ビットコインキャッシュ(BCH)に注目が集まる理由と価格予測

by BITTIMES   

最近、ビットコインの高騰に比例して、ビットコインキャッシュの高騰が注目されています。
メディアによっては「ビットコインキャッシュがビットコイン以上の基軸通貨」になり得るのではないか?
というビットコインキャッシュが、ビットコインに変わる通貨として運用されるのではないか?という大きな予測まで出てきているほどです。
また、小売店などでのビットコイン決済サービスを提供する「 BitPay(ビットペイ)」がビットコインキャッシュの取り扱いが始めるというオフィシャルな声明もありました。
BitPay によると、小売店におけるビットコイン以外の仮想通貨を使った決済ニーズが高まっており、ビットコインキャッシュを皮切りにその他コインの扱いも始めるようです。

「ビットペイカード決済を始めとしたビットコインキャッシュ決済オプションへのサポートを今年からスタートする。2018年早期にはビットコインキャッシュ決済のオプションがすべてのビットペイの請求書に含まれる。」

このニュースを受け、仮想通貨市場ではビットコインキャッシュの取引量が増大しています。

ビットコインキャッシュとは?

そもそも論ですが、ビットコインキャッシュとは、どのような通貨なのか?
まずはその部分からご説明をしてきたいと思います。
ビットコインキャッシュは、2017年8月1日に、大元であるビットコインのブロックチェーンから分岐した新生アルトコインです。
「ビットコイン」の名前は受け継いでいますが、あくまでビットコイン以外の通貨、アルトコイン扱いです。
ビットコインキャッシュに関しては、詳しくはこちらの記事で解説しているので、今回は省略します。
>>「ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコインキャッシュ価格が上がる理由

最近のビットコインの決済手数料の高騰で、ビットコインキャッシュに注目が集まっています。
仮想通貨投資家の中には「 2018年はビットコイン以上の活躍をするのではないか?」と話している人もいるほど、ここ最近注目度は高くなっています。
お分かりだと思いますが、最近ビットコインの「取引手数料」は「高すぎ」です。
今ビットコインをスピーディに送金しようとすると 2,000円ほどかかります。これは決済手段の手数料としては異常な価格です。
それに対してビットコインキャッシュは 100円ほどと、ビットコインの送金手数料よりも格安になっています。
ビットコイン決済取り扱い店舗の中には、ビットコイン決済を取りやめる店舗も出てきているという話も上がっています。
お金を支払うだけで 2,000円ですからね。高すぎます。
もちろんビットコインは、オフチェーン技術の開発で、いずれは決済手数料は安くなりますが、実装には早くても 1〜2年ほどかかるのではないでしょうか。
上記のような理由からビットコインキャッシュは、向こう数年間は、ビットコインに変わって上昇が続いていくのではないかと考えられます。
まぁ、ビットコインキャッシュでもオフチェーン技術は実装されるでしょうから、その時はビットコインに比例して上がっていく感じですかね。
むしろ、ビットコインよりも早く実装された場合は、ビットコインキャッシュの更なる高騰が期待できますので、情報はしっかりキャッチしていきたいところです。

ビットコインキャッシュ(BCH)に注目が集まる理由と価格予測まとめ

まとめると、「ビットコインの送金手数料の高騰」が原因で、「ビットコインキャッシュへの期待が集まっている。」
「向こう 1〜2年は、ビットコインキャッシュがビットコインに変わる基軸通貨としてアツくなるのではないか?」
そして、その期間は「ビットコインのオフチェーン技術」が開発されるまで、ということですね。
このあたりの情報は当メディアでも追記をしていきたいと思いますので、ビットコインキャッシュの情報を注意深く見て行きましょう。
ビットコインキャッシュ価格予測記事
>>「ビットコインキャッシュ(BCH)今後4年間の相場・価格予測

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

【重要】コインチェック「ファクトム(Factom/FCT)の取扱い廃止」を発表

【重要】コインチェック「ファクトム(Factom/FCT)の取扱い廃止」を発表

OKCoinJapan「アスター(ASTR)のステーキングサービス」提供へ【最大年率6.88%】

OKCoinJapan「アスター(ASTR)のステーキングサービス」提供へ【最大年率6.88%】

香港証券先物委員会「暗号資産取引所のライセンス制度に関するガイドライン」5月公開へ

香港証券先物委員会「暗号資産取引所のライセンス制度に関するガイドライン」5月公開へ

MicroStrategy・TeslaのCEO「ビットコイン売却していない」と報告|暴落後も強気姿勢

MicroStrategy・TeslaのCEO「ビットコイン売却していない」と報告|暴落後も強気姿勢

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説