ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

by BITTIMES

ブロックチェーンベースの不動産取引プラットフォームを提供している「Blockimmo(ブロッキモ)」は、今回が初となる「トークン化された不動産の取引」を無事に完了させたことを2019年3月1日に発表しました。この取引はスイスを拠点とする企業2社の協力によって実現しています。

こちらから読む:不動産取引に活用される「ブロックチェーン技術」とは

「トークン化された不動産」投資家4人が購入

ブロックチェーン技術を用いた初めての不動産取引は、ここ最近で「クリプトバレー」とも呼ばれるようになったスイスのツーク州に本社を構える「Blockimmo(ブロッキモ)」のほか、独自トークン発行サービスを手がける「Swiss Crypto Tokens(スイス・クリプト・トークン)」や、不動産テック企業「Elea Labs(エレア・ラブス)」の協力によって実現しています。

取引が行われた物件はツーク州にある「18件のアパート」と「1店舗のレストラン」だと伝えられており、物件の資産価値の20%にあたる約300万スイスフラン(約3億3千万)がトークン化され、4人の投資家に売却されたと報じられています。

「Elea Labs」は、それぞれの物件に関する情報を記録し、より透明性を高めるためのID情報である「プロパティDNA」によって不動産情報を提供しており、「Swiss Crypto Tokens」は価格変動のリスクを回避するために自社で発行しているスイスフラン(CHF)と価格が連動するステーブルコイン「CryptoFranc(XCHF)」を提供しています。

これらの取引内容は「Blockimmo」のプラットフォームを使用することによって、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上に記録されています。

不動産取引の「コスト削減・簡略化」図る

「不動産のトークン化」と「ブロックチェーン上の取引」は、わずかな金額で不動産を取得する機会を与えると伝えられており「不動産業界の透明性の向上」や取引プロセスの「コスト削減・簡略化」などが期待されています。

Blockimmoは現在、パブリッククラウドセールを通じて販売を行うするためにより多くの不動産をトークン化していくことを計画しており、今年の第2四半期には全ての不動産トークンが規制に準拠した取引所に上場する予定だと伝えられています。

また、Blockimmoのプラットフォームでは共同不動産投資もできるようになっており、少額の1,000スイスフラン(約11万円)から始めることができるとされています。

ブロックチェーン技術不動産に役立てる試みはその他の国や地域でも始まっています。これから実際に不動産のトークン化が進むことによって、今後はより多くの地域でこれらの技術が活用されていくことになると考えられます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

Liquid(リキッド)現物取引や証拠金の対象通貨に「Ripple/XRP」などを追加

Liquid(リキッド)現物取引や証拠金の対象通貨に「Ripple/XRP」などを追加

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

注目度の高い仮想通貨ニュース

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す