ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

by BITTIMES

ビットコインによる大学の授業料支払いの受付をドイツ・ベルリンにある欧州経営大学「 The European School of Management and Technology (以下:ESMT)」が開始しました。

大学の授業料のビットコインによる受付はドイツ初の出来事であり、ESMTのCFO(最高財務責任者)であるGeorg Garlichs(ゲオルク・ガーリックス)氏は、以下のように述べています。

「ESMTは、革新的で将来を作るビジネス・スクールです。ビットコインを日常的に支払い方法として採用することはデジタル化が進んで行く上で論理的な帰結です。」
「また、ビットコインによる支払いは信頼できる銀行が存在しない国の学生にとって非常に有益をもたらします。ビットコインを使用すれば即時・実質無料で送金が可能です。」

同大学のブロックチェーン専門家であるChristoph Burger(クリストフ・バーガー)氏は以下のように語っています。

「ブロックチェーンはあらゆる取引コストを削減し、安全なP2P市場を提供するだけでなく個人データを活用した個別マーケティングも促進します。ビックデータの時代にデータの利用者と交渉する際に、データ所有者にとってより良い立場を提供すること機能です。」

ESMTは、シーメンスおよびビッグフォー監査人KPMGを含む25の有力グローバル企業および機関によって設立されました。
インターナショナル・ビジネススクールとして、フルタイムのMBA、エグゼクティブMBA、マネージメント・マスターなどの教育プログラムを提供しています。

ビットコイン(BTC)による授業料の受付

世界各地の先進的な大学では、ビットコインによる支払い受付を開始したり、そもそも暗号通貨・ブロックチェーン関連の授業コースを開始している。
これらの傾向はキプロスのUniversity of Nicosia(ニコシア大学)によって作られました。ビットコインでの授業料の受け入れを開始させている大学・学部には他にも

  • Simon Fraser University(サイモンフレーザー大学・カナダ)
  • Universidad de las Américas(アメリカプエブラ大学・メキシコ)
  • The King’s College New York(キングズカレッジ・ニューヨーク)
  • The University of Cumbria,(カンブリア大学・イギリス)
  • Faculty of Informatics and Management Paulista(パウリスタ情報学部学部・ブラジル)
など、すでに複数存在しています。

またトップクラスの大学では、2014年から暗号化技術とブロックチェーン関連のオンライン受講コースを提供を開始している。(ニューヨーク大学、デューク大学、プリンストン、MIT 、スタンフォード大学)
今年の 6月にケンブリッジ大学経済歴史家の Garrick Hileman(ギャーリック・ハイルマン氏)は、ブロックチェーンに対する企業の異常なほどの関心を下記のように述べている。

私は 2年以上にわたって、ブロックチェーンを詳しく知りたい企業からの“異常な”関心を見てきました。私はビットコインと他の仮想通貨について、非公式に企業の幹部を教えるために呼び出されました。

このように、すでにビットコインは個人だけではなく企業・大学をも巻き込み、膨大な数の人々がこの革新的な通貨技術を理解しようとしています。
日本にブロックチェーンの研究機関が正式に作られるのは一体いつになるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ウエストバージニア州:ブロックチェーンを用いた「選挙投票アプリ」の使用を開始

ウエストバージニア州:ブロックチェーンを用いた「選挙投票アプリ」の使用を開始

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

仮想通貨女子が倍増?ミレニアル世代の女性投資家に注目

仮想通貨女子が倍増?ミレニアル世代の女性投資家に注目

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

ハワイ:仮想通貨払いを要求する詐欺行為が蔓延|被害者を増やす犯人の手口とは

ハワイ:仮想通貨払いを要求する詐欺行為が蔓延|被害者を増やす犯人の手口とは

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル:国際送金ネットワーク開発をさらに強化|Google製品開発責任者を雇用

リップル:国際送金ネットワーク開発をさらに強化|Google製品開発責任者を雇用

仮想通貨取引所BINANCE:モバイル端末向けアプリに「プッシュ通知機能」搭載へ

仮想通貨取引所BINANCE:モバイル端末向けアプリに「プッシュ通知機能」搭載へ

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

ビットコイン裏付けステーブルコイン「Wrapped Bitcoin/WBTC」を発表 ー BitGo

ビットコイン裏付けステーブルコイン「Wrapped Bitcoin/WBTC」を発表 ー BitGo

MIT・Mastecardが支援する国際送金サービスが「xRapid」導入|RippleNetさらに拡大へ

MIT・Mastecardが支援する国際送金サービスが「xRapid」導入|RippleNetさらに拡大へ

ライトコイン(LTC)が「Facebook Messenger」で利用可能に|Lite.IM

ライトコイン(LTC)が「Facebook Messenger」で利用可能に|Lite.IM

bitbank:ビットコインキャッシュ(BCH)取引高ランキングで「国内1位」獲得

bitbank:ビットコインキャッシュ(BCH)取引高ランキングで「国内1位」獲得

中国小売大手JD.com「ブロックチェーン研究所」を新たに開設|産業への応用促進

中国小売大手JD.com「ブロックチェーン研究所」を新たに開設|産業への応用促進

ブロックチェーン技術で「銀行間送金システム」実証へ|全銀ネットが富士通などと協力

ブロックチェーン技術で「銀行間送金システム」実証へ|全銀ネットが富士通などと協力

BaseFEX:第二回ベータテストにも「20BTC」を提供

BaseFEX:第二回ベータテストにも「20BTC」を提供

SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

人気のタグから探す