ブロックチェーンの「学習環境」を共同で構築|日本マイクロソフト×株式会社digglue

by BITTIMES

ブロックチェーンや人工知能(AI)の導入コンサルティング事業等を手掛ける「株式会社digglue(ディグル)」は日本マイクロソフトとブロックチェーンの教育分野において連携する事を明らかにしました。両社は「Microsoft Azure」が提供するイーサリアム(Ethereum/ETH)のプルーフ・オブ・オーソリティ(Proof-of-Authority/PoA)をベースにこれまで不足していたブロックチェーン技術を学べる教育コンテンツを共同開発していきます。

こちらから読む:東京オリンピックでもブロックチェーン活用か?「日本」国内ニュース

株式会社digglue(ディグル)とは?

digglue-logo

株式会社digglue(ディグル)は、"価値を発掘し経済を創る"をミッションに掲げ、ブロックチェーンオンライン学習「EnterChain(エンターチェーン)」の運営と、ブロックチェーンコンサルティングサービスの提供を行っている企業です。

Blockchain as a Service(BaaS)に特化した情報サイト「BaaSinfo!」などを手がけている「digglue」は、仮想通貨ウォレットなどを提供していることでも知られる「株式会社Ginco」とも教育分野で提携を結んでいます。

教育分野での提携を積極的に進めている同社は、2019年5月28日に今後増加するであろう企業のブロックチェーン導入を円滑にするために「日本マイクロソフト」と連携していく事を発表しました。

この連携を通じて両社は「Microsoft Azure」が提供する「Ethereum Proof-of-Authority on Azure」などの「Blockchain as a Service(BaaS)」をベースに、必要なブロックチェーンの技術や機能を学べる環境を共同で開発していきます。

教育が求められる暗号業界に「専門知識」を

経済産業省の発表では「ブロックチェーンが与える社会へのインパクトは世界的に見ても67兆円規模に上る」と算出されているため、ブロックチェーン技術を活用したプロジェクトは今後もさらに増加していくことになると考えられます。

またブロックチェーンプロジェクトが増加することによって、開発エンジニアなどといった技術職のニーズも増えてくると予想されます。またBaaSなどによりブロックチェーン機能は以前より迅速かつ簡単に実装できるようになったものの、いまだに技術を学べる場所は少ないため人材不足や導入の遅延も懸念されていました。

「digglue」と「日本マイクロソフト」はこれらの問題を解消するために連携して「ブロックチェーンの初歩的な解説・Azureの導入方法・サンプルコード」などAzureを活用したブロックチェーン・プロジェクト立ち上げに必要な知識を集約した教育コンテンツを立ち上げる予定です。

また、今後はブロックチェーン導入を迅速化させる「Azureを使った導入支援サービス・資格認定」と言ったサービスの共同開発を行う予定であることも明らかにしています。

海外でも大学でブロックチェーンの授業が徐々に開講されたり、関連職の求人が増加傾向にあるなど人気が高まってきていると言えます。そのため必要な時に学習の場が無いと言うのは将来的に見て大きな社会的損失になる事が予想されます。これは国内においても同様で、今回の両社の取り組みがどのように発展に繋がるのか期待が高まります。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

ブロックチェーン戦略アクションゲーム「Crypto Alchemist」事前登録受付を開始

ブロックチェーン戦略アクションゲーム「Crypto Alchemist」事前登録受付を開始

日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

AirAsia物流部門:ブロックチェーン基盤の「貨物予約プラットフォーム」を発表

AirAsia物流部門:ブロックチェーン基盤の「貨物予約プラットフォーム」を発表

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

Sorare「2021シーズンのJリーグ選手NFTカード」販売開始

Sorare「2021シーズンのJリーグ選手NFTカード」販売開始

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す