Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用した広告フレームワークを提供している「テルニオ(Ternio/TERN)」と、BMW、IKEA(イケア)、Land Rover(ランドローバー)などを顧客に持つマーケティング会社「Scoota(スクータ)」が提携したことが明らかになりました。これによりScootaのサービスを利用する数々の大手企業は、詐欺行為や無駄を排除し、低コストかつ透明性の高い広告を実現することができます。

こちらから読む:世界中の企業に浸透する「ブロックチェーン」基本的な仕組み

テルニオ(Ternio/TERN)とは

TERNIO-logo

テルニオ(Ternio/TERN)は、1秒間に100万件を超えるトランザクションを処理することができるスケーラブルで分散化されたブロックチェーンフレームワークを提供している企業です。

同社は「Lexicon」と呼ばれるブロックチェーン技術を活用した多彩なブロックチェーンネットワーク構築しており、スピードと透明性を兼ね備えたブロックチェーン・プラットフォームを通じて、デジタル広告の配信を合理化するためのフレームワークを提供しています。

Ternioが提供するブロックチェーン技術およびフレームワークを利用する企業は、デジタル広告に透明性をもたらすことができるようになり、詐欺行為の防止や無駄な取引の削減し、より低コストで合理的なオンライン広告を提供できるようになります。

Scoota(スクータ)とは

Scoota

Scoota(スクータ)は、BMW、IKEA、Land Roverなどのような数多くの顧客を抱えるデジタルマーケティングテクノロジー企業です。同社は、広告主が理想的なブランドキャンペーンを作成し、活性化、測定、最適化することを可能にします。

同社が提供しているプラットフォームは、広告の入札者に動的にリンクする「異常検出技術」が搭載されているため、不正なトラフィックを削減し、その結果をリアルタイムに広告費に反映させることができるようになっています。これにより「Scoota」のプラットフォームを利用する企業やブランドは、効率的に宣伝を行うことが可能になり、新たな視点でのアプローチにも目を向けることができるようになります。

低コストで透明性の高い「デジタル広告」

advertisement

今回の提携によって「Scoota」のプラットフォームと「Ternio」のブロックチェーン技術が融合されることになります。これにより、スクータのプラットフォームを利用する数多くの企業は、ブロックチェーン技術を活用した合理的なプラットフォームを通じて、魅力的で豊富な広告フォーマットを作成し、世界中に配信することが可能になります。

Ternioのブロックチェーン技術が統合されたことによって、BMWやIKEAなどの顧客は広告費用に完全な透明性をもたらすことが可能になり、広告のサプライチェーンをより正確に把握することができるようになります。

今回の提携によって期待できる効果は非常に幅広く、
無駄な広告費の削減
広告詐欺への新たな対抗手段
広告費からのより多くの利益の獲得
広告に関連する情報の追跡
などをより深く探求することができるようになります。

TOYOTA:ウェブサイト訪問者数「21%増」

TOYOTA

ブロックチェーン技術を活用したデジタル広告は、非常に有益なものであることがすでに実証されています。

大手自動車メーカーであるTOYOTA(トヨタ)は、ブロックチェーンを活用した広告管理サービスを提供している「Lucidity」と契約を結んでおり、今年の10月には「TOYOTAウェブサイト」への訪問者数が21%増加したことを報告しています。

TOYOTAはこの結果を受けて「Lucidity」との契約を当初の予定よりも延長するとも語っており、ブロックチェーン技術を用いた同社の技術を賞賛しています。

Scootaの顧客であるBMWは、TOYOTAと同様にブロックチェーン技術を積極的に取り入れているため、Ternioが提供するブロックチェーン技術も活用していくことが予想されます。またScootaの顧客には「IKEA」や「Land Rover」なども含まれているため、これらの大手企業がこれからブロックチェーン技術をどのように活用していくかにも注目が集まります。

テルニオ(Ternio/TERN)の価格|2018年11月14日

テルニオ(Ternio/TERN)の価格は「1円〜3円」の間での推移を続けており、最近の安値は先月末に記録した「1円」となっています。今回の発表後も大きな変化は見られておらず、2018年11月14日時点では「1TERN=2.63円」で取引されています。

TERNは、BitforexStellarportなどの取引所が取り扱っています。

2018年8月23日〜11月14日 TERNの価格推移(引用:coingecko.com)2018年8月23日〜11月14日 TERNの価格推移(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

仮想通貨の将来には大きな可能性「インターネットバブル」から見る市場の共通点

仮想通貨の将来には大きな可能性「インターネットバブル」から見る市場の共通点

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

オーストラリア初「安定仮想通貨」発行へ!2019年に公開予定

オーストラリア初「安定仮想通貨」発行へ!2019年に公開予定

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

仮想通貨取引所「Gemini」ベーシックアテンショントークン(BAT)取り扱いへ

仮想通貨取引所「Gemini」ベーシックアテンショントークン(BAT)取り扱いへ

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

仮想通貨取引所Zaif「スマホ向けアプリ」近日中に公開へ

仮想通貨取引所Zaif「スマホ向けアプリ」近日中に公開へ

Anique「オファー機能」提供開始|デジタルアート作品の売買が可能に

Anique「オファー機能」提供開始|デジタルアート作品の売買が可能に

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す