中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

by BITTIMES

中国における仮想通貨の認知度や投資意欲、理解度などに関する調査を行なった「PANews」の報告によると、同国ではほどんどの人が「ビットコイン」や「暗号通貨」という言葉を聞いたことがあるものの、それらの技術について"詳しく理解している"という人の数は非常に少ないことが明らかにされています。技術面の理解は進んでいないものの、「今後暗号資産に投資しようと考えている人の数」は全体の4割に上っていることも報告されています。

こちらから読む:ブロックチェーンの研究開発が進む「中国」関連ニュース

決済手段よりも「投資対象」として認識

中国の仮想通貨ニュースメディアである「8btc.com」は、「PAnews」が実施した中国における仮想通貨関連のアンケート結果を公開しました。このアンケートでは、4,980人の回答者の中から4200の有効なアンケート結果が収集されたと説明されています。

この調査では、4200人の回答者のうち「40%」の人々がビットコイン(BTC)などの仮想通貨に投資しようと考えていることが示されています。また「ビットコイン」や「仮想通貨」という言葉を"聞いたことがある"と回答したのは全体の「98.22%」であるとも報告されています。

決済手段として仮想通貨は必要ないと考えている人の数は回答者の「63%」となっているため、認知はされているものの、実際に「決済通貨」として使用したいと考えている人はまだまだ少ないことがわかります。しかし、これには「仮想通貨・ブロックチェーン」に関する知識が不足していることも影響していると考えられます。

仮想通貨の普及に必要なのは「知識教育」

study

言葉そのものを聞いたことがある人は多いものの、実際に「仮想通貨やブロックチェーン」の"技術"を理解していると回答した人はわずか20%に留まっています。なお、これらの人々の半数はミレニアル世代(*1)となっています。具体的には「ブロックチェーン」という言葉を聞いたことがある人の数は「1777人」となっているのに対して、「ブロックチェーンを詳しく理解している」と回答した人の数はわずか「372人」となっています。
(*1)ミレニアル世代:1980年代から2000年代初頭までに生まれた人

『仮想通貨に投資した』と回答したのは回答者の「14.24%」となっており、そのうちの「60.54%」はミレニアル世代だと伝えられています。仮想通貨投資に関する「欠点」としては、「58.85%」の人が「取引プラットフォームが複雑である」ことをあげており、その他の理由としては「市場の不安定さ」「規制の懸念」などが挙げられています。

今回おこなわれた調査の要約は以下の通りです。
回答者数:4,980人
有効な回答結果:4200人
調査の実行期間:2018年11月26日〜12月10日
98.22%:ビットコイン・仮想通貨を知っている
82.81%:仮想通貨投資は「流行の投資行為」
63.43%:仮想通貨は決済手段として必要ない
39.64%:仮想通貨投資に興味がある
14.24%:仮想通貨投資の経験あり

ここ数年間で「仮想通貨・ブロックチェーン」という言葉は非常に多くの人々に知られるようになりましたが、技術的な内容の難しさや、実際に仮想通貨を購入するまでに必要となるいくつかの複雑な手続きは、人々の関心を弱める大きな障壁となっているようです、

最近では、仮想通貨やブロックチェーン技術を学ぶことができる大学なども増加してきていますが、今後はより多くの人々が気軽に技術の基本的な仕組みを理解できる環境や、簡単に仮想通貨を購入・交換することができるプラットフォームが必要になってくると考えられます。

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

金融庁:日本仮想通貨交換業協会・日本STO協会を「金融商品取引業協会」として認定

金融庁:日本仮想通貨交換業協会・日本STO協会を「金融商品取引業協会」として認定

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

パラグアイ政府が「仮想通貨マイニング施設」建設を全面支援|再生可能エネルギー活用

パラグアイ政府が「仮想通貨マイニング施設」建設を全面支援|再生可能エネルギー活用

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す