仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

by BITTIMES   

スイスの高級時計メーカーである「A.Favre&Fils(A.ファーブル&フィス)」は、仮想通貨ウォレットを搭載した腕時計を開発しています。この新製品はまだ未完成ではあるものの、技術的には生産可能な状態にあるとされており、2019年中には発売できると伝えられています。

こちらから読む:大手メーカーがスマホ向けアプリを公開「ウォレット」関連ニュース

300年の歴史を持つ高級時計メーカー|A.Favre&Fils

A.Favre&Fils(A.ファーブル&フィス)は、1718年にスイスで創業された後に家族経営で300年間に渡って運営されてきた高級時計メーカーです。同社の時計は18kゴールドで製作されています。

同社は日本のクォーツ時計が世界的に大流行した1970年代に廃業寸前まで追い込まれた経験を持っており、今回の「仮想通貨ウォレット搭載腕時計」の開発も伝統的な時計メーカーが現代社会で生き延びて行くために必要であるとの考えから開発する決定に至ったと説明されています。

仮想通貨ユーザーの「役に立つ」腕時計を

2008年に10代目の社長に就任したLaurent Favre(ローラン・ファーブル)氏は、仮想通貨ウォレットを搭載した新製品「クリプト・メカニカル・ウォッチ(CMW)」について『単なる真似事の製品ではない』と説明しており、仮想通貨ウォレットとしての機能性にも力を注いでいることを強調しています。

厳しい時代を生き延びていくためには「新しい技術」と「伝統的な技術」を融合させることが最善の策であると考えている同氏は「Swissinfo」の取材に対して『電車の時代に蒸気機関車の未来を考えるようなものだった』と語り『デザインの向上につながる工夫を続けなければならない』と説明しています。

「仮想通貨」や「ブロックチェーン」をモチーフにした腕時計はこの数年間で増えてきていますが、ファーブル氏はこの腕時計について『単にお金をつぎ込んだものではなく、仮想通貨コミュニティに役立つものを提供したいという考えで開発した』と語っています。

コールド・ホットウォレットの切り替え可能

仮想通貨ウォレットを搭載した高級腕時計「クリプト・メカニカル・ウォッチ(CMW)」に関する詳細情報は明らかになっていないものの「Swissinfo」の報道によると、腕時計の盗難や損害を受けた時のための安全対策も取られており、腕時計を身につけている間は「支払い」や「取引」を行うことができるホットウォレットの状態になり、外している時はコールドウォレットとして機能すると伝えられています。

試作品は未完成ではあるものの、技術的には生産できる状態にあるとのことで、2019年の春〜夏には販売予定だと伝えられています。販売価格は10万~15万フラン(約1,100万~1,700万円)ほどを予定しており、仮想通貨で支払うこともできると伝えられています。

仮想通貨決済を行う際に利用する方法としては「スマートフォン」や「マイクロチップ」などが一般的に知られていますが、腕時計で決済を行うことができるようになればより手軽に支払いを行うことができるようになると考えられます。今後新たに発表される「クリプト・メカニカル・ウォッチ(CMW)」の詳細情報には期待が高まります。

「A.Favre&Fils」に関する詳しい情報は以下公式サイトをどうぞ
>「A.Favre&Fils」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

オンライン通貨換算サービス「XE.com」近日中にXRP取扱いか?【追記あり】

オンライン通貨換算サービス「XE.com」近日中にXRP取扱いか?【追記あり】

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

John McAfee:バウンティプログラムを一時中断|Bitfiハッキング論争は休戦へ

John McAfee:バウンティプログラムを一時中断|Bitfiハッキング論争は休戦へ

韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

注目度の高い仮想通貨ニュース

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月27日〜11月2日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月27日〜11月2日

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す