ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

by BITTIMES

サイバーセキュリティの専門家として知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、本日15日に新しい仮想通貨「WHACKD」が発行され、自身が立ち上げた分散型取引所「McAfeeDex」にも追加される予定であることを発表しました。

こちらから読む:Telegram、米SECに猛反論「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨「WHACKD」とは?

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏が新しく発行する仮想通貨「WHACKD」の正式名称は「Epstein Didn’t Kill Himself(エプスタインは自殺した訳ではない)」だとされており、2019年8月10日に自殺したとされている億万長者Jeffrey Epstein(ジェフリー・エプスタイン)氏の陰謀論にちなんだものだと報告されています。

「ジェフリー・エプスタイン氏の死」について

Jeffrey Epstein(ジェフリー・エプスタイン)氏は元々、アメリカの有名な投資家として知られていましたが、その一方では「児童売春」などの罪で有罪判決を受けており、2019年8月10日には性的人身売買の罪で収容されていたニューヨーク州マンハッタンにある「メトロポリタン矯正センター」の独房で一見自殺したかのように見える状況下で"心肺停止"の状態で発見されました。

エプスタイン氏の死に関しては一般的には"自殺"だと報道されているものの、米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領は同氏の死後に「エプスタイン氏の死には、ビル・クリントン氏とヒラリー・クリントン氏が関わっている」という内容の陰謀説をリツイートしており、アメリカ国内でも、
・人身売買に関与している著名人に暗殺された説
・実際にはまだ生きている説
・ロシアのbotが陰謀論を広め、アメリカを分断させている説
など、様々な説で議論が行われています。

エプスタイン氏は「バージン諸島に所有している島で未成年の少女などに性的暴行を加えていた」とされていますが、この島には元大統領や政治家を含む数多くの著名人が訪れていたことも報告されているため、この件に疑いを持っている人々は「エプスタイン氏が関係者の名前を明かし、自分にも罪が及ぶことを恐れた著名人が暗殺を企てたのではないか?」と考えています。

マカフィー氏も「ヒラリー・クリントン氏の関与」を示唆

仮想通貨「WHACKD」を発表したマカフィー氏も、"エプスタイン氏の死"にヒラリー・クリントン氏が関わっていることを示唆しており、先日「WHACKDがMcAfeeDexにリストされること」を報告したツイートには、首を吊った人物をヒラリー・クリントン氏とみられる人物が見上げている画像が添付されています。

WHACKDトークンは金曜日に登場します。「McAfeeDex.com」にもすぐにリストされます。

WHACKDトークンの仕組み

マカフィー氏の報告によると、WHACKDトークンは一定の法則に従ってバーン(焼却)される仕組みが採用されたERC-20トークンと説明されています。具体的には、全ての取引で送信されたWHACKDトークンのうちの10%がアクセスできないアドレスへと送金される他、1,000回の取引のうちの1回はトランザクション全体が破壊され、アクセスできないアドレスへと送金されるとのことです。

総供給量は「10億」だとされていますが、この仕組みを採用していることによって「WHACKDトークン」の流通量は徐々に少なくなっていく仕組みとなっています。なお、この総供給量のうちの7億トークンはエアドロップで配布されることになっており、現在は参加者の募集が行われています。

「WHACKDトークン」のエアドロップは、イーサリアムアドレスを登録するだけで無料で参加できるようになっており、日本時間2019年11月16日午前1時に向けたカウントダウンが行われています。

>>「WHACKDトークン」のエアドロップはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イラン「1,100の違法マイニングファーム」を特定・閉鎖|内部告発者と協力

イラン「1,100の違法マイニングファーム」を特定・閉鎖|内部告発者と協力

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

注目度の高い仮想通貨ニュース

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す