アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の提携拡大や仮想通貨XRP(エックスアールピー)の採用が進むにつれて、人々のXRPに対する関心は高まってきているようです。最近報告された内容によると、米国では『Bitcoinの購入方法』よりも『Rippleの購入方法』の方が多く検索されていることが明らかにされています。

こちらから読む:CARDANO財団も加盟する協会に参加「Ripple/XRP」関連ニュース

米国における「How to 〜」の検索量

「Google検索でどのような検索キーワードが多く検索されているか?」を調べることができるツール「Google Trends」のデータを調べた結果、米国では『Bitcoinの購入方法』という言葉を検索しているユーザーよりも『Rippleの購入方法』という言葉を検索しているユーザーの方が多いということが明らかになりました。

米国の大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の元エンジニアであるPreethi Kasireddy氏は、2018年のGoogle検索で『How to(〜の方法)』という言葉との組み合わせて検索されたキーワードのTOP10を次のように報告しています。

Googleの2018年トップ"How to"検索

1)投票方法
2)投票に登録する方法
3)Mega Millionsの遊び方
4)リップルの購入方法🤔
5)自動更新を無効にする方法
6)古いSnapchatを取り戻す方法
7)Powerballの遊び方
8)ビットコインの購入方法🙃
9)レコードの上映方法

世界の検索量1位は「ビットコイン」

Kasireddy氏のツイートでは「この結果は"米国のGoogleユーザーのみ"基づいている」ということが書かれていないため、やや誤解を招く可能性があります。より詳しく言えば、世界的に見ると『Bitcoinの購入方法』は『Rippleの購入方法』よりも非常に多く検索されています。

日本国内においても主要な仮想通貨3通貨で調べると未だに『ビットコイン』の検索量の方が多いことがわかります。

(画像:Google Trends)(画像:Google Trends

しかしながら、リップル(Ripple/XRP)に対する関心が米国を含めて日本でも高まってきていることは間違いないと言えるでしょう。最近は「GmailでXRPを送金することができるChrome拡張機能」などもリリースされており、コミュニティの間で進められているその他の活動にも注目が集まっています。

XRPは、BTCなどに比べると安い価格で安定して取引されているため、気軽に購入・使用することができます。現在世界中で進められている"XRPの実用化"に向けた取り組みがさらに進めば、『Rippleの購入方法・XRPの購入方法』という言葉はさらに多く検索されるようになっていくでしょう。

2019年4月3日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、先日の価格急騰後も順調に回復を続けており、2019年4月3日時点では「1XRP=40.80円」で取引されています。過去のチャートから判断すると今後は60円台の抵抗線が重要になってくると予想されます。

2019年3月27日〜2019年4月3日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月27日〜2019年4月3日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

仮想通貨取引所「Gemini」ベーシックアテンショントークン(BAT)取り扱いへ

仮想通貨取引所「Gemini」ベーシックアテンショントークン(BAT)取り扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す