Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

by BITTIMES

チャンネル所有者に「広告収益の50%」を分配

ロシア発の無料メッセージアプリTelegram(テレグラム)のCEOであるPavel Durov氏は2024年2月28日に、仮想通貨トンコイン(TON)を用いた広告収益分配機能「Telegram Ad Platform」を100カ国で導入することを発表しました。

「Telegram Ad Platform」は2024年3月から全ての広告主向けに公開されるとのことで、これによってテレグラムのチャンネル所有者はトンコイン(TON)で報酬を受け取ることができるようになると伝えられています。

対象地域のチャンネル所有者はチャンネル内に広告を表示することによって「Telegramが得た収益の50%」を受け取ることが可能で、『FragmentにおけるTelegramユーザー名と同じようなアプローチで広告を販売し、トンコインでチャンネル所有者に収益を分配する』と説明されています。

🤑来月、Telegramのチャンネル所有者は、自分の仕事から金銭的報酬を受け取り始めることができるようになります。

Telegramのブロードキャストチャンネルは毎月1兆回の視聴を生み出します。現在、プライバシーを考慮して設計されたプロモーションツールである「Telegram Ads」で収益化されているのはこれらの視聴のうちの10%のみです。

3月には「Telegram Ad Platform」が新たに100か国すべての広告主向けに正式オープンします。これらの国のチャンネル所有者は、チャンネル内に広告を表示することでTelegramが得た収益の50%を受け取り始めることができるようになります。

広告の支払いと出金を迅速かつ安全に行うために、当社はTONブロックチェーンを独占的に使用します。FragmentにおけるTelegramユーザー名と同じようなアプローチで広告を販売し、トンコインでチャンネル所有者に収益を分配します。これにより、コンテンツ作成者がトンコインを現金化するか、チャンネルのプロモーションやアップグレードに再投資できるという好循環が生まれます。

TON価格は一時的に「37%」急騰

トンコイン(TON)の価格は今回の発表を受けて37%ほど急騰しており、2.15ドル(約323円)だった価格は一時的に2.95ドル(約443円)まで上昇しています。

なお、トンコイン(TON)は日本の暗号資産取引所である「ビットポイント」にも上場しています。

2024年2月13日〜2024年2月29日 TON/USDの3時間足チャート(画像:TradingView)2024年2月13日〜2024年2月29日 TON/USDの3時間足チャート(画像:TradingView)

>>TON関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

インドで「暗号資産禁止の可能性」再び|新たな法案提出

インドで「暗号資産禁止の可能性」再び|新たな法案提出

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す