【実業家・スポーツ選手】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

by BITTIMES   

仮想通貨に投資を行なっている著名人の報告は毎年続いており、これらの中には有名な実業家やスポーツ選手も数多く含まれています。「Business Insider」は最近、数百万ドル(数億円)相当のビットコイン(Bitcoin/BTC)を保有している可能性のある有名人のリストを公開しました。このリストに合わせて巨額の暗号資産を有している可能性のある人物を7名紹介します。

こちらから読む:巨額のBTCを保有している可能性がある「アーティスト・俳優」はこちら

Microsoft共同創業者|Bill Gates(ビル・ゲイツ)

Microsoft(マイクロソフト)の創業者として知られる実業家のBill Gates(ビル・ゲイツ)氏は、ビットコインに対して否定的であることで知られており「ビットコイン投資は非常に愚かな投資だ」「私ならショート(売り)する」といった発言で注目を集めました。

しかしながら同氏がこれらのコメントを語ったのは、ビットコイン価格が高騰した後の話でもあります。2017年末から2018年にかけてのビットコイン価格に対しては、ゲイツ氏だけでなく仮想通貨業界の専門家たちも「異常な高騰」だと語っており、価格下落は当然のことだという意見も多く出ています。

ビル・ゲイツ氏は否定的なコメントが目立ってはいるものの、2014年時点では『ビットコインは"物理的に同じ場所にいる必要がない"という点で法定通貨よりも優れている』とも語っており、ビットコインの可能性や技術的な面に関しては高く評価していることを語っています。

実業家|Paris Hilton(パリス・ヒルトン)

アメリカ出身の実業家、女優、歌手、モデル、DJと幅広い顔を持つParis Hilton(パリス・ヒルトン)氏は、2017年9月に仮想通貨LydianCoin(リディアンコイン)のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を楽しみにしていると発言しています。

この仮想通貨はブロックチェーン技術を活用した人工知能(AI)主導のデジタルマーケティング・広告プラットフォームです。

パリス・ヒルトン氏のようなセレブであれば「仮想通貨に関わっている」というだけでも億越えのビットコインを保有している可能性があると言えるでしょう。

Apple共同設立者|Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)

Apple(アップル)社の共同設立者の一人として広く知られているSteve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)は、以前からビットコインの支持者であることを公言しています。

ウォズニアック氏は2018年6月に開催されたカンファレンスの中で「ビットコインが世界の単一通貨になることを純粋に望んでいる」といると語っており、世界中の人々が単一の通貨を共有できるという「純粋さ」に魅力を感じていると説明しています。

同氏は以前に、決済手段として使てみたかったという理由から「700ドル(約7万7,000円)分のビットコインを購入した」とも語っていましたが、それと同時に盗難の被害を受けたこと経験も明かしており、2018年6月時点では「1BTC」と「2ETH」だけを保有しているとも語っています

しかしその後は以前から関わりを持っていたことが明かされていたブロックチェーン企業「EQUI Global」の共同設立者として正式に就任したことも発表されているため、現在はより多くの仮想通貨を保有している可能性があるとも考えられます。

Virgin Group会長|Richard Branson(リチャード・ブランソン)

イギリスの実業家であり、Virgin Group(ヴァージン・グループ)の創設者兼会長であるRichard Branson(リチャード・ブランソン)氏は、仮想通貨支持者として知られています。

ビットコイン決済のスタートアップ企業である「BitPay(ビットペイ)」などに多額の投資を行なっていることでも知られる同氏は、自身が運営するテック・コンテスト「Extreme Tech Challenge 2018」でブロックチェーン企業「Power Ledger(パワーレジャー)」に最優秀賞を送っています。

ブランソン氏は、自身が手がける宇宙事業Virgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)社の宇宙旅行費としても『ビットコイン決済を喜んで受け入れる』と語っています。

元プロボクサー|Floyd Mayweather(フロイド・メイウェザー)

アメリカの元プロボクサーであるFloyd Mayweather,Jr.(フロイド・メイウェザー・ジュニア)氏は、Hubii Network(HBT)、Stox(STX)、Centra(CTR)などといった様々なICOを推進してきたことで知られており、これら3つの企業から30万ドル(約3,300万円)の報酬を受け取ったと伝えられています。

自身のTwitter上で『売り切れる前に手に入れろ』いった内容でICOへの参加を一般の人々に呼びかけていた同氏は、2018年11月に米国証券取引委員会(SEC)から「ICOへの勧誘を違法に行った」として罰金約61万ドル(約7,000万円)を支払うことを命じられています。

Centra(CTR)の発行元は詐欺罪で起訴されており、議論の的にもなりましたが、これらの仮想通貨に深く関わっていたメイウェザー氏は巨額のビットコインを保有している可能性も高いと考えられます。

元ヘビー級世界チャンピオン|Mike Tyson(マイク・タイソン)

元ヘビー級世界チャンピオンとして知られるボクサーのMike Tyson(マイク・タイソン)氏は、自身の顔のタトゥー再現したブランドを使用したビットコインATMビットコインウォレットを発表したことで知られています。

マイク・タイソン氏が関わっていたビットコインATMは「マイク・タイソンの最速KO記録は30秒だが、このATMなら20秒」といったキャッチフレーズで宣伝が行われていました。

同氏はこれらのプロジェクトで注目を集めていた際に、ビットコインを実際に保有していることも明かしています。

プロサッカー選手|Lionel Messi(リオネル・メッシ)

FCバルセロナに所属するサッカー選手であるLionel Messi(リオネル・メッシ)氏は、世界初のブロックチェーン・スマートフォン「FINNEY」を開発したSIRIN LABSのアンバサダーになったことで広く知られています。

メッシ氏が出演する「FINNEY」のCMはすでに世界中で公開されており、イギリス・ロンドンではすでに公式ストアもオープンしています。また、今後は日本でも公式ストアがオープンする予定であることが発表されています。

仮想通貨プロジェクトに大々的に携わっているメッシ氏であれば、数億円相当のビットコインを保有している可能性もあると考えられます。

ビットコイン(BTC)の購入は仮想通貨決済サービスも提供している仮想通貨取引所BITPointからどうぞ。

仮想通貨取引所BITPointの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

ビットコイン価格「1BTC=4億円」の可能性|将来的には今の1,000倍に:Tim Draper

ビットコイン価格「1BTC=4億円」の可能性|将来的には今の1,000倍に:Tim Draper

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

注目度の高い仮想通貨ニュース

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

ネスレ:コーヒーブランドでも「ブロックチェーン技術」活用へ

ネスレ:コーヒーブランドでも「ブロックチェーン技術」活用へ

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す