ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」の親会社である「インターコンチネンタル取引所(ICE)」は、2019年9月9日にBakktが提供を予定しているビットコイン先物取引の概要を発表しました。

こちらから読む:Lightning Networkに脆弱性見つかる「ビットコイン」関連ニュース

Bakkt「ビットコイン先物取引の概要」

インターコンチネンタル取引所(ICE)の発表によると、Bakktの日次・月次ビットコイン先物取引で注文を行うために必要となる初期の証拠金の最低額は4,290ドル(約46万円)となっており、ポジションを維持するために必要な証拠金は3,900ドル(約41万円)とされています。

また、マージン取引における証拠金維持率は440ドル〜1,000ドル(約47,000円〜約107,000円)の間で変動するようになっており、ポジションを維持するための証拠金は400ドル〜1,100ドル(約43,000円〜約118,000円)の間での変動するとされています。マージンレートは一定ではなく、ビットコイン先物の決済日などによって変動するようになっています。

なお、今回発表された数字はあくまでも"暫定的なもの"となっています。また、証拠金の何倍までの取引を行うことができるかについては今のところ明らかにされていません。

Bakktのビットコイン先物取引は、2019年9月23日に開始される予定となっており、現在はサービス開始の準備として入出金の受け入れが開始されています。Bakktは9日のツイートで同社の仮想通貨保管サービス「Bakkt Warehouse」に預けられた全てのビットコインが"1億2,500万ドル(約134億円)の保険"によって保護されていると発表しています。

>>「ICE」が公開した書類はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の取扱開始日を発表

OKCoinJapan:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の取扱開始日を発表

Porsche(ポルシェ)「車両の限定デザインNFT」をオークション販売

Porsche(ポルシェ)「車両の限定デザインNFT」をオークション販売

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

世界3位のビットコインクジラ「アドレスの所有者」が判明

世界3位のビットコインクジラ「アドレスの所有者」が判明

東カリブ中央銀行:ブロックチェーン活用した「独自のデジタル通貨(CBDC)」発行へ

東カリブ中央銀行:ブロックチェーン活用した「独自のデジタル通貨(CBDC)」発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説