ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

by BITTIMES

ブロックチェーン技術は品質保証にも大きく貢献することができます。中国で初めてのオンライン保険会社として注目されている「衆安保険(Zhong An Online)」の子会社「衆安科技(ZhongAn Technology)」は、76万個ものダイヤモンドの色や原産国などの情報を独自のBlockchain上に記録することによって、あらゆるプロセスを追跡できる方法で管理していることを明らかにしました。

こちらから読む:ダイヤモンドの情報を記録するブロックチェーンの仕組みとは?

衆安科技は、「このプロジェクトは高級品業界でのトレーサビリティを高めるために立ち上げられた」と説明しています。この製品はダイヤモンドのオンライン取引会社である「Ediams」と衆安が共同設立した新しい子会社「Diamsledger」を通じて販売されています。

衆安独自のブロックチェーンネットワーク上に構築され、同社のクラウド・プラットフォーム「Anlink」でホストされているこのアプリケーションは、
・ダイヤモンド販売業者
・加工会社
・税関
・ロジスティクス企業
・取引センター
などのダイヤモンド・サプライチェーン上の選ばれた関係者を対象に展開されます。

同社は最終的な目標について、『製造の段階から実際に顧客の元に届くまでの、ダイヤモンドに関するあらゆる情報の追跡が可能な"透明性の高い台帳"を分散型ネットワーク上で提供すること』だと説明しています。

このシステムは、GIA、NGTC、HRDといった以前から利用されていたダイヤモンドの証明書と並行して使用することもできるとのことで、購入者はダイヤモンドの証明書番号を入力することによって「Diamsledger」のポータルからすべての情報を確認することができます。

DiamsledgerのZhang Yongwen(チャン・ヤンウェン)CEOは、「7月中旬までに760,000個のダイヤモンドの情報がAnlinkにアップロードされた」と述べており、「このアプリケーションは、主に色や原産地といったダイヤモンドの物理的な情報を記録する従来の証明書とともに二重保証を提供する」と説明しています。

衆安はこれまでにも食品サプライチェーンの追跡や記録のためのブロックチェーンアプリケーションや、海賊版の作成といった著作権侵害などからメディアを保護するために設計されたブロックチェーンソリューションの特許出願なども行なっています。

ブロックチェーン技術は、様々な商品やコンテンツを管理・追跡することが可能であり、そのような活用事例では特に魅力的な技術であることを実感することができます。このような利点を活用しているプロジェクトはすでに数多く存在しており、ダイヤモンドなどの宝飾品だけでなく、食品やブランド物のバック、画像や動画などのデータなどのような様々なものを安全に管理するためにも活用されています。

ブロックチェーンで商品管理を行なっているその他のプロジェクトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

ゲーム大手EAのCEO「NFTやPlay-to-Earnの採用」に前向き姿勢

ゲーム大手EAのCEO「NFTやPlay-to-Earnの採用」に前向き姿勢

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す