イーサリアムの大型アップデート「イスタンブール」実装予定日が決定

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)のコアデベロッパー会議で、次の大型アップデート「Istanbul(イスタンブール)」を実装するタイミングが9056000ブロックになることが決定しました。現在のブロック生成時間からみてイスタンブールの実装日は2019年12月4日頃になると予想されています。

こちらから読む:宇宙ゴミ問題解決に技術活用「イーサリアム」関連ニュース

イスタンブール実装日は「9056000ブロック」到達時に

イーサリアム(ETH)の次の大型アップデートである「Istanbul(イスタンブール)」は、元々2019年10月16日の実装を目指して開発が進められていましたが、イーサリアムのクライアントの1つである「Parity(パリティ)」の実装の遅れによって延期となっていました。

しかし、先日開かれたEthereumのコア開発者による会議の中で「Istanbul」の実装が"9056000ブロック"で行われることが決定しました。現在イーサリアムのブロックは881万ブロックほどとなっているため、ブロックタイムは1ブロック約14秒ほどとなっているため、このままの速度でブロックが生成されていけば、"9056000ブロック"に到達するのは2019年12月4日頃になるとみられています。

正確な実装日は前後する可能性があるため、詳しい日時を知りたい場合は「Etherscan」などのサイトで現在のブロック数を確認すると良いでしょう。なお、イスタンブールの実装において重要なバグなどが見つかった場合には、予定日を1ヶ月ほど延期した2020年1月8日を目標にすると報告されています。

「Istanbul(イスタンブール)」について

イスタンブールは2段階で実行されることになっており、「Istanbul part 1」の段階ではEthereumのブロックチェーンネットワークに6つのコード変更が導入される予定となっています。これには「ジーキャッシュ(ZEC)」との相互運用性を向上させたり、不正アクセスの手法の一つである"リプレイ攻撃"などに対する安全性を高めたりするための対策が盛り込まれています。

「Istanbul part 2」の段階では、2020年の第1四半期にメインネット・アクティベーションが予定されており、この中にはマイニングアルゴリズムの変更案である「ProgPoW」などを含めた「イーサリアム改善案(EIPs)」が含まれています。

今回のアップデートはイーサリアムにとって重要な大型アップデートではあるものの、個人的にマイニングをしている場合などを除いて基本的にETHを保有している人々が行うべきことはありません。しかし「Geth」や「Parity」を使用しているユーザーは12月4日までにアップデートを行っておく必要があります。

2019年10月26日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先日25日の19時頃から急騰し、本日26日の午前11時頃には一時的に21,000円以上にまで回復したものの、その後はやや下落しており、記事執筆時点では「1ETH=20,289円」で取引されています。

2019年10月12日〜2019年10月26日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年10月12日〜2019年10月26日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE Pay:暗号資産決済サービス「LINK支払い」提供へ|一部加盟店で試験導入

LINE Pay:暗号資産決済サービス「LINK支払い」提供へ|一部加盟店で試験導入

BINANCE:アーヴェ(Aave/LEND)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:アーヴェ(Aave/LEND)の「永久先物取引」提供へ

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

「Coinbaseなど全ての暗号資産交換業者を歓迎する」香港議員がサポートを表明

「Coinbaseなど全ての暗号資産交換業者を歓迎する」香港議員がサポートを表明

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す