NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)の次世代ブロックチェーン「Catapult(カタパルト)」における第5のマイルストーンとなる「Elephant(エレファント)」へのアップデートが実施されました。今回のアップデートでは、XEM保有者にとっても注目すべきポイントであるカタパルトのコンセンサスアルゴリズム「プルーフ・オブ・ステーク・プラス(Proof of Stake+/PoS+)」が実装されています。

こちらから読む:日本国内でも積極的に活用される「NEM/XEM」関連ニュース

PoIから「PoS+」へと移行

NEMブロックチェーンではこれまで、NEMネットワークへの"貢献度"を重要視して報酬を配分する「プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance/PoI)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムが採用されていました。これは、XEMの保有量だけでなく、取引額や取引相手などを考慮した上で報酬を与えるアルゴリズムとなっており、NEMのネットワークにより貢献したユーザーに対して報酬が支払われるものとなっています。

PoIは、ビットコイン(BTC)などで採用されている「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work/PoW)」で問題となっていた「大量のエネルギー消費」や「一部のマイナーのみに富が集中する」といった問題を解決できるものであったものの、「スケールアップが上手くいかないこと」や「ノードへの負荷が大きいこと」などといった複数の問題も抱えていました。

また現状のPoIでは、報酬を得るためにはより多くのXEMを保有する必要があったため、XEM保有量が「10,000XEM〜100,000XEM」のユーザーは報酬を得られる可能性が低いという問題がありましたが「プルーフ・オブ・ステーク・プラス(Proof of Stake+/PoS+)」が実装されることによって、このような問題を解決できると期待されています。

より平等でバランスのとれた報酬システムを

新しく実装された「プルーフ・オブ・ステークス・プラス(Proof of Stake+/PoS+)」は、よりバランスよく平等にインセンティブ(報酬)が行き渡るようなアルゴリズムとなっていると伝えられています。

具体的には、XEM保有量の少ないユーザーには報酬に関係する"貢献度スコア"の影響力が大きくなるように設定し、XEM保有量の多いユーザーには貢献度スコアの影響力が少なくなるように設定することによって、保有量や貢献度によって得られる報酬が調整されているようです。

また、この他にもノードを立ててインセンティブを得ているユーザーには、その下につくこととなる「委任ハーベスト」を受け入れることによって、貢献度スコアを高めることができるような仕組みを採用されているため、全体的な報酬の配分システムでバランスが取れるような対策が取られているようです。

このような仕組みを採用することによって、インセンティブをより公平に分配することが可能になるだけでなく、スコアを高めるための行動を促進させることができるため、NEMネットワーク全体がさらに活発になると期待されます。

「ネットワークへの貢献度に応じてスコアが変わる」という仕組みはコミュニティからも高い評価を受けていたため、さらなる改良が加えられていくことによって、NEMのネットワークはより魅力的なものとして多くの人々に支持されていくことになると期待されます。

2019年7月1日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は先月27日に12円近くまで上昇しましたが、その後は元の価格まで下落しており、2019年7月1日時点では「1NEM=10.02円」で取引されています。

2019年6月17日〜2019年7月1日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)2019年6月17日〜2019年7月1日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)

ネム(XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国の京東クラウド「JD Cloud」がHuobiとブロックチェーン開発で提携

中国の京東クラウド「JD Cloud」がHuobiとブロックチェーン開発で提携

ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

ブロックチェーンで「金の価値」さらに高まる|デジタル市場、最良の資産は貴金属

ブロックチェーンで「金の価値」さらに高まる|デジタル市場、最良の資産は貴金属

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

CARDANO開発チーム:モンゴルの「暗号通貨・フィンテック協会」とMoU締結

CARDANO開発チーム:モンゴルの「暗号通貨・フィンテック協会」とMoU締結

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す