億万長者のマーク・キューバン氏「約1.28億円相当の暗号資産」盗まれる|被害の原因は?

by BITTIMES

ETH・USDC・MATICなどが流出

NBAダラス・マーベリックスのオーナーを務めている億万長者のマーク・キューバン氏が、フィッシング詐欺で87万ドル(約1億2,800万円)相当の暗号資産を盗まれたことが複数の報告で明らかになりました。

マーク・キューバン氏のウォレットから暗号資産が盗まれたことは、オンチェーン探偵のWazz(@WazzCrypto)によって2023年9月16日に報告されていましたが、その後は「DLNews」が"マーク・キューバン氏がハッキング被害に遭ったことを認めた"と報じています。

今回のフィッシング詐欺では、記事執筆時点で約120万円に相当する「5 ETH」が盗まれた他、「USDC・MATIC・stETH」などの暗号資産に加えて「SuperRare・Ethereum Name Service」などに関連する様々なトークンも被害に含まれていると報告されています。

DLNewsによると、合計10種類の暗号資産が盗まれたとのことで、合計被害額は約87万ドル(約1億2,800万円)にのぼるとされています。

暗号資産盗難の原因は「偽アプリのダウンロード」

報告によると、マーク・キューバン氏の暗号資産が盗まれた原因は「悪意のある偽物のメタマスクウォレットをダウンロードしてしまったこと」にあると伝えられています。

MetaMask(メタマスク)は仮想通貨業界で広く利用されている代表的な仮想通貨ウォレットですが、現在はユーザーの機密情報や暗号資産を盗み取ろうとする"偽物のバージョン"が複数リリースされています。

そのような偽のウォレットアプリは、アプリをダウンロードしたユーザーに「秘密鍵」や「シードフレーズ」などを入力させて、対象者のウォレットから暗号資産を盗み出します(秘密鍵などを入手するとそのウォレットの資産を送金することが可能になります)。

マーク・キューバン氏は200万ドル(約2億9,500万円)相当の暗号資産を「Coinbase Custody」と呼ばれる保管サービスに移動させることによって被害の拡大を防ぐことに成功したとのことですが、それまでに間に87万ドル相当の暗号資産を盗まれてしまったとのことです。

偽アプリやフィッシングサイトを通じて仮想通貨を騙し取る詐欺の被害は増加しており、先月末には「米麻薬取締局がアドレスポイズニング詐欺の被害に遭ったこと」も報告されています。

このような詐欺の被害は仮想通貨に詳しい人々の間でも発生しており、最近では「Discordの隠しリンク機能を悪用した詐欺」などの注意喚起も行われているため、仮想通貨を利用している方は常に注意・警戒しておくことが重要です。

>>詐欺関連の最新記事はこちら

DLNews報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MetaMask「PayPal用いたETH購入機能」米国全土のユーザー向けに提供

MetaMask「PayPal用いたETH購入機能」米国全土のユーザー向けに提供

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

暗号通貨ハードウォレットがAmazonベストセラー8位に!!「業界初の快挙」

暗号通貨ハードウォレットがAmazonベストセラー8位に!!「業界初の快挙」

Luna Classic(LUNC)価格急騰で注目集まる|回復の理由は?

Luna Classic(LUNC)価格急騰で注目集まる|回復の理由は?

自民党:Web3.0時代に向けたNFT戦略の「ホワイトペーパー案」公開

自民党:Web3.0時代に向けたNFT戦略の「ホワイトペーパー案」公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Google:一部の「NFTゲーム広告」を許可|暗号資産関連のポリシーを更新

Google:一部の「NFTゲーム広告」を許可|暗号資産関連のポリシーを更新

イーサリアム共同創設者「Xアカウント乗っ取り」の餌食に|1億円以上の被害報告も

イーサリアム共同創設者「Xアカウント乗っ取り」の餌食に|1億円以上の被害報告も

JPYC:アート・NFTの分散型保有プラットフォーム「STRAYM」と提携

JPYC:アート・NFTの分散型保有プラットフォーム「STRAYM」と提携

ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

Shibarium:合計トランザクション数が「200万」を突破|毎日の取引量も増加中

Shibarium:合計トランザクション数が「200万」を突破|毎日の取引量も増加中

シバイヌ:1週間で約5億7,000万SHIBをバーン「Robinhood大量保有」の報告も

シバイヌ:1週間で約5億7,000万SHIBをバーン「Robinhood大量保有」の報告も

チャンサーとリップル:XRP価格予測は分散型ベッティングにどのような利益をもたらすか?

チャンサーとリップル:XRP価格予測は分散型ベッティングにどのような利益をもたらすか?

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年9月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年9月17日〜23日

霜降り明星・粗品さん、ブロックチェーンゲーム「Eternal Crypt - Wizardry BC -」のアンバサダーに就任

霜降り明星・粗品さん、ブロックチェーンゲーム「Eternal Crypt - Wizardry BC -」のアンバサダーに就任

FTXが保有する暗号資産が判明|売却への懸念で短期的な価格下落も

FTXが保有する暗号資産が判明|売却への懸念で短期的な価格下落も

2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す