仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

by BITTIMES   

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏と億万長者Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏の昼食会に、世界最大級のSNSトレードプラットフォーム「eToro(イートロ)」のCEOであるYoni Assia(ヨニ・アッシア)氏とバイナンス・チャリティー財団のHelen Hai(ヘレン・ハイ)氏が参加することが明らかになりました。

こちらから読む:TRX対応"Operaブラウザ"リリース「Tron/TRX」関連ニュース

バフェットランチ、新たに2名の参加者

Buffett-lunch

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、世界最大の投資持株会社「バークシャー・ハサウェイ」の会長兼CEOであるWarren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏と食事する権利を約5億円で落札し、現在はその食事会に同席できる7人の参加者を募っています。

これまでの発表では、ライトコイン(LTC)の開発者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏と、仮想通貨決済企業Circle(サークル)社のCEOであるJeremy Allaire(ジェレミー・アレール)氏の参加が決定していましたが、今回は新たに
・Yoni Assia(ヨニ・アッシア)氏
・Helen Hai(ヘレン・ハイ)氏
という2人の人物が参加することが決定しました。

eToro CEO:Yoni Assia(ヨニ・アッシア)氏

eToro-Yoni-Assia

Yoni Assia(ヨニ・アッシア)氏は、為替取引・株取引・商品取引・仮想通貨取引などを提供する世界最大級のSNSトレードプラットフォーム「eToro(イートロ)」でCEOを務めている人物であり、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
リップル(Ripple/XRP)
リブラ(Libra)
など幅広い仮想通貨に対して肯定的な意見を語っている人物です。

「eToro」のブロックチェーン部門は、Libraが発表された数日後にLibraブロックチェーン上に「トークン化した資産」を発行するテストに成功したと発表しており、最近では『Libraを規制すればビットコイン需要が高まることになる』と言ったことも発言しています。

また今年2月に行われたインタビューでは、「今後はフィンテック企業との関係を築いて行きたい」との考えを語っており、Ripple社との提携に強い関心を抱いていることなども明かしていました。

同氏は、今回の招待を受けた数分後には参加することをツイートしており、『今回の食事会は"伝統的な金融"と"新しい金融"を繋ぐ大きなステップだ』と語っています。

BINANCEチャリティー財団:Helen Hai(ヘレン・ハイ)氏

Helen-Hai

Helen Hai(ヘレン・ハイ)氏は、大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が立ち上げたチャリティー団体である「Binance Charity Foundation(BCF)」の代表を務めている人物です。

BCFは、これまでにも数々の慈善活動に取り組んできており、仮想通貨を通じて世界中から寄付金を集めながら世界の貧困問題などに立ち向かっています。

バフェット氏が定期的に開催しているこの食事会は、オークション形式で落札者を決定し、支払われた資金の全てはサンフランシスコに拠点を置く慈善事業団体「GLIDE財団」に寄付するものとなっているため、ヘレン氏も今回の招待を歓迎しており『来週は仮想通貨と慈善事業について話し合います』とツイートしています。

仮想通貨関連の代表者「4名」の参加が決定

今回新たに2名の参加が決定したことによって、食事会に参加する人物は、
・Charlie Lee(チャーリー・リー)氏
・Jeremy Allaire(ジェレミー・アレール)氏
・Yoni Assia(ヨニ・アッシア)氏
・Helen Hai(ヘレン・ハイ)氏
の4名が確定となりました。

それぞれの人物は仮想通貨に関わりのある人物であるものの、具体的な事業内容は様々であり、
・仮想通貨開発者
・仮想通貨決済企業CEO
・トレーディング・プラットフォームCEO
・チャリティー団体代表者
となっています。

この食事会に関しては「バフェット氏をどこまで説得できるか」に注目が集まっていますが、チャーリー・リー氏は先日「バフェット氏を説得することは不可能だ」と語っており、「メディアからの注目を集めることによって、より多くの人々に仮想通貨について知ってもらうことが目的だ」と語っています。

また、ジェレミー・アレール氏は、今回の食事会ではバフェット氏だけでなく「自分たちも学ぶべきことがある」と語っているため、単純に"説得する"という訳ではなくより多くのことが話し合われることになると予想されます。

ランチは2019年7月25日にサンフランシスコ・ジャクソン広場にあるミシュラン3つ星レストラン「Quince(クインス)」で行われる予定となっており、ランチで話した内容はその後開かれる記者会見で明かされる予定だと伝えられています。

2019年7月22日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は今月17日に2円台まで下落したものの、その後は徐々に回復しており、2019年7月22日時点では「1TRX=3.14円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年7月8日〜2019年7月22日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月8日〜2019年7月22日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

仮想通貨に投資するテニス選手「Gael Monfils」とeToroがパートナーシップを締結

仮想通貨に投資するテニス選手「Gael Monfils」とeToroがパートナーシップを締結

モナコイン(monacoin)の高騰と今後「わずか10ヶ月で160倍に」

モナコイン(monacoin)の高騰と今後「わずか10ヶ月で160倍に」

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月11日〜17日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月11日〜17日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

金融庁:キャッシュレス業者の「集中検査」実施へ|内部管理体制などを重点的に点検

金融庁:キャッシュレス業者の「集中検査」実施へ|内部管理体制などを重点的に点検

下落続くビットコイン市場、上昇幅も小幅に|今後予想される展開は?

下落続くビットコイン市場、上昇幅も小幅に|今後予想される展開は?

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す