NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

by BITTIMES   

スポーツチームや選手に対して仮想通貨トークンで「投げ銭」を行うことができるサービス「エンゲート(Engate)」のiOS版アプリがリリースされました。スポーツの世界における新たな収入源やトークンエコノミーを形成できるとして期待されている「エンゲート」は、サービスの利便性をさらに高めています。

こちらから読む:米アイスホッケーチームがブロックチェーン活用「スポーツ」関連ニュース

スマホアプリで「チーム応援」をもっと気軽に

engate-app

ファンとスポーツチームや選手の距離を近づけ、より親密なコミュニティ形成を担う事を目的とした「エンゲート(Engate)」は、2019年3月8日に「iOS版アプリ」をリリースしました。昨年まではWeb版のみサービス展開していましたが、アプリでもっと気軽に応援することが可能となります。

「エンゲート」は、ユーザーがチームや選手に応援の意味を込めたギフトとして「投げ銭」を贈ることができるサービスとなっています。この「投げ銭」を受け取ったチームやクラブは、それらの資金を「チームの運営費」や「選手への支援金」として使用することができます。

このサービスはネム(NEM/XEM)のブロックチェーン技術を採用しているため、送られたギフトなどの取引履歴はNEMのブロックチェーン上に記録されることになります。

これまで、資金力やスポンサーの支援が少ないチームは運営が不安定なものとなり、勝敗や天候などにも収益が左右されるため、選手の成長や経営維持、業界の発展など様々な問題が懸念されていました。

そこで、注目されたのは近年SNSの動画配信などで盛んとなっているアイドルなどに直接的な応援の意味を込めて行われる「投げ銭」でした。このサービスはスポーツチームにとっても、新たな収入源となる可能性があります。

Engate:サービスの仕組み

エンゲートのプラットフォームは、ネムのブロックチェーン上に「エンゲートポイント」としてトークンを発行します。ユーザーはこの「エンゲートポイント」を日本円で購入できるようになっており、購入したポイントは応援しているチームへの「投げ銭」として利用できるようになっています。

またチームは「試合や練習風景のライブ配信」や「メッセージ動画」などのコンテンツを「リワード」として配信し、よりユーザーとの密接な関係を築ける仕組みとなっています。

トークンの流れはネムのブロックチェーン上に記録されるため、改ざんは不可能となっており、トークンも外部では価値がないようにポイントとして発行されるためリスクは極めて少なくなっています。また、ファンと選手・チームとの交流のビッグデータにも活用できるため、今後の更なるサービス展開にも繋がるとされています。

iOS版アプリがリリースされたことによって「エンゲート」のサービスは、より多くの人々が気軽に利用できるものとなりました。同社のサービスは、仮想通貨をまだ保有していない人でも気軽に利用することができる設計となっているため、仮想通貨への理解を深めるきっかけになる可能性も秘めています。

今回リリースされた「エンゲートのiOS版アプリ」は以下のリンク先からダウンロードすることができます。
>「エンゲートiOS版アプリ」のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ウォレット搭載の動画視聴アプリ「未来テレビChallet」リリース

仮想通貨ウォレット搭載の動画視聴アプリ「未来テレビChallet」リリース

「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

注目度の高い仮想通貨ニュース

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

【Chiliz&Socios】スウェーデンのeスポーツ団体「Alliance(アライアンス)」と提携

【Chiliz&Socios】スウェーデンのeスポーツ団体「Alliance(アライアンス)」と提携

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ブラジル経済相「独自デジタル通貨(CBDC)発行の可能性」について発言

ブラジル経済相「独自デジタル通貨(CBDC)発行の可能性」について発言

Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す