仮想通貨複数に長期投資「アメフト界のスター」Richard Sherman

by BITTIMES

NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のスター選手であるRichard Sherman(リチャード・シャーマン)氏は、早い時期から仮想通貨業界に参加しているアスリートの一人です。アメフト関連のブロックチェーンプロジェクトにも携わっている同氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする複数の暗号資産に"長期的な投資"を行なっていることを明かしています。

こちらから読む:仮想通貨に投資するアスリートは他にも「スポーツ」関連ニュース

仮想通貨投資で利益を上げる「NFLスター」

NFL選手の中で最も高額な報酬を得ているコーナーバックの一人であると言われるRichard Sherman(リチャード・シャーマン)氏は、投資活動も積極的に行っています。「CNBC make it」の報道によると、同氏は投資信託、地方債だけでなく仮想通貨にも投資を行なっており、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
などをはじめとする複数の仮想通貨に投資していると報じられています。

仮想通貨取引プラットフォーム「Cobinhood(コビンフッド)」のスポークスマンでもあるシャーマン氏は、同社が発行している仮想通貨「COB」にも投資を行なっており、現在も仮想通貨の将来に対して強気な姿勢を維持しています。

ビットコインが19,000ドル(約208万円)で取引されていた頃に、パソコンを持っていない自身の祖母から『ビットコインに投資するのを手伝って欲しい』と言われ、投資しないように助言したというシャーマン氏は『自分自身も仮想通貨市場が下落する前に保有している資産の一部を売却した』と語っています。

投資するなら「しっかりとした計画」を

シャーマン氏は高値で仮想通貨を売却してはいるものの「ビットコインなどの価格は将来的に再び上昇する」と予想しており、仮想通貨への投資を長期的に続けていく意思を持っていることも明かしています。

幸いなことに私は仮想通貨市場全体が下落する前に自分の資産の一部を売却することができました。

仮想通貨への投資は私にとって長期プレーです。

同氏は「NFL」の新人選手にも助言を行なっており、そのような新人プレイヤーは「NFLでのキャリアがどれくらい続くのか」や「実際にどれくらいのお金を稼ぐことができるのか」に関して確証を持つことはできないため、自分自身の家族やその将来のための資産を残せるように、しっかりと予算を組んで節約することが重要だと説明しています。

ブロックチェーンプロジェクト「FCFL」にも参加

仮想通貨関連のビジネスに早い時期から携わっているシャーマン氏は、2014年に自身のウェブサイトで商品を購入する際の決済手段としてビットコイン決済を導入しており、昨年12月頃にはブロックチェーンや仮想通貨を活用した"ファン主導型のアメフトリーグ"である「FCFL(Fan-Controlled Football League)」にチームオーナーとして参加しています。

同氏はビットコイン価格が約19,000ドル相当だった頃に、他の選手たちとロッカールームで価格上昇に関する話題で盛り上がったことも明かしており、基本的に多くのアスリートは財務アドバイザーからのアドバイスを受けているため「仮想通貨」や「一般的な金融市場」に関する詳しい知識を持っているとも語っています。

比較的早い時期から仮想通貨市場に参入している「仮想通貨愛好家」の一人でもあるシャーマン氏は、仮想通貨の将来にも強気な姿勢を維持しているものの、『仮想通貨の価格は非常に不安定であり、予測不可能な市場でもあるため、金銭的なアドバイスはしない』と説明しています。

リチャード・シャーマン氏が投資しているビットコイン(BTC)などの購入は仮想通貨決済サービスも提供している仮想通貨取引所BITPointからどうぞ。

仮想通貨取引所BITPointの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

BinanceChainの「フィアットゲートウェイ」を開発:Cashaa

BinanceChainの「フィアットゲートウェイ」を開発:Cashaa

ビットコインキャッシュ(BCH)タイの仮想通貨取引所「bitkub」上場へ

ビットコインキャッシュ(BCH)タイの仮想通貨取引所「bitkub」上場へ

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

仮想通貨の将来は政府次第、現時点では「宝くじ」のような存在:元IMF経済学者

仮想通貨の将来は政府次第、現時点では「宝くじ」のような存在:元IMF経済学者

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

【ブロックチェーン×AI×VR】次世代型バーチャルSNS「XANA(ザナ)」β版公開へ

【ブロックチェーン×AI×VR】次世代型バーチャルSNS「XANA(ザナ)」β版公開へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

ブロックチェーン×位置情報連動型ゲーム「駅メモ!Our Rails」公開へ:モバイルファクトリー

ブロックチェーン×位置情報連動型ゲーム「駅メモ!Our Rails」公開へ:モバイルファクトリー

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

ロシア議会:デジタル金融資産法を可決|商品購入など「暗号資産の決済利用」は禁止に

ロシア議会:デジタル金融資産法を可決|商品購入など「暗号資産の決済利用」は禁止に

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

日本国内でも「BAT報酬」が獲得可能に|bitFlyer・Braveがウォレット共同開発

日本国内でも「BAT報酬」が獲得可能に|bitFlyer・Braveがウォレット共同開発

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す