ビットコイン成長の鍵「ライトニングネットワーク」公開から1年で容量1,000BTCを達成

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の少額送金を安い手数料で素早く処理することができる第2層(セカンドレイヤー)スケーリング・ソリューションとして2018年3月15日に公開された「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」が、わずか1年間で1,000BTCのネットワーク容量を超えました。ビットコインのさらなる成長を支えるこの技術は、現在も順調な発展を続けています。

こちらから読む:祝誕生1周年「Lightning Network」これまでの歴史

Lightning Network:公開後「わずか1年」で急速に成長

Lightning-Network

Lightning Network(ライトニングネットワーク)は、今から約1年前の2018年3月15日に「Lightning Labs」のCEOであるElizabeth Stark(エリザベス・スターク)氏によって公式ベータ版の実装が発表されました。

ビットコイン(BTC)に関連する「送金時間」や「取引手数料」の問題を解決することができるだけでなく、少額決済(マイクロペイメント)も可能にする技術として当時から注目を集めていたこのソリューションは、Microsoft(マイクロソフト)社やTwitterのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏などをはじめとする複数の著名人や有名企業からの支援を受けていました。

ノードの数が増えれば増えるほど「送金速度」や「手数料」といったネットワークの性能が向上するとして、公開後の発展に期待が高まっていた「Lightning Network」は、その後も順調に成長を続けており、公開から約1年が経過した現在では様々な面で大きな進歩がみられています。

「ネットワーク容量/チャネル数/ノード数」全て上昇

Lightning Networkのモニタリングを行なっているウェブサイト「1ML.com」のデータによると、2019年3月16日時点でのネットワーク容量は「1,056.80BTC(約423万ドル/約4.7億円)」となっており、過去30日間で54%増加しているとされています。

またチャネル数は「39,279チャネル(+47.6%)」とされており、ノード数は「7,386ノード(+17.97%)」となっています。

(画像:1ml.com)(画像:1ml.com

ライトニング・ネットワークの採用も進む

ライトニング・ネットワークを採用する事例も実際に増加しており、TwitterのCEOであるジャック・ドーシー氏も最近の行われたインタビューの中で「Lightning Network」がTwitterで採用されるのは「時間の問題」だと発言しています。

実際に拡張機能という形で「Lightning Network」を通じた送金を可能にするアプリケーションはすでに公開されており、先月16日にリリースされた「Tippin.me」のベータ版は、公開後わずか1ヶ月弱で14,000人以上の新規ユーザーを獲得したと報告されています。

ネットワークを世界中に広げる「Lightning Torch」

Lightning Networkの認知度を高めるために開始された「Lightning Torch」と呼ばれる"少額送金の聖火リレー"は、現在も順調にその範囲を拡大しています。

これまでにも複数の著名人を経由したことで話題となっていたこのリレーは、先月末に大手金融機関として知られるFidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)のデジタル部門「Fidelity Digital Assets」にまで到達したことが報告されています。

Lightning Networkでビットコインは「もっと身近な存在に」

ビットコイン(BTC)の利便性向上を目的としている「Lightning Network」は、現時点でも「ビットコインを誰でも気軽に利用できるようにする」という目標を達成し始めています。

最近の報道では「Nintendo Switch(ニンテンドー・スイッチ)」を購入するためのお小遣い稼ぎに奮闘している9歳の少年デニス君が、自分で描いた絵をライトニングネットワーク経由で世界中に販売していることが報告されています。

公開からわずか1年で急速に普及してきている「Lightning Network」は、ビットコインを「世界中の誰もが気軽に利用できる通貨」へと進化させ、今後の普及をさらに促進する可能性を秘めています。

LightningNetworkでお小遣いを稼ぐ「デニス君」の記事はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

来たる世界的な金融危機「ビットコインが安全な避難先に」マイケル・ノボグラッツ

来たる世界的な金融危機「ビットコインが安全な避難先に」マイケル・ノボグラッツ

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

2023年、ビットコインが世界市場シェア「5%」を獲得と予想:米著名投資家

2023年、ビットコインが世界市場シェア「5%」を獲得と予想:米著名投資家

John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

ゲーム開発老舗Atari:独自仮想通貨の採用促進に向け「Arkane Network」と提携

ゲーム開発老舗Atari:独自仮想通貨の採用促進に向け「Arkane Network」と提携

BINANCE:オプション取引に「ETH・XRP」を新規追加

BINANCE:オプション取引に「ETH・XRP」を新規追加

Redditのフォートナイト・仮想通貨トークン、早くも「アドレス数10,000」を突破

Redditのフォートナイト・仮想通貨トークン、早くも「アドレス数10,000」を突破

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月3日〜9日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月3日〜9日

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

Swipeの仮想通貨デビットカードが「Samsung Pay」で利用可能に

Swipeの仮想通貨デビットカードが「Samsung Pay」で利用可能に

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

EOSブロックチェーンを「企業間取引」に活用:大手会計事務所グラントソントン

EOSブロックチェーンを「企業間取引」に活用:大手会計事務所グラントソントン

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す