チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の開発者でありながら、イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者でもあるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、億万長者として知られるMpho Dagada氏との会話の中で『Ethereumが成功するとは思わなかった』と語り、チームを離れた理由などについて詳しく説明しました。

こちらから読む:Ethereum共同設立者が手がける仮想通貨「CARDANO/ADA」

Ethereum財団の問題点

ethereum

ホスキンソン氏は『なぜイーサリアムから離れることを決定したのか?』という質問を受けた際に、その答えとして具体的な例をあげながら「Ethereum」に勤めていた時の経験を語り、財団を離れた理由について説明しました。

彼はイーサリアム財団には厳格な企業構造と規律の欠如があったと述べており、非常に多くの"わがまま"が作り出した問題があったと説明しています。

もしあなたが報酬を"前払い"をした場合には、その人たちが"一生懸命働く"と期待すべきではありません。

たとえばあなたが電気技師を雇って「私の家を再配線してくれ」と頼み、その工賃を全て先に支払った場合には、その人は水曜日から仕事をするかもしれませんよね。

その時あなたは何ができますか?あなたはすでにその人にお金を支払っています。

作業を終えた後に"結果"に対して報酬を支払えば、それはその人が良い仕事をするための動機になります。

営利団体 or 非営利団体

vs

ホスキンソン氏は、イーサリアム財団が『当初は2つのグループに分かれていた』と説明しています。彼はそれらのグループについて、
・一つは「ビジネスグループ」
・もう一つは「技術者グループ」
だったと述べています。

彼らのチームはプロジェクトの構築方法を決定する必要がありました。
そのための方法として彼らには、
「Crypto-Google」と呼ばれる営利企業
「Crypto-Mozilla」と呼ばれる非営利企業
という2つの選択肢があったといいます。

この2つの選択肢はイーサリアム財団を苦しめる重要な問題へと発展し、
ビジネス側は「Crypto-Google」
技術者側は「Crypto-Mozilla」
を支持していたとのことです。

しかしホスキンソン氏は「プロジェクトに適切な企業構造がないこと」が主な懸念点だと説明しています。これはプロジェクトの公開前に全資本を焼失することにつながり、多くの問題を引き起こしていた可能性があります。

この後、Ethereumの共同設立者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が電話をかけて、Ethereumは非営利団体「Crypto-Mozilla」であると宣言しました。

仮想通貨業界でやり残したこと

Charles-Hoskinson

ホスキンソン氏は「BitShares」と「Ethereum」で素晴らしい経験をしていないことに不満を感じていました。彼は「仮想通貨業界に戻ってくる」のか「違う道を歩むのか」を真剣に悩んでいたことを明かしました。

しかしその後に彼は、『仮想通貨業界でやるべきことがまだ残っていることに気がついた』と説明しています。

あの時、自分にしたいこと(やるべきこと)が残っていることに気付きました。
私はもう一つのベンチャーに挑んでいますが、もしできるのであれば私のやり方でやるつもりです。

100%私の哲学なので、良くも悪くも私たちはそれが正しかったのかどうかを見ることになるでしょう。

2015年にホスキンソン氏は、Ethereumで一緒に働いていたJeremy Wood(ジェレミー・ウッド)氏と共にInput Output Hong Kong(IOHK)を設立しました。

その後、彼らは日本で契約を結び「CARDANO」が誕生しました。当初2人だった彼らのチームは、現在16カ国で160人以上にものぼっており、世界中の様々な地域で愛されています。

CARDANO(ADA)の価格|2018年9月19日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)は、2018年9月12日と18日に6円台に迫るところまで下落していましたが、9月19日の時点では回復しており、1ADA=約8円近くで取引されています。

Ethereum(ETH)の価格|2018年9月19日

イーサリアム(Ethereum/ETH)も同様に、2018年9月12日と18日に下落しており、12日の時点では18,000円台の価格を記録していましたが、こちらもその後は徐々に回復し、9月19日の時点では1ETH=約24,000円近くで取引されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

Hashtoro(ハッシュトロ):需要の高まりによりBTCマイニング契約に制限

Hashtoro(ハッシュトロ):需要の高まりによりBTCマイニング契約に制限

イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

ICO(Initial coin offering・クラウドセール)とは?

ICO(Initial coin offering・クラウドセール)とは?

BINANCE(バイナンス)がADA・TRX・NEOの「新たな通貨ペア」を追加

BINANCE(バイナンス)がADA・TRX・NEOの「新たな通貨ペア」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

BINANCE CEO:リップル(XRP)を「基軸通貨」として取り扱うことを発表

BINANCE CEO:リップル(XRP)を「基軸通貨」として取り扱うことを発表

仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

【鹿児島県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【鹿児島県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

仮想通貨市場を牽引する「注目すべき」プロジェクトリーダーたち

仮想通貨市場を牽引する「注目すべき」プロジェクトリーダーたち

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す