セントラリティ(Centrality)中国大手複合企業と提携

by BITTIMES

Centrality(セントラリティ)は、中国で多様なビジネスを手掛ける複合企業であるWanda Internet Technology Group(ワンダインターネットテクノロジーグループ)と提携することを3月12日に発表しました。セントラリティとワンダは、消費者や小売店などを結ぶスケーラブルで安全なブロックチェーンアプリケーションを構築することを目指しています。

提携の中心的な役割を果たすのは、Centralityの高性能でスケーラブルなクロスプラットフォームのプラットフォームとエコシステムです。この提携は、グローバル成長の可能性を秘めたブロックチェーンに焦点を当てた事業を特定し、インキュベータや投資プログラムに追加することで、エコシステムにおける分散型アプリケーションの拡大にも焦点を当てます。

ロンドンを拠点とするブロックチェーンの専門家Qadre氏や、スイスのブロックチェーンエンターテインメントエコシステムであるSingularDTVもこのプロジェクトに参加しています。

この戦略的提携には2つの段階が含まれています。

第1段階では、両当事者が技術協力に注力しCentralityのオープンソースパブリックブロックチェーンプラットフォームである「PL^G」を共同開発する事で技術を統合します。

第2段階では、ユーザーとビジネスパートナーのサークルを拡大して生態系を促進することを目指しています。

Centrality

2016年7月に創設されたCentralityは、Dappsの市場を創出するための主要産業のさまざまな革新者と提携しています。
セントラリティのアプリケーションを使用すると、消費者はピアツーピアトランザクションを使用して、1回のログインとブロックチェーン対応のインフラストラクチャを使用して日々の作業や経験を管理できます。

またCentralityは、世界をリードする起業家によってチーム形成されており、10億ドル規模のテクノロジー事業を構築し管理する重要な経験を持っています。技術チームのメンバーは、Google/IOTA/HYPERLEDGER/Consensys/Alibaba/Baidu/XEROなどのハイテク企業やブロックチェーン企業や大学などから来ています。

CentralityのCEOであるAaron McDonald氏は、今回の提携について次のように語っています。

"Centralityにはインフラ面で重労働をこなしてきた高度な開発者のチームがいます。Wandaは、私たちの膨大なライブラリに属する再利用可能な構成要素やそれらの潜在的な可能性に感銘を受けました。"

"私たちの企業はブロックチェーンを通じて完全に調和しました。私たちは共に働くことで政府だけでなく産業や消費者にもブロックチェーンの採用を推進できると信じています。"

"セントラリティは、あらゆる部門における連携を通じてブロックチェーン技術の最大限の活用を目指します"

Wanda Internet Technology Group

1988年に設立されたWanda Groupは、不動産/インターネット/金融を含む多様なビジネスを手掛ける複合企業です。同グループは、時価総額2000億ドルと売上高1000億ドルの達成を2020年までに目指しています。

Wanda Internet Technology Groupは、2016年10月にWanda Financial Groupからスピンオフし、Wandaのオンライン小売および金融サービスを約6,000の雇用者と連携して実行しています。同社は、モバイル決済/オンラインローン/大規模データ/クラウドコンピューティング/人工知能/ブロックチェーンなどの最先端技術を活用して、物理産業をデジタル化し、オンラインとオフラインの小売業のコンバージェンスをスピードアップするという課題に取り組んでいます。

不動産開発の大企業でもあるワンダグループは、ブロックチェーン業界の初期のプレーヤーでもあります。同社は、2016年6月に独自のブロックチェーン研究プラットフォームを立ち上げ、3カ月後に初めて中国に拠点を置く最初のブロックチェーンコンソーシアム「Hyperledger」のメンバーとなりました。同年9月には、スマートなサプライチェーン、医薬品管理、財務および請求書発行のためのブロックチェーンプラットフォーム「Polaris」を発表しています。

現在中国では、ICOなどに対して厳しく規制を行っているため、ワンダは今回の協力にはICO活動を伴わないとしています。
しかしワンダは、ブロックチェーン技術の開発やコミュニティの構築、才能の共有、商用アプリケーションの促進には協力することを強調しています。

Wanda Internet Technology Groupはブロックチェーン技術について、次のように語っています。

"ブロックチェーンは「価値のインターネット」の基盤技術です。この技術は多くのOMO(オンラインとオフラインの統合)シナリオに適用することができます"

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨モネロを勝手にマイニングするマルウェアが感染拡大

仮想通貨モネロを勝手にマイニングするマルウェアが感染拡大

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

アリババ(Alibaba)の子会社がブロックチェーン技術を導入

アリババ(Alibaba)の子会社がブロックチェーン技術を導入

仮想通貨Centrality(セントラリティ)とは?今後まさしく中心となる存在に注目

仮想通貨Centrality(セントラリティ)とは?今後まさしく中心となる存在に注目

仮想通貨リスク(LISK)中国大手取引所Huobiに上場

仮想通貨リスク(LISK)中国大手取引所Huobiに上場

Binance(バイナンス)の登録方法を画像付きで解説

Binance(バイナンス)の登録方法を画像付きで解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

RippleがHyperledger Projectに参加

RippleがHyperledger Projectに参加

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す