ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

by BITTIMES

ブロックチェーン技術は品質保証にも大きく貢献することができます。中国で初めてのオンライン保険会社として注目されている「衆安保険(Zhong An Online)」の子会社「衆安科技(ZhongAn Technology)」は、76万個ものダイヤモンドの色や原産国などの情報を独自のBlockchain上に記録することによって、あらゆるプロセスを追跡できる方法で管理していることを明らかにしました。

こちらから読む:ダイヤモンドの情報を記録するブロックチェーンの仕組みとは?

衆安科技は、「このプロジェクトは高級品業界でのトレーサビリティを高めるために立ち上げられた」と説明しています。この製品はダイヤモンドのオンライン取引会社である「Ediams」と衆安が共同設立した新しい子会社「Diamsledger」を通じて販売されています。

衆安独自のブロックチェーンネットワーク上に構築され、同社のクラウド・プラットフォーム「Anlink」でホストされているこのアプリケーションは、
・ダイヤモンド販売業者
・加工会社
・税関
・ロジスティクス企業
・取引センター
などのダイヤモンド・サプライチェーン上の選ばれた関係者を対象に展開されます。

同社は最終的な目標について、『製造の段階から実際に顧客の元に届くまでの、ダイヤモンドに関するあらゆる情報の追跡が可能な"透明性の高い台帳"を分散型ネットワーク上で提供すること』だと説明しています。

このシステムは、GIA、NGTC、HRDといった以前から利用されていたダイヤモンドの証明書と並行して使用することもできるとのことで、購入者はダイヤモンドの証明書番号を入力することによって「Diamsledger」のポータルからすべての情報を確認することができます。

DiamsledgerのZhang Yongwen(チャン・ヤンウェン)CEOは、「7月中旬までに760,000個のダイヤモンドの情報がAnlinkにアップロードされた」と述べており、「このアプリケーションは、主に色や原産地といったダイヤモンドの物理的な情報を記録する従来の証明書とともに二重保証を提供する」と説明しています。

衆安はこれまでにも食品サプライチェーンの追跡や記録のためのブロックチェーンアプリケーションや、海賊版の作成といった著作権侵害などからメディアを保護するために設計されたブロックチェーンソリューションの特許出願なども行なっています。

ブロックチェーン技術は、様々な商品やコンテンツを管理・追跡することが可能であり、そのような活用事例では特に魅力的な技術であることを実感することができます。このような利点を活用しているプロジェクトはすでに数多く存在しており、ダイヤモンドなどの宝飾品だけでなく、食品やブランド物のバック、画像や動画などのデータなどのような様々なものを安全に管理するためにも活用されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

イスラエルのブロックチェーン・仮想通貨関連企業「過去2年で約3倍」に増加

イスラエルのブロックチェーン・仮想通貨関連企業「過去2年で約3倍」に増加

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す