ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

by BITTIMES   

アメリカ・サンフランシスコに本拠を構える仮想通貨取引所「OKCoin(オーケーコイン)」は、新しくADA、ZEC、XRP、XLM、ZRXを取り扱いリストに追加したことを発表しました。これらの暗号通貨(Cryptocurrency)は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、米ドル(USD)との間で取引を行うことができます。

こちらから読む:OKCoinに上場した「CARDANO/ADA」の基本情報

OKCoin(オーケーコイン)とは

okcoin-logo

OKCoin(オーケーコイン)とは、アメリカ・サンフランシスコに本拠を置く仮想通貨取引所です。2013年に設立されており、中国の大手仮想通貨取引所「OKEx」が中国以外の地域向けに取引サービスを提供する仮想通貨取引所となっています。

取引手数料は、ユーザーの取引量に応じて手数料が変動する仕組みを取り入れており、2018年9月21日の時点では、メーカー手数料が「0.05%」、テイカー手数料が「0.15%」となっています。毎日の取引量が増えるにつれてここからさらに安くなっていくことになります。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・米ドル(USD)
を基軸通貨として取り扱っており、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
などの主要な仮想通貨との取引ができるようになっています。

今回新たに追加された仮想通貨は、
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
リップル(Ripple/XRP)
ステラ(Stellar/XLM)
・ゼロエックス(0x/ZRX)
の5種類となっており、BTC、ETH、USDとの取引ができるようになっています。

「OKCoin」は、OKExが支えていることもあるためすでに高い信頼を獲得しており、着々と事業規模を拡大してきています。最近ではアメリカのアラスカ州、アイダホ州、アリゾナ州、コロラド州などの20州でも新たにサービスを開始しており、順調に成長しています。

今回取り扱いが開始となった5種類の仮想通貨も、これからさらに取引量が増加していくことになることが予想されます。ADAやXRPなどの仮想通貨はここ最近でより多くの地域や団体で受け入れられているため、これらの仮想通貨の今後の動きにもさらに注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

Gemini×マスターカード「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

Gemini×マスターカード「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

伝説の投資家バフェット氏「仮想通貨は保有していない」と強調|批判的意見変わらず

伝説の投資家バフェット氏「仮想通貨は保有していない」と強調|批判的意見変わらず

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

ロシア:政府職員に「暗号資産の保有状況報告」を義務付け

ロシア:政府職員に「暗号資産の保有状況報告」を義務付け

GMOコイン「外国為替FX」提供へ|先着5万名限定のキャンペーンも開催

GMOコイン「外国為替FX」提供へ|先着5万名限定のキャンペーンも開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す