ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

by BITTIMES

プラスチックをリサイクルした繊維製品を製造しているオランダの企業「Waste2Wear」は、海に廃棄されたプラスチックを再利用して製造したリサイクル衣類のコレクションを発表しました。この衣類の原材料として使用された"廃棄プラスチック"などの情報はブロックチェーン上に記録されるため、消費者に人々は素材の出所を確認することができるようになっています。

こちらから読む:開発が盛んなプロジェクトTOP3は?「ブロックチェーン」関連ニュース

リサイクル繊維製品に「完全な透明性」を

オランダのリサイクル衣類製造会社である「Waste2Wear」は、2019年9月17日〜19日にかけてフランス・パリで開催されている国際テキスタイルフェア「PremièreVision」で、ブロックチェーン上でリサイクル素材の情報を追跡することができる"世界初のリサイクル衣類コレクション"を発表しました。

このリサイクル衣類は、海に捨てられたプラスチック製品をリサイクルして製造した繊維から作られており、「プラスチックを回収した漁師の情報」から「完成品」に到るまでのあらゆる情報がブロックチェーン上に記録されているため、企業は顧客に完全な透明性を提供することができると説明されています。

環境問題に対処しつつ、元漁師の生活を改善

Waste2Wearの製品に使用されているプラスチックは、中国・上海付近にある小さな島の沿岸地域から収集されています。現地の漁師の人々は漁の規制によって職を失っているものの、Waste2Wearは「地方自治体」や「地元のNGO(非政府組織)」と協力して、元漁師の人々が海からプラスチックを集めることで収入を得ることができるビジネスモデルを作成しているため、環境問題に対処しつつ、漁師の人々の生活を改善することができるようになっています。Waste2Wearの発表によると、現在は毎週3トン以上の廃棄物が海から収集されているとされています。

100%リサイクルのポリエステル生地は、繊維の数が非常に多い撚りの高いフィラメント糸から作られているため、通気性が高く、非常に快適に着用することができるとのことです。同社が作成している繊維は、スポーツウェア・仕事着・ファンション衣類・学校の制服やバッグなどといった様々な製品に使用されていると伝えられています。

環境問題の解決に取り組んでいる企業でもブロックチェーン技術は積極的に活用されており、今月初めにはドイツの自由民主党が「二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを削減した人に対して仮想通貨を支払う」というプロジェクトを提案しています。

また、フィリピンでは昨年時点でブロックチェーンやIoTデバイスを用いて"死んだ川"とも言われている「パッシグ川」を浄化するプロジェクトも立ち上がっているため、今後もこのような取り組みは世界各地に広がっていくことになると予想されます。

>>「Waste2Wear」の発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

暗号通貨とAmazon

暗号通貨とAmazon

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

トルコのサッカークラブ「Galatasaray SK」公式仮想通貨発行へ|Socios.comに参加

トルコのサッカークラブ「Galatasaray SK」公式仮想通貨発行へ|Socios.comに参加

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す