暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

by BITTIMES

2019年5月26日〜6月1日にかけて紹介した仮想通貨関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2019年5月の「仮想通貨・ブロックチェーン」ニュース一覧

米大学生「1BTCよりも、1ドルが欲しい」

Bitcoin-1dollar

ビットコイン(BTC)はこの数年間で急速に認知度を高めており、今や世の中の大半の人々がその言葉を「知っている」と語ります。しかし「Capital Creators」というYouTubeチャンネルが行なった『1BTCと1ドル、いま受け取るならどっちを取るか?』に関するアンケート調査では、米国の大学生の80%が『1ドル』と回答することが明らかにされています。

この記事では、実際に公開された動画とともに「大学生たちはなぜ1ドルを選んだのか?」についての回答を掲載しています。

タイムトラベラーの予想は正しかった

Bitcoin-man-future

仮想通貨業界で数年前に大きな話題となった、"2025年からやって来た"と自称するタイムトラベラーのビットコイン価格予想が「見事に的中している」と再び話題になりました。

この"自称未来人"が語った当時の予言では「ビットコイン価格は2019年に1,000万円に達する」とされているため、ビットコイン価格はこれから急速に上昇するのではないか?と注目が集まっています。

ビットコインで「株式投資」ついに解禁

Abra

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra(アブラ)」は、2019年5月29日にビットコイン(BTC)で株式やETFに投資することができる機能が米国以外のユーザーでも利用できるようになったことを発表しました。

これによって日本を含めた150カ国のAbraユーザーは、ビットコインを使用して、Amazon(アマゾン)Apple(アップル)、Uber(ウーバー)などの株に投資することができるようになりました。

2020年「仮想関連の法律」が変わります

Diet

暗号資産(仮想通貨)の交換業者や取引などに関する規制強化策を盛り込んだ「改正資金決済法」と「改正金融商品取引法」が、2019年5月31日に開かれた参議院本会議で正式に可決・成立しました。新しくなった法律は、2020年4月から正式に適用されることになります。

最も知られている変更点は、法律上での「仮想通貨」という呼称が「暗号資産」に変更されることですが、この他にも複数の変更が加えられることになるため、今のうちに内容を理解しておくと良いでしょう。

有価証券に「該当しない」ICOトークンの条件

William-Hinman-crypto

米国証券取引委員会(SEC)の企業金融部門でディレクターを務めているWilliam Hinman(ウィリアム・ヒンマン)氏は、先日開催された「SEC Fintech Forum 2019」の講演の中で『ICOによるプロジェクトが十分に分散化されていれば、証券法から免除される可能性がある』との考えを語りました。

同氏は具体的な事例として航空機派遣業者である「TurnKey Jet(ターンキー・ジェット)」と同社がICOで発行した仮想通貨「TKJトークン」のことを語っています。

ビットコイン価格「急上昇」の可能性

BTC-space

ビットコイン(BTC)の価格は今年の2月ごろから上昇を続けており、長い間待ち望まれていた100万円台も目前に迫っています。仮想通貨業界では「100万円に到達した後に一度大きく下落するのでは?」との意見も多く出ていますが、一部のアナリストたちはそのような意見とは反対に「現在の価格から過去最高値まで一気に上昇する可能性も考えられる」と語っています。

Twitter(ツイッター)で45,000人以上のフォロワーを持つ「Panama Crypto(@Panama_TJ)」氏は、2017年にビットコイン価格が高騰した時のチャートを掲載し、BTC価格が急上昇する可能性について語っています。

仮想通貨取引所「TAOTAO」サービス開始

TAOTAO-press

仮想通貨取引所「TAOTAO(タオタオ)」は、2019年5月30日から正式にサービスを開始しました。サービス開始に伴い、一時的に中止されていた新規登録受付も再開されているほか、「TAOTAO誕生記念のキャンペーン第2弾」として、手数料すべて無料になるキャンペーンも実施されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

UAEの航空会社が仮想通貨決済専門サービス「Crypto Emporium」と提携

UAEの航空会社が仮想通貨決済専門サービス「Crypto Emporium」と提携

ブロックチェーン活用した「ソーシャルデーティングアプリ」提供へ:ココネ株式会社

ブロックチェーン活用した「ソーシャルデーティングアプリ」提供へ:ココネ株式会社

Google:仮想通貨検索に「新機能」カルダノ、リップルなど主要コインを関連表示

Google:仮想通貨検索に「新機能」カルダノ、リップルなど主要コインを関連表示

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

【ブロックチェーン×AI×VR】次世代型バーチャルSNS「XANA(ザナ)」β版公開へ

【ブロックチェーン×AI×VR】次世代型バーチャルSNS「XANA(ザナ)」β版公開へ

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

スイス国営「バーゼル州立銀行」暗号資産の保管・取引サービス提供を計画

スイス国営「バーゼル州立銀行」暗号資産の保管・取引サービス提供を計画

BINANCE:暗号資産Visaデビットカード「Swipe」を買収|決済分野での普及狙う

BINANCE:暗号資産Visaデビットカード「Swipe」を買収|決済分野での普及狙う

暗号資産取次サービスのXtheta「Bluehelixグループ」と業務提携

暗号資産取次サービスのXtheta「Bluehelixグループ」と業務提携

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月19日〜25日

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す