Bakkt:ビットコイン先物のテスト「7月開始予定」と発表|BTC価格、90万円台迫る

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、2019年5月13日に待ち望まれていたビットコイン先物を提供するためのテストを今年7月に開始する予定であることを発表しました。この発表を受けてビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は高騰しており、一時的に88万円を記録しています。

こちらから読む:価格上昇は止まらない?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン先物「テスト開始」は7月予定

世界中から注目が集まっているニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社ICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)が新しく立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、2019年5月13日に長い間待ち望まれていた「ビットコイン先物取引」が認可予定であり、今年7月から正式にユーザー受け入れテストを開始し、今後数カ月以内に上場予定であることを発表しました。

本日は、Bakktが「ICE Futures US」および「ICE Clear US」と共同で開発したビットコイン先物契約の開始についてお知らせします。

Bakktの公式発表によると、同社は「米商品先物取引委員会(CFTC)と緊密に協力して取引、透明性、市場の確実性に対する顧客のニーズを満たした上で、連邦の規制にも準拠したコントラクト(先物)を開発した」とされています。

同社が提供する現物先渡し決済のビットコイン先物は今後数カ月以内には規制された先物取引所に上場される予定だと報告されており、Bakktは今後数週間に渡ってICEの交換及び決済パートナーと協力して「ユーザーの受け入れテスト」を行うための準備を進めると説明されています。

CFTCから上場の許可を受けたテストプロダクトは、デイリー(日単位)とマンスリー(月単位)清算の2種類となっており、売りと買いを同時に注文して出来高をかさ増しする「ウォッシュトレード」を防ぐツールなどを駆使して価格形成を援助するとされています。

テストは今年7月に開始予定だとされており、詳細は今後の記事で説明すると報じられています。Bakktはこのテストを通じて顧客がサービスを受け入れるための時間を確保し、同社が構築したトレーディングおよびカストディモデルを満足できるものにするための取り組みを行なっていくと説明しています。

以前からBakktの問題点とされていた「自社のカストディでビットコインの保管と清算を行うためのライセンス取得」に関しては、詳しく説明されていないため、テスト後に正式にサービスが開始されるかどうかに関しては定かでないものの、サービスが本格的に開始されれば機関投資家の参入にさらに拍車がかかるだけでなく、ビットコイン決済などといったその他の開発段階にも進めるようになるため、今回の発表には大きな注目が集まっています。

2019年5月14日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今朝の時点で88万円近くまで上昇しましたが、その後はやや下落しており、2019年5月14日9時時点では「1BTC=852,179円」で取引されています。

2019年5月7日〜2019年5月14日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月7日〜2019年5月14日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

下落中のビットコイン「一時反発」次に注目すべき価格帯は?

下落中のビットコイン「一時反発」次に注目すべき価格帯は?

Cardano開発企業:ワイオミング大学に「50万ドル相当のADA」を寄付

Cardano開発企業:ワイオミング大学に「50万ドル相当のADA」を寄付

注目度の高い仮想通貨ニュース

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

LINE Pay:総額1億円相当のLINKリワードをプレゼント「1QRキャンペーン」開催

LINE Pay:総額1億円相当のLINKリワードをプレゼント「1QRキャンペーン」開催

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

SMBC日興証券「日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)」に準会員として入会

SMBC日興証券「日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)」に準会員として入会

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月29日〜9月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月29日〜9月4日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す