【重要】仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のハードフォークに伴うお知らせ|bitFlyer

by BITTIMES

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号通貨リスク(LSK)の「Lisk Core 1.0.0」へのアップデートに伴うメインネットへの移行に合わせて、日本時間2018年8月29日18:00以降に予定されているブロックチェーンのハードフォーク前後約24時間(合計48時間)の期間で『LSKの入出金サービス』を一時的に停止することを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは?基本情報と関連記事

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)は、リスク・ブロックチェーンのハードフォークを予定しています。今回のハードフォークは「Lisk Core 1.0.0」へのアップデートに伴う新たなAPIへの対応やトランザクションのフォーマット変更を目的としており、日本時間2018年8月29日18:00以降に到達するとされる6,901,027ブロックで行われる予定となっています。

bitFlyerでは、ハードフォーク前後の約24時間(合計48時間)に渡って『LSKのお預入・ご送付』のサービスを一時的に停止します。

停止期間中に外部からbiFlyerのアカウントに送金されたLSKが、ブロックチェーンの安定性などの問題によってビットフライヤー側で確認できなかった場合には、『反映には対応できない』と発表されているため注意が必要です。

なお、同社の暗号通貨販売サービスである『アルトコイン販売所』における、LSK/JPYの売買サービスは通常通り稼働するとのことです。

bitFlyerは金融庁からの業務改善命令を受けて、現在は新規ユーザーからの新規登録の受付を停止しています。まだビットフライヤーに登録しておらず、LISKの取引を希望される方は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などでもLSKの取引を行うことができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Theta Labs:分散型取引所(DEX)「ThetaSwap(シータスワップ)」公開

Theta Labs:分散型取引所(DEX)「ThetaSwap(シータスワップ)」公開

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

カルダノ基盤のSUNDAEトークン「CoinEx」で取引可能に|暗号資産取引所への上場続く

カルダノ基盤のSUNDAEトークン「CoinEx」で取引可能に|暗号資産取引所への上場続く

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説