ビットコイン成長の鍵「ライトニングネットワーク」公開から1年で容量1,000BTCを達成

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の少額送金を安い手数料で素早く処理することができる第2層(セカンドレイヤー)スケーリング・ソリューションとして2018年3月15日に公開された「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」が、わずか1年間で1,000BTCのネットワーク容量を超えました。ビットコインのさらなる成長を支えるこの技術は、現在も順調な発展を続けています。

こちらから読む:祝誕生1周年「Lightning Network」これまでの歴史

Lightning Network:公開後「わずか1年」で急速に成長

Lightning-Network

Lightning Network(ライトニングネットワーク)は、今から約1年前の2018年3月15日に「Lightning Labs」のCEOであるElizabeth Stark(エリザベス・スターク)氏によって公式ベータ版の実装が発表されました。

ビットコイン(BTC)に関連する「送金時間」や「取引手数料」の問題を解決することができるだけでなく、少額決済(マイクロペイメント)も可能にする技術として当時から注目を集めていたこのソリューションは、Microsoft(マイクロソフト)社やTwitterのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏などをはじめとする複数の著名人や有名企業からの支援を受けていました。

ノードの数が増えれば増えるほど「送金速度」や「手数料」といったネットワークの性能が向上するとして、公開後の発展に期待が高まっていた「Lightning Network」は、その後も順調に成長を続けており、公開から約1年が経過した現在では様々な面で大きな進歩がみられています。

「ネットワーク容量/チャネル数/ノード数」全て上昇

Lightning Networkのモニタリングを行なっているウェブサイト「1ML.com」のデータによると、2019年3月16日時点でのネットワーク容量は「1,056.80BTC(約423万ドル/約4.7億円)」となっており、過去30日間で54%増加しているとされています。

またチャネル数は「39,279チャネル(+47.6%)」とされており、ノード数は「7,386ノード(+17.97%)」となっています。

(画像:1ml.com)(画像:1ml.com

ライトニング・ネットワークの採用も進む

ライトニング・ネットワークを採用する事例も実際に増加しており、TwitterのCEOであるジャック・ドーシー氏も最近の行われたインタビューの中で「Lightning Network」がTwitterで採用されるのは「時間の問題」だと発言しています。

実際に拡張機能という形で「Lightning Network」を通じた送金を可能にするアプリケーションはすでに公開されており、先月16日にリリースされた「Tippin.me」のベータ版は、公開後わずか1ヶ月弱で14,000人以上の新規ユーザーを獲得したと報告されています。

ネットワークを世界中に広げる「Lightning Torch」

Lightning Networkの認知度を高めるために開始された「Lightning Torch」と呼ばれる"少額送金の聖火リレー"は、現在も順調にその範囲を拡大しています。

これまでにも複数の著名人を経由したことで話題となっていたこのリレーは、先月末に大手金融機関として知られるFidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)のデジタル部門「Fidelity Digital Assets」にまで到達したことが報告されています。

Lightning Networkでビットコインは「もっと身近な存在に」

ビットコイン(BTC)の利便性向上を目的としている「Lightning Network」は、現時点でも「ビットコインを誰でも気軽に利用できるようにする」という目標を達成し始めています。

最近の報道では「Nintendo Switch(ニンテンドー・スイッチ)」を購入するためのお小遣い稼ぎに奮闘している9歳の少年デニス君が、自分で描いた絵をライトニングネットワーク経由で世界中に販売していることが報告されています。

公開からわずか1年で急速に普及してきている「Lightning Network」は、ビットコインを「世界中の誰もが気軽に利用できる通貨」へと進化させ、今後の普及をさらに促進する可能性を秘めています。

LightningNetworkでお小遣いを稼ぐ「デニス君」の記事はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ビットコイン価格「底打ち」なのか?著名投資家・トレーダーを対象に意見調査

ビットコイン価格「底打ち」なのか?著名投資家・トレーダーを対象に意見調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す