ドイツ初の「ブロックチェーン銀行口座」開設へ ー BitwalaとSolarisBankが提携

by BITTIMES

ドイツのブロックチェーンスタートアップである「Bitwala(ビットワラ)」は、ベルリンに本社を構える「solarisBank(ソラリスバンク)」と提携し、同国初の「Blockchain銀行口座」を立ち上げることを発表しました。これにより同社の顧客は、単一の口座の中でビットコイン(BTC)とユーロ(EUR)の直接的な取引を行うことができるようになります。

こちらから読む:BMWやポルシェも ー ブロックチェーン先進国「ドイツ」

SolarisBank(ソラリス銀行)とは

SolarisBank-logo

SolarisBank(ソラリス銀行)は、2016年にドイツ・ベルリンに設立されたフィンテック企業です。銀行口座、電子マネー、クレジットカード、決済、融資などを含めたAPIプラットフォームを運営しており、ドイツにおける「銀行免許」も取得しています。

ソラリス銀行のサービスを利用する企業顧客は、同社のプラットフォームを通じて消費者にバンキングサービスを提供することができます。ソラリス銀行は以前にSBIからの出資も受けており、世界で初めて「APIバンキング・プラットフォーム」を立ち上げた企業とも言われています。

ブロックチェーンで「ビットコインとユーロ」を一括管理

bitcoin-blockchain

Bitwala(ビットワラ)は、今回のパートナーシップを結んだことによって「solarisBank」の銀行ライセンスを使用して銀行サービスを提供できるようになります。同社は、同じ銀行口座内でユーロ(EUR)とビットコイン(BTC)の両方を管理することができるプラットフォームを今年の11月に開始する予定となっています。

このプラットフォームが開始されることによって、ユーザーは法定通貨関連のサービスを利用できるだけでなく、仮想通貨も直接取引することができるようになり、高い流動性を備えたスムーズな取引が可能になると期待されています。

同社は先月の資金調達で400万ユーロ(約5億2,000万円)もの資金を調達しており、すでに35,000人のユーザーが事前登録を行なっていると伝えられています。

Bitwalaのユーザーは、
・デビットカードの利用
・定期的な支払いの簡単な管理
・SEPAデビットとクレジットカードの取引
・Bitwalaアカウントでの給与の受け取り
・家賃の支払い
といった、様々な目的でこれらのサービスを利用することができるようになると言われています。

「Bitwala」の広報担当者であるRoman Kessler(ローマン・ケスラー)氏は、同社は"銀行"ではなく「ブロックチェーン・バンキング・サービス」であると強調しており、Bitwalaは"ブロックチェーンを基盤とした銀行"としての地位を確立することを望んでおり、来年には独自の銀行業務免許を取得することを目指していると説明しています。

信頼できる「ブロックチェーン・バンキング・サービス」

btcmerit

Bitwalaは今年の1月に「Visa Europe」が突然デビットカードの発行者の講座を閉鎖した際に影響を受けたブロックチェーン企業の一つでもありますが、ソラリス銀行との提携によって「Bitwala」がこれまでに経験してきた規制上の問題を回避することができます。

Bitwalaの社長であるJörg von Minckwitz(ジョエル・フォン・ミンクウィッツ)氏は、声明の中で次のように述べています。

当社は、新しいサービスを発売するにあたって「solarisBank」と提携できることを誇りに思っています。彼らが提供する技術サービスと規制関連の解決策によって、Bitwalaはドイツにおける銀行業務の要件に準拠した上で、信頼できる製品やユーザー体験を提供することができます。

ケスラー氏は「SolarisBank」について『全ての企業が簡単に「プラグイン」として利用できるAPIを提供している素晴らしい技術プラットフォームである』と説明しており、銀行に関連する規制の問題を解決できる面にも賞賛を送っています。

Bitwalaはすでに、スペインを本拠地とする銀行グループである「BBVA」や、カードプロバイダである「Visa」などの有力なパートナーを持っています。今回「SolarisBank」と提携したことによって、Bitwalaは「ブロックチェーン・バンキング・サービス」として大きく成長していくことになるでしょう。

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

【FINNEY™】の基本情報・特徴・購入方法を解説|SIRIN LABS製ブロックチェーンスマホ

【FINNEY™】の基本情報・特徴・購入方法を解説|SIRIN LABS製ブロックチェーンスマホ

チューリッヒ保険会社:ブロックチェーン技術で「債券管理」ー Accentureと共同開発

チューリッヒ保険会社:ブロックチェーン技術で「債券管理」ー Accentureと共同開発

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

コインチェック:貸仮想通貨サービスに「180日間(年率4.0%)」プランを追加

コインチェック:貸仮想通貨サービスに「180日間(年率4.0%)」プランを追加

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

Cardanoブロックチェーン基盤の追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」公開

Cardanoブロックチェーン基盤の追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」公開

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す