広告表示で仮想通貨がもらえる「Brave Ads」表示機能を追加|分散型ブラウザ:ブレイブ

by BITTIMES

仮想通貨ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)による報酬が受け取れる仕組みを採用している分散型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、2019年4月24日に広告の表示を許可することによって、広告収入の70%を受け取ることができる「Brave Ads(ブレイブアド)」を表示させることができるになったことを発表しました。

こちらから読む:Wikipedia創設者も使用している「Brave」関連ニュース

Brave Ads:広告表示で「収入の70%」を付与

Brave(ブレイブ)は、2019年4月24日に「macOS/Windows/Linux」向けのBraveブラウザ利用者が「Brave Rewards」を選択することによって、プライバシーが保護された「Brave Ads(ブレイブアド)」を表示させることができるようになったことを発表しました。

ブレイブアドは、広告に関心を持っているユーザーとブランドを繋げる役目を果たすものであり、「Brave Ads」の表示を許可したユーザーは、報酬として広告収入の70%を受け取ることができるようになっています。この広告機能はコスト削減、プライバシー・セキュリティ強化、詐欺関連のリスク排除に重点を置いており、ユーザー自身でこれらの広告を表示させるかどうかとを選択できるのも特徴です。

報酬として受け取った「Basic Attention Token(BAT)」は、デフォルト設定でサイト運営者に自動的に寄付するように設定することができるだけでなく、お気に入りのコンテンツ作成者にだけ寄付することもできます。

また、将来的にはプレミアムコンテンツにBATを使用できるようになる他、「TAPネットワーク」と呼ばれる広告・データネットワークの25万ものブランドパートナーを通じて、ホテルの宿泊費、レストランのクーポン券、ギフトカードなどの特典に交換することもできるようになります。

さらにBraveは、ユーザーが個人的にBATを使用できるようにするために、自分のウォレットからBATを引き出せるようにするためのオプション開発にも取り組んでいます。

今後は「iOS/Android」アプリにも統合

「Brave Ads」の機能は、2019年4月24日の時点では、米国カナダフランスドイツイギリスで公開されており、その他の地域でも近日中に公開される予定だと説明されています。さらに、数ヶ月以内には「iOS/Android」向けアプリにも統合されるとのことです。

Braveのプラットフォームは「ユーザーがプライバシーを保護しながらWebサイトを閲覧し、それによって得られる報酬を用いてお気に入りのコンテンツ作成者をサポートできる」という、新しいインターネットの楽しみ方を提示しています。

長い間待ち望まれていた「Braveの広告表示」ができるようになったことによって、Braveユーザーはさらに増加していくことになると予想されます。

>>「brave」からの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)約40億円の取引記録を確認|送金コストは「わずか3円」

リップル(XRP)約40億円の取引記録を確認|送金コストは「わずか3円」

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

BitGo:トロン(Tron/TRX)の「ウォレット・カストディ」サービス提供へ

BitGo:トロン(Tron/TRX)の「ウォレット・カストディ」サービス提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す