Google:仮想通貨検索に「新機能」カルダノ、リップルなど主要コインを関連表示

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)の種類はこの数年間で数千種類にまで増加しており、インターネット上には各種コインに関する非常に多く情報が溢れています。このような現状の中でGoogle(グーグル)は、ユーザーがより簡単に仮想通貨に関する情報を検索できるようにするために、新たな改良を加えているようです。

こちらから読む:マクドナルドが仮想通貨プロジェクトと提携?「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨関連キーワードの検索が「さらに便利に」

Google(グーグル)は現在、ユーザーが仮想通貨に関する情報をより簡単に検索できるようにするためにさらなる改良を加えています。最近加えられた新たな変更によって、現在のGoogle検索には魅力的ないくつかの機能が追加されています。

仕様が変更されたことによって、検索窓で「特定の仮想通貨関連用語」を検索した際の検索結果には、検索した仮想通貨の情報だけでなく、その他の主要な仮想通貨も画像付きで表示されるようになっています。

これまでにも「ビットコイン」などのキーワードで検索した際には、検索した時点でのビットコイン価格などが表示されるようになっていたため、関連する仮想通貨が表示されるようになったことで、画面上は非常に賑やかになっています。

Google検索で「ビットコイン」と検索した際の表示画面Google検索で「ビットコイン」と検索した際の表示画面

Cardano(ADA)も関連キーワードとして表示

検索結果には多少の違いがあるものの、画面上部にはビットコイン(BTC)だけでなく、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
モネロ(Monero/XMR)
リップル(Ripple/XRP)
ステラ(Steller/XLM)
アイオータ(IOTA/MIOTA)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
ブロックチェーン(Blockchain)
などの関連リンクが画像付きで表示されています。

中でも「第三世代のブロックチェーン」ともいわれる仮想通貨カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がこれらのリストの中に入っていることは注目に値します。時価総額上位にランクインする仮想通貨の中で「第三世代のブロックチェーン」と呼ばれるものはエイダコインの他にも複数ありますが、Google検索ではその中でもカルダノエイダコインをリストに追加しています。

また「通貨変換ツール」を使用すれば、「ビットコイン/ビットコインキャッシュ/イーサ/ライトコイン」が追加されているため「これらの通貨を世界各国の法定通貨に換算するといくらになるのか?」を簡単に調べることができます。

海外のGoogle製キーボードには「ビットコインマーク」

Google検索の他にも、海外でGoogleが提供している「キーボードツール」では、iOS版でも「ビットコインのマーク」が追加されていることが以前に報告されています。

Google-keyboard

この機能はiOS端末のキーボード設定で「Google」のキーボードを利用できるようにすることで追加することができますが、当メディアで確認したところ、日本で利用されているiOS端末で「ビットコインのマーク」を表示させることはできませんでした。

Google検索で上部に表示されるバーは「表示される場合」と「されない場合」があるため、現時点ではこれらのインターフェイスはテスト段階である可能性があるといわれています。しかし、これらの機能を実装するための取り組みが行われていることは仮想通貨コミュニティにとって嬉しいニュースであると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

アムステルダムに「サトシ・ナカモトの家」オープン!ー The House of Nakamoto

アムステルダムに「サトシ・ナカモトの家」オープン!ー The House of Nakamoto

CBOEのイーサリアム先物が「ビットコイン価格」を上昇させる|Thomas Lee

CBOEのイーサリアム先物が「ビットコイン価格」を上昇させる|Thomas Lee

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:次世代NEM「Symbol/XYM」の対応方針を発表

GMOコイン:次世代NEM「Symbol/XYM」の対応方針を発表

BINANCE:バイナンスコイン(BNB)の「先物取引」提供へ

BINANCE:バイナンスコイン(BNB)の「先物取引」提供へ

BINANCE:テゾス(Tezos/XTZ)の「先物取引」提供へ

BINANCE:テゾス(Tezos/XTZ)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

投資評価の指標となる「仮想通貨インデックス」提供へ:野村総合研究所

投資評価の指標となる「仮想通貨インデックス」提供へ:野村総合研究所

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

BINANCE CEO:マルタでの無許可運営報道には「誤解がある」と説明

BINANCE CEO:マルタでの無許可運営報道には「誤解がある」と説明

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す