米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

by BITTIMES

ブロックチェーン技術は食品の信頼性を高めるために幅広く活用され始めています。アメリカ、メキシコ、中東に店舗を構えるブラジル風ステーキハウス「Fogo de Chao」は、レストランを訪れた人々が自分が食べる牛肉の起源を確認できるようにするためにブロックチェーン技術を導入していく計画を発表しました。

こちらから読む:ステーキの品質を保証する「ブロックチェーン技術」とは?

ステーキハウス「Fogo de Chao」ブロックチェーン導入へ

Fogo-de-Chao

アメリカ・テキサス州に店舗を構えているブラジル風ステーキハウス「Fogo de Chao」は、ブロックチェーン技術を取り入れることによって、農場からテーブルに至るまでに肉が辿ったルートを追跡できるようにする計画を発表しました。この「ブロックチェーン追跡システム」はテキサス州北部の都市ダラスにある3店舗から導入が開始され、その後は残りの52店舗に順次導入されていく予定だとされています。

ブロックチェーン技術を取り入れることによって、牛を育てる農家の人々は家畜の健康状態や行動などを詳しく監視することができます。一方レストラン側では、実際に販売されている牛肉の起源や飼育方法などを簡単に確認することができるようになります。

アメリカメキシコ、中東に販売店を持つ「Fogo de Chao」は、テキサス州に本社を構えるアグリテック(*1)のスタートアップ企業「HerdX」との提携を通じてブロックチェーン技術を導入しています。このパートナーシップは、食品の安全性を高め、食品加工における透明性を保証するためにブロックチェーン技術を使用することを主な目的としています。
(*1)アグリテック(AgriTech): 農業(Agriculture)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語

食肉サプライチェーンの「透明性向上」を図る

「HerdX」のCTOであるAustin Adams(オースティン・アダムス)氏は、このプロジェクトの目標は「食肉サプライチェーンを安全で透明なものにすることによって、アメリカの家畜農家の信頼性を高めることである」と説明しています。

「Fogo de Chao」のレストランを訪れる人々は、専用アプリをスマートフォンにダウンロードすることによって牛肉の起源を辿ることができます。レストランのメニューにはアプリでスキャンするためのQRコードが記載されているため、そのコードをカメラでスキャンすることによって肉の情報にアクセスすることができます。

「Fogo de Chao」のCEOであるBarry McGowan氏は『ブロックチェーン技術を導入することによって食品サプライチェーンが大幅に改善される』と説明しています。安心して食べることができる食品に対する需要が高まっている現代社会において、このようなサービスは多くの消費者に求められるサービスであると言えるでしょう。

これまでにも牛肉の起源をたどることができるサービスは複数発表されていましたが、実際にレストランで食べる牛肉の歴史を確認することができるサービスは報告されていませんでした。料理が運ばれてくるまでにその牛肉の歴史を確認できるサービスに対して利用者からどのような反響が寄せられるのかにも注目です。

>「Fogo de Chao」の公式サイトはこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン収集・育成・バトルゲーム「Let's Hunt Monsters」中国で大ブレイク

ブロックチェーン収集・育成・バトルゲーム「Let's Hunt Monsters」中国で大ブレイク

セーシェル共和国の仮想通貨取引所「Overbit」カルダノエイダコイン(ADA)取り扱いへ

セーシェル共和国の仮想通貨取引所「Overbit」カルダノエイダコイン(ADA)取り扱いへ

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月17日〜23日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月17日〜23日

ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す