仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月28日〜5月4日

by BITTIMES

2019年4月28日〜5月4日にかけて紹介した仮想通貨関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

XRPが稼げる「ブログプラットフォーム」始動

Coil-XRP

仮想通貨エックスアールピー(XRP)を稼ぐことができるブログプラットフォーム「Coil(コイル)」のパブリックベータ版が先日リリースされました。

このプラットフォームは、HTMLなどの知識を有していない初心者の方でも簡単に記事を作成できるように設計されており、レイアウトもシンプルで美しいものに仕上がっています。

ブロックチェーンの「法的有効性」正式に認可

Washington-Apprpved

アメリカ・ワシントン州で提出されていた、ブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)の「法的有効性」を認めることを提案する法案が正式に承認されたことが明らかになりました。

これによってブロックチェーン上で生成される「署名」や「ライセンス」は法律で正式に認められることになり、これらの技術の使用が奨励されていくことになります。また、これと同時に現行の「ワシントン州電子認証法」にも「ブロックチェーン」と「分散型台帳(DLT)」の定義が明記されます。

この決定は、今後のブロックチェーン技術の発展や成長の面で見ても非常に重要なニュースであると言えます。

所得税の払い戻し「ビットコイン」で受け取り可能に

BTC-tax

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を用いた決済サービスを手がけている「BitPay(ビットペイ)」は、税金関連のサービスプロバイダーと協力して確定申告の還付金をビットコインで受け取ることができる新しいサービスを立ち上げました。

米国では、仮想通貨やブロックチェーン技術の実用化が急速に進んでいますが、このサービスが始まることによって、今後はさらに多くの人々が仮想通貨業界に参加していくことになると期待されています。

億万長者の「半数以上」が仮想通貨投資を計画

billionaire-BTC

億万長者の半数以上の人々が今後3年以内にビットコインなどの仮想通貨に投資しようと計画していることがドバイに拠点を置く金融コンサルタント会社「deVere Group」が最近実施した調査で明らかになりました。

同社のCEOであるNigel Green(ニゲル・グリーン)氏は今回の発表に伴い、億万長者の人々が暗号資産への関心を強めている「5つの理由」も説明しています。

億万長者たちが関心を寄せる「5つの理由」

なぜウォーレン・バフェットは「BTC」に投資しないのか?

Buffett-BTC

ビットコインはこの数年間で確実に成長を続けてきており、投資家からの期待もさらに高まってきています。しかし「史上最大の投資家」とも呼ばれる知られるWarren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏は、未だにビットコインなどの資産には投資しておらず、その他の仮想通貨にも投資を行っていません。

ではなぜバフェット氏はこれらの資産に投資を行わないのでしょうか?この記事ではその理由をわかりやすく説明しています。

「現金使用禁止」の時は近い?

Arthur

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)のCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、今後5年間であらゆる国の政府が「紙幣や硬貨などの現金の使用」を禁止することになると予想しており、それによってビットコインなどの暗号資産の採用が急速に増加する可能性があると説明しています。

アーサー・ヘイズ氏は「現金の使用」が禁止され、キャッシュレス化が進むことによってもたらされる"ある問題"も指摘しています。

令和の暗号市場、注目すべきポイントまとめ

japan-bitcoin

日本の元号は、2019年5月1日に平成から「令和(れいわ)」へと変わりました。暗号資産業界では長く続いていた下落相場も終わる傾向が見られ始めており、複数の専門家たちは近い将来に「仮想通貨の春」が訪れると予想しています。

当メディアでは「令和」の到来に喜びと期待を込めて「これから重要になると予想される複数の項目」と「今後注目すべき6つの仮想通貨」をまとめた記事を作成しました。この記事では「平成」に公開した重要な記事も合わせて紹介しているので、時間のある方はそちらの記事も合わせて読んで見てください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

カジノリゾートは「暗号資産フレンドリー」ラスベガスでビットコイン決済導入進む

カジノリゾートは「暗号資産フレンドリー」ラスベガスでビットコイン決済導入進む

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

プロボクサー兼政治家のマニー・パッキャオ氏、独自仮想通貨「Pac Token」を発表

プロボクサー兼政治家のマニー・パッキャオ氏、独自仮想通貨「Pac Token」を発表

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す