Bakkt:ビットコイン先物のテスト「7月開始予定」と発表|BTC価格、90万円台迫る

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、2019年5月13日に待ち望まれていたビットコイン先物を提供するためのテストを今年7月に開始する予定であることを発表しました。この発表を受けてビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は高騰しており、一時的に88万円を記録しています。

こちらから読む:価格上昇は止まらない?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン先物「テスト開始」は7月予定

世界中から注目が集まっているニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社ICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)が新しく立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、2019年5月13日に長い間待ち望まれていた「ビットコイン先物取引」が認可予定であり、今年7月から正式にユーザー受け入れテストを開始し、今後数カ月以内に上場予定であることを発表しました。

本日は、Bakktが「ICE Futures US」および「ICE Clear US」と共同で開発したビットコイン先物契約の開始についてお知らせします。

Bakktの公式発表によると、同社は「米商品先物取引委員会(CFTC)と緊密に協力して取引、透明性、市場の確実性に対する顧客のニーズを満たした上で、連邦の規制にも準拠したコントラクト(先物)を開発した」とされています。

同社が提供する現物先渡し決済のビットコイン先物は今後数カ月以内には規制された先物取引所に上場される予定だと報告されており、Bakktは今後数週間に渡ってICEの交換及び決済パートナーと協力して「ユーザーの受け入れテスト」を行うための準備を進めると説明されています。

CFTCから上場の許可を受けたテストプロダクトは、デイリー(日単位)とマンスリー(月単位)清算の2種類となっており、売りと買いを同時に注文して出来高をかさ増しする「ウォッシュトレード」を防ぐツールなどを駆使して価格形成を援助するとされています。

テストは今年7月に開始予定だとされており、詳細は今後の記事で説明すると報じられています。Bakktはこのテストを通じて顧客がサービスを受け入れるための時間を確保し、同社が構築したトレーディングおよびカストディモデルを満足できるものにするための取り組みを行なっていくと説明しています。

以前からBakktの問題点とされていた「自社のカストディでビットコインの保管と清算を行うためのライセンス取得」に関しては、詳しく説明されていないため、テスト後に正式にサービスが開始されるかどうかに関しては定かでないものの、サービスが本格的に開始されれば機関投資家の参入にさらに拍車がかかるだけでなく、ビットコイン決済などといったその他の開発段階にも進めるようになるため、今回の発表には大きな注目が集まっています。

2019年5月14日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今朝の時点で88万円近くまで上昇しましたが、その後はやや下落しており、2019年5月14日9時時点では「1BTC=852,179円」で取引されています。

2019年5月7日〜2019年5月14日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月7日〜2019年5月14日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

ビットコイン消費税の非課税で「損にならないか?」を検証した

ビットコイン消費税の非課税で「損にならないか?」を検証した

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

半減期まで1ヶ月「ライトコイン」価格上昇の可能性と今後

半減期まで1ヶ月「ライトコイン」価格上昇の可能性と今後

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す