ハードウォレット「Ledger」に脆弱性が見つかる

by BITTIMES

仮想通貨を保管するために使われているハードウォレット レジャー(Ledger)に、ユーザーの資産を流出させてしまう恐れのある脆弱性が発見され、レジャー社がその問題と取るべき対策を公開しました。

レジャー社の発表によると、マルウェアに感染したパソコンを使ってLedger内にビットコイン受取り用アドレスを生成しようとした時に、「中間者攻撃」というセキュリティ侵害が起こる可能性がある とのことで、アドレスを生成するためのコードをマルウェアが書き変えることによって、全ての入金がハッカーに送られてしまうのだそうです。

被害を防ぐための対策

Ledger 画像

レジャー社はこの問題を防ぐために取るべき対策も公開しています。

下の画像内の矢印のボタン(QRコードの下にあるモニターのようなボタン)をクリックすると、ハードウォレットの画面に受取用アドレスが表示されます。

Ledger 受取用アドレス表示方法

このアドレスが正しいかどうかを、毎回しっかりと確認することが重要です。もしもユーザーのモニター上のウォレットが自分のウォレットの画面上のものと一致しない場合、モニター上のアドレスが正しくないためです。

レジャー社は、この方法はレジャー社がユーザーに対して強制できる方法ではないため、あくまでもユーザー自身が責任を持って資金管理を行うようにと呼びかけています。

日本でも人気の高い Ledger ですが、やはりハードウォレットであってもこういった問題には常に注意が必要だということですね。今後もセキュリテイ面の情報には常に意識を向けておきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【コインチェック】流出したネム(NEM)が複数口座に分散

【コインチェック】流出したネム(NEM)が複数口座に分散

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

SBIバーチャルカレンシーズがサービス開始時期の延期を発表

SBIバーチャルカレンシーズがサービス開始時期の延期を発表

ビットコイン強盗現る。自宅に押し入り送金を強要

ビットコイン強盗現る。自宅に押し入り送金を強要

bitFlyerがヤマダ電機と提携、ビットコイン決済の試験導入を開始

bitFlyerがヤマダ電機と提携、ビットコイン決済の試験導入を開始

不正マイニングのマルウェア、4200以上のサイトに発見

不正マイニングのマルウェア、4200以上のサイトに発見

注目度の高い仮想通貨ニュース

米国家安全保障局がビットコインのブロックチェーンを監視?

米国家安全保障局がビットコインのブロックチェーンを監視?

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す