ビットコインの誕生で今後消滅するコンビニATMの未来

by BITTIMES   

セブン銀行を皮切りに、ファミリーマート・ローソンなど、今ではどこの店舗でも見かけるコンビニATM ですが、ビットコインの誕生で今後消滅するかもしれません。
これはセブン銀行が発表している過去 5年間のデータとフィンテック技術の社会浸透、そしてビットコインの躍進を考えれば繋がっていきます。
今回は、「ビットコインの誕生で消滅する可能性が高くなったコンビニATM の未来」を考察していきたいと思います。

銀行ATMの消滅「ATMはコンビニに任せておけ」

「銀行のATMを利用した回数よりもコンビニATMを利用した回数の方が多い。」という方は多いのではないでしょうか。
わざわざ遠い銀行支店まで出かける必要がなく、数多くの銀行を一括で取り扱えるコンビニATM の存在は、すでに私たちの生活に根付いています。
ちなみに、セブン銀行・イーネット(ファミリーマート)・ローソンATM、日本の主要コンビニが設置する ATMの台数の合計は約 48,000台を超えますが、
それに対して、日本の三大メガバンクの三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行が設置する支店ATM の台数は約 18,000台とコンビニATM の半分以下という状態です。
少し前に銀行は「 ATMはコンビニに任せておけ」という方針を打ち出したのか、年々台数を減少させており「過去 15年で 10%減少させた。」というデータも存在します。
これは「支店ATM よりもコンビニATM の方が取引される回数が多く、結果的に手数料が多く入る仕組み」だと気付いた、もしくは発展したからと考えても良いかもしれません。

コンビニATMの1日の売り上げは2億円を超える

特に支店ATM は「1台 300万円」ほどかかりますが、コンビニ ATM は「1台 200万円弱」と、通常のATM と比べて安く、「低コストで手数料が入る」極めて利益率の高い「おいしい」ビジネスモデルだと考えるべきでしょう。
ちなみに、1回の取引でコンビニATMが得る利益は、「 50円」と言われています。
業界最大手のセブン銀行の 2016年のATM1台の 1日の平均利用回数は「 95.5件」、これをすべてのコンビニATMに当てはめて考えると 1日の総売り上げは「 2億2,000万円」を超えます。
1ヶ月で「 66億円」1年で「 800億円」の売り上げです。
これが「 ATMを設置するだけ」で、毎日現金で入ってくるわけですから、美味しすぎるビジネスです。
また、その他銀行の視点から見ても、コンビニATM の取引の手数料の一部は支払われるでしょうから、
「コストゼロ、リスクゼロで莫大な利益が自動で入る」という、こちらにとっても非常においしいビジネスモデルだと考えて良いでしょう。
銀行側はわざわざ資金と投入してまで新しいATM を設置するメリットがないのです。

コンビニATMの売上減少とフィンテック

しかし、大躍進を続けてきたコンビニATM も今年に入り、初めて陰りが見えてきました。
2012年には 1台あたり「1日 111.1件」も取引されていましたが、2016年には「 95.5件」まで落ち込み、今年は「 94.3件」にまで落ち込むと予測されています。
コンビニATM は、確実に「利益を落としている」のです。
その原因には様々な要因が絡んでいるでしょうが、大きな理由として「フィンテック技術の躍進」が考えられます。
例えば、セブンイレブンでは電子マネーの「 nanaco 」を利用すれば利用した金額の一部がポイント還元されるので、多めに入金される方も多いのではないでしょうか?
わざわざ現金をその都度引き出して使うよりも、あらかじめ電子マネー化しておけば、手数料も取られず、ポイントも還元されます。
また、国内最大手のオークションアプリ「メルカリ」は、落札者の支払いを、アプリ内で発行したバーコードをコンビニのレジでスキャンすることでできるようにしています。
このような技術は完全に「フィンテック」そのものです。
このような「現金を使うことのデメリット」と「電子マネーやアプリ決済を使うメリット」がうまく組み合わさったことで、大躍進を続け、コンビニ銀行のドル箱だったコンビニATM ですら立場が危うくなっているのです。

ビットコイン今後について

現金を使わずに電子マネーでの決済は、確かに今後コンビニ業界だけでなく多くの業界に浸透していく技術でしょう。
しかし、こうした電子マネーにも「デメリット」が存在します。
それは「利用できる場所の制限」です。
改めていうことではありませんが、現金は日本国内であれば、「どこでも使える」ことが最大のメリットです。
レジでの支払いだけでなく、個人店舗間での現金のやりとりも現金なら可能です。
逆に電子マネーなどは「利用できる場所」が限られているため、日常の「ある一瞬」でしか使用できず、また「資産価値」もありません。
現金で 1億円を持っていればそれは「資産」になりますが、nanaco で「 1億円分のポイント」を持っていたとしてもそれを「資産と呼んでも良いのか?」ということですね。
なので、現金には現金のメリット・デメリット、電子マネーには電子マネーのメリット・デメリットが存在するわけです。
こうした、それぞれのメリットを残しつつ、デメリットをなくしたのが「ビットコイン」というだということです。
ビットコインはすでに「資産」として金融庁に認められており、店舗での直接取引、アプリ上のみで決済が完了するなど、現金の特性とフィンテック技術が上手く組み合わさっている完成度の高い「決済システム」だと考えても良いでしょう。
ただ、現状ビットコインにも「手数料の高騰」や「利用店舗の少なさ」という問題が存在します。
ただし、これらの問題は「将来解決する可能性が極めて高い」問題であり、現在の銀行が抱える「解決した未来が見えない問題」とは根本的に違います。
「メリットが大きい方が生き残る」
これはすべての金融システムに言えることですが、通貨や支払いは、いかに利用者にとってメリットが大きいかですべてが倫理的に判断されます。
・より手数料が安いもの
・より安全なもの
・より利便性が高いもの
現状存在するどの金融システムよりも優れているビットコインが、近い将来利用され出すのは当然のことです。
今後はビットコインをはじめとした暗号通貨をコンビニであたりめに使用する未来がすぐそこまで来ているかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月7日〜13日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月7日〜13日

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

イーサリアムは今後いくらになるか?【2018年〜2021年予測】

イーサリアムは今後いくらになるか?【2018年〜2021年予測】

「ビットコインは増えすぎた!」存在する4つのビットコインについて解説

「ビットコインは増えすぎた!」存在する4つのビットコインについて解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「TAOTAO」サービス開始予定日を発表|新規口座開設も再開へ

仮想通貨取引所「TAOTAO」サービス開始予定日を発表|新規口座開設も再開へ

Bakkt(バックト)ビットコイン先物取引「7月22日」からテスト開始へ

Bakkt(バックト)ビットコイン先物取引「7月22日」からテスト開始へ

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

ビットコイン「50万円台」まで下落する可能性も?価格急騰するも上値重い展開

ビットコイン「50万円台」まで下落する可能性も?価格急騰するも上値重い展開

実業家:本田圭佑「ブロックチェーン・ファンド」設立へ|新たなビジネス構想も

実業家:本田圭佑「ブロックチェーン・ファンド」設立へ|新たなビジネス構想も

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

ブロックチェーンで「製品開発のデータ共有」三菱電機など国内メーカー100社が連携

ブロックチェーンで「製品開発のデータ共有」三菱電機など国内メーカー100社が連携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す