Shiba Inu「BONEのコントラクト放棄」に関する詳細を発表|詐欺に関する注意喚起も

by BITTIMES   

「BONEのコントラクト放棄」に関する詳細を発表

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の開発者であるKaal Dhairya氏は2023年9月16日にSHIB公式ブログを更新し、今後の取り組みの1つとされていた「BONEのコントラクト放棄」に関する詳細を発表しました。

コントラクトの放棄とは?

コントラクトの放棄とは、ブロックチェーン上で動作するスマートコントラクト(契約)の制御権や管理権を放棄するプロセスのことであり、開発者の不正行為に対処するための重要なプロセスと判断されています。

コントラクトの制御権が放棄されると、そのコントラクトに関連する操作や変更ができなくなるため、その後はコントラクトが固定されて変更されることがない状態で利用されるようになります。

仮想通貨業界では、コントラクトを書き換えてトークンを増刷したり、不正な手数料を設定したりして資金を奪うような詐欺行為も行われているため、セキュリティや信頼性の観点から「コントラクトの所有権・制御権を放棄する」というプロセスは重要視されています。

BONEのコントラクト放棄の重要性

今回の発表では、分散型取引所「ShibaSwap」や話題のレイヤー2「Shibarium」で使用される仮想通貨BONEのコントラクト放棄に関する詳細が発表されています。

BONEのコントラクトの制御権や管理権が放棄されると、BONEでも不正な操作や変更ができなくなるため、詐欺防止やセキュリティ強化の観点から重要なものとなっています。

また、コントラクトの放棄は「BINANCE」のような大手暗号資産取引所にトークン上場させるために重要な要素の1つであるとのことで、BONEの上場を促進するためにも"コントラクトの放棄"は重要であると報告されています。

コントラクト放棄が遅延している理由

シバイヌの主任開発者であるShytoshi Kusama氏は2023年8月に「BONEのコントラクトを放棄すること」を約束していましたが、その後はこれに関する大きな発表が行われていなかったため、一部では不満の声が上がっていました。

今回公開された記事によると、この遅延は"投資家保護のために導入されたBONEの初期設計"に関連しているとのことで「分散化されたマルチシグウォレットによって管理されるタイムロック契約を追加したことなどによって、残りのBONEを鋳造し、BONEの所有権を放棄する複雑さがさらに増した」と説明されています。

コントラクト放棄が複雑であることから、今後も徹底的なテストが実施されるとのことで、「このプロセスは既に開始されているが、慎重に行う必要があるため、時間がかかるだろう」とも説明されています。

コントラクト放棄の手順と注意点

今回の発表では、コントラクト放棄の手順についての説明も行われており、新しい流動性プールの作成などを含む合計12のステップが説明されています。

プロセスの中では「Calcium」と呼ばれるダミートークンを作成することも説明されていますが、これに関しては「このトークンはBONEを鋳造して放棄するための特別な目的のためだけに作成されるものであるため、もし誰かがこのトークンを販売している場合は"詐欺"と考えるように」との注意喚起も行われています。

なお、SHIBの今後の予定についてはSHIBチームのLUCIE氏が12日に投稿したポストの中でも説明されており、この時の投稿では今後の展開として「BONEのコントラクト放棄・ShibaSwap 2.0・TREAT・Shibahub・メタバース」という5つの取り組みが挙げられていました。

最近では「Shibariumを活用したバーガーフランチャイズ展開」に関する続報なども発表されているため、今後の新たな取り組みや発表にも注目です。

>>シバイヌ関連の最新記事はこちら

SHIB公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

Everdome:BNB Chain特化の暗号資産メディア「BSC News」と提携

Everdome:BNB Chain特化の暗号資産メディア「BSC News」と提携

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

注目度の高い仮想通貨ニュース

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン大量売却の懸念|5年半休眠状態のクジラが「8,000 BTC」を取引所に移動

ビットコイン大量売却の懸念|5年半休眠状態のクジラが「8,000 BTC」を取引所に移動

バチカン教皇庁図書館「特別なNFTを付与するWeb3支援プロジェクト」イタリアで展開

バチカン教皇庁図書館「特別なNFTを付与するWeb3支援プロジェクト」イタリアで展開

BINANCE CEOのビットコイン価格予想|2024年末までに「80,000ドル」を超える?

BINANCE CEOのビットコイン価格予想|2024年末までに「80,000ドル」を超える?

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す