

>>その他の価格予想記事はこちら

BTCを売買できる暗号資産取引所SBI VCトレードはこちらBTCを売買できる暗号資産取引所SBI VCトレードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

MicroStrategy「8,240万ドル相当のビットコイン」を追加購入

MicroStrategy「8,240万ドル相当のビットコイン」を追加購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance NFT「Polygonネットワークのサポート終了」を発表

Binance NFT「Polygonネットワークのサポート終了」を発表

金融庁:2024年度の税制改正要望を公開「暗号資産の法人税」に関する内容も

金融庁:2024年度の税制改正要望を公開「暗号資産の法人税」に関する内容も

エアドロップで無料配布された暗号資産に「税金」はかかるのか?注意点などを紹介

エアドロップで無料配布された暗号資産に「税金」はかかるのか?注意点などを紹介

BlackRock「ビットコインマイニング大手4社への投資」が判明

BlackRock「ビットコインマイニング大手4社への投資」が判明

米SEC:現物ビットコインETF全ての判断を延期|BTCは全戻し状態に

米SEC:現物ビットコインETF全ての判断を延期|BTCは全戻し状態に

Ponta関連のWeb3プロジェクト「Avalancheサブネット」を採用

Ponta関連のWeb3プロジェクト「Avalancheサブネット」を採用

【日本初】実在する公園に命名できる「命名権NFT」販売へ:山形県西川町×HEXA

【日本初】実在する公園に命名できる「命名権NFT」販売へ:山形県西川町×HEXA

SHIBUYA109:Web3メタバース「The Sandbox」で期間限定イベント|ミニゲーム等の体験コンテンツ展開

SHIBUYA109:Web3メタバース「The Sandbox」で期間限定イベント|ミニゲーム等の体験コンテンツ展開

Chat GPTの創立者サム・アルトマンがワールドコインを解き放つ|柴ミーム(Shiba Memu)との比較と解説

Chat GPTの創立者サム・アルトマンがワールドコインを解き放つ|柴ミーム(Shiba Memu)との比較と解説

シバイヌ:1週間で約5億7,000万SHIBをバーン「Robinhood大量保有」の報告も

シバイヌ:1週間で約5億7,000万SHIBをバーン「Robinhood大量保有」の報告も

2023年9月:投資先として注目されている5つの仮想通貨

2023年9月:投資先として注目されている5つの仮想通貨

新たに誕生したミームコイン「Shiba Memu」8週間で245万ドルの資金調達

新たに誕生したミームコイン「Shiba Memu」8週間で245万ドルの資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所などNEW

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

人気のタグから探す